753258 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

PR

Profile


mihri-kilim

Calendar

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

March 29, 2020
XML
運が良くというのか、悪くというのか・・・。
(たぶん)アルコール消毒液で酷いアレルギーになってしまいました。
それでなくても色々アレルギー持ちで、食品や花粉、埃に関しては気をつけてはいたのですが、まさか身を守るためのアルコール消毒液が原因になるとは思ってもみませんでした。

最初は両手だけだったのですが、そのうち顔面、首に出始めて、最後は起きたら顔がパンパンに腫れあがっていました。目が開かないほどです。
ちょうど世間はコロナ騒ぎの真っ最中、病院に行くな、来るなと言われる中で気が引けたのですが、背に腹は代えられません。まずは店の近所の担当医がいる保健センターに行きました。
それが3月23日のこと。
入場制限があり、手袋をはめさせられ、病院内のどこにも触れないように先生とも接近せずに診察を受けました。
予想通りステロイド系の注射を処方され、朝の分は保健センターですぐに打ってもらい、夕方の分は家の近所のプライベート病院の夜間救急が受け付けているということでしたので、そこに行きました。病院も一般的窓口は閉鎖中です。
救急の入り口では体温検査があり、首の部分に機械を当てて測るのですが、私だけなぜか「35.5度?」ともう一度、やっぱり35.5度でした。変温動物になりかけてます。

家に戻ってアルコール系の消毒薬は使えませんので、石鹸でゴシゴシ手洗い。

その後、少しよくなったような気がしたのですが、翌々日にはまた腫れが復活していました。
病院に行くリスクを考慮し、知人に紹介してもらって皮膚科専門医のプライベート診察所に行くことにしました。こういうところは保険が効かないニコニコ実費現金払いですが、完全予約制ですので待合室で他の患者さんとの接触はありませんし、しっかり時間をかけて見てくれるので安心です。

国立病院に行けば処方薬も含めてほぼ無料ですが、プライベート診療所での実費払いとなると診察料、検査内容、薬の数にもよりますが、簡単に公務員のお給料の半か月分が飛びました。それでも人って本当に病状に悩まされているときはお金よりも治してくれる先生を求めてしまいますね。

ステロイドは先生が病院の夜間救急に通わなくて良いようにと、注射ではなく錠剤に切り替えてくれ、お肌の荒れも考慮しつつ、部位による各種クリームなどを出してもらい、4日目の今日は顔の腫れだけは引いたような気がします。
とにかく家から出ないように、と念を押されました。免疫力が低下するというステロイドの副作用を心配してのことだと思います。
ここ数日、まん丸いアンパンマン顔に見慣れてしまったので自分の顔はこんなものかと思っていたのですが、腫れが引いてみたら以外とすっきり顔じゃん・・・とか、なんだろう、人間って普通でいるときはもっと、もっととさらに欲を出しますが、最悪を経験すると普通に戻れたことだけで、もう最高!だと感謝できます。

結果、服から出ている外気にさらされている部位のみのアレルギー症状でしたので、血液検査とも合わせて疑わしい病気は幸いなことにありませんでしたが、そんなわけで私にとってはコロナ騒ぎよりも自分のアレルギーで手いっぱいでした。

免疫力は落ちているのは確かですから、どうしてもの用事がない限りは店も休業してスタッフもお休みさせて家にいるようにしていますが、いずれにしてもこのパンパン顔でお出かけは難しかったかもしれません。
コロナだけだったら、私のことですので、きっと気を付けながらも仕事していたと思いますが、アレルギーのおかげで家にいることになりました。

もちろん家にいても退屈で仕方がありません・・・。
何かやっていないと罪悪感を感じてしまいますが、アレルギーであまり化学物質に触れることもできず、ゴミやら埃ももちろんなので、家事や掃除もできることに限界があります。

しかたがないのでまだ真っ赤っかな顔で動画を撮っています。
普通なら治ってから・・・って思いますが、数日の我慢ができずにお見苦しいのは覚悟の上、3本撮りました。
ミフリ社長の赤く膨れ上がった顔をご覧になりたい方? はぜひチェックしてください。

↓↓↓↓↓
トカット木製スプーンの手作り人形

↓↓↓↓↓
シリーズ「絨毯を織る」ー絨毯ばさみの使い方ー

↓↓↓↓↓
クブルスタットゥルス 北キプロスのスイーツ

ちなみにお買い物も普通に出来ています。マスクやアルコール消毒液も薬局に置いてあります。
外出自粛にともない各マーケットのインターネットショッピングを利用する人は多いようで、先ほど「ピシマーニエ」が必要でミグロスを試してみましたが、60TL以上で配達してくれるのですが、4日以内に可能な配達日はありません・・・と出てしまいます。

それから今のところ日本への国際郵便は通常通り送ることができていますが、郵便局の営業時間ももしかしたら12:00-17:00に制限されて、さらに国によっては郵送がストップする場合もあるかと思います。
現在、日本への配送は特に制限をかけられていませんので、先週、今週とも普通にお送りしております。ただ、この状況が長引く場合はどうなるか読めませんので、ショッピングサイトのご注文はお早目にお願いいたします。

-------------------------------------------------------------
Youtubeに「ikumi nonaka」チャンネルを開設しました。
トルコの伝統手工芸、食文化、生活、牧畜などをご紹介していきます。
新着のお知らせがいくように、チャンネル登録をぜひお願いします❤
↓↓↓↓↓
ikumi nonaka

--------------------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓
20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキン

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  March 30, 2020 05:19:49 AM
[トルコの生活・日常] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.