426452 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

PR

Profile


mihri-kilim

Calendar

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

絨毯・キリムの話

May 29, 2018
XML
カテゴリ:絨毯・キリムの話
トルコの東部にシールトという県があります。
主にそこの伝統で、嫁入り持参品の必需品「シールト・バッターニエ」というものがあります。




バッターニエは「毛布」を意味するトルコ語。
ウールやゴートのナチュラル毛で手織りした織物のことです。
東部ではこれを今でも毛布代わりに使用するそうです。
サイズがちょうどシングル、ダブルの毛布サイズ。
横糸は100%ウールですから、それは温かいことでしょう。

小さいサイズのものはミフラップモチーフになっていて、お祈りのときのナマズルックとして使われたようです。





さて、シールトバッタニエは水平機でメキッキを使って織ります。
女性の織り手ももしかしたらいるかもしれませんが、基本的に男性の仕事です。

元々、トルコの織物で、絨毯やキリムは女性の仕事、布やシールトバッターニエなどは男性の職人さんの仕事・・・というのが定番です。

シールト・バッターニエの特徴のひとつに、染めをしていないナチュラル毛の糸を使うというのがありますが、もうひとつに起毛させることでモチーフを描く・・・・というのがあります。




この画像でわかるかな?

白い部分に毛の方向があって、それが連続の菱形モチーフになっています。
これは織りながら、ブラシ、または鉄の櫛を使って毛の方向をつけていくからできること。
そのため、通常は糸はポアポアと長い毛が出ているものを使います。

ただし、クリーニングに出してしまうとこのモチーフも自然と消えてしまいますから、クリーニング前の新品の証です。




なぜか毎年、暑くなり始めると、絨毯とかキリムとか靴下とかウールものを出したがるミフリ社長ですが、本来は逆ですよね。
寒くなり始めたころにご紹介するべきでした。

わかっちゃいるけど、いいものはいい・・・だけで、商売に戦略がないのが明らか。

在庫にあるのに、ショッピングサイトにシールト・バッタニエを載せたわけでもないのです。
(今から頑張って載せよう・・・・・。)
---------------------------------------------------------

さて、イーネオヤツアー、旅行会社からの催行決定の連絡待ち状態です。
さらにさらに濃厚に行きたいと思います。
今から楽しみです。参加される方は楽しみにしていてください。

7月5日(木)出発ー7月11日(水)帰国
…*◆《初級編》トルコの伝統手工芸「オヤ」の心に触れる旅◆*…【トルコ在住20年以上・オヤに精通した野中幾美さん同行】 タウシャンルゆったり2連泊でオヤ三昧&作り手と交流する4泊7日間【成田夜発/ターキッシュ エアラインズ利用】
(上のタイトルをクリックすると旅工房さんのお問合せ・お申込みページに飛びます)

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  May 29, 2018 12:10:10 AM
August 8, 2017
カテゴリ:絨毯・キリムの話
5泊6日の村に滞在しながらの絨毯織り修行でした。
この短期間で基本の全行程を体験してもらうべき、いろいろ考えながら、臨んだわけですが、スケジュールは途中、時間の都合上、端折りながらもなんとか消化でき、二人の絨毯がみごとに完成したことをうれしく思っています。




過去にも日本の友人・知人に、アイシェや他の村などで絨毯織りを習ったり、村生活を経験してもらう機会がありましたが、特に謝礼を求められることもなく、いずれもご当人とご家族の好意によって実現してきたものです。

彼女たちの生活は私たち日本人の基準から考えると、みなさんが想像されているより経済的には厳しいです。
日本の一般家庭で、外国人のお客様をお迎えするのとわけが違います。
それでもお客さんを迎えるための精一杯をいつもしてくれます。
自分の庭で果実を採り、ご近所さんの畑から野菜を分けてもらい、それを手間暇かけて丁寧に調理して食卓に並べます。
お客さん専用の立派なお布団はありません。
でも自分が織った絨毯を底冷えしないようにタイルの上に敷き、その上に干したお布団と洗濯したてのシーツを掛け、パジャマの心配までしてくれます。

お腹は空いていないか、喉が渇いていないか、日本の家族が恋しくないのか・・・・。
そんなことにまでに気を遣ってくれます。

今年はたまたま草木染めをする機会がありましたが、前回はもう何年も前の話で、それも私と一緒に行ったのが最後だったそうです。

スタンダードに絨毯市場が開かれていて、アイシェの収入になる絨毯織りの仕事があるうちは、草木染めも糸撚りも織りもタイミングさえあえば見ることができましたが、残念ながら全行程を見ることができるのは、おそらく今回が最後の機会・・・。

今後もアイシェの体調とやる気さえあれば、絨毯織りの体験は可能だと思います。
ただこれからはアイシェの日常の中の出来事ではなく、わざわざやってもらう作業になりますので、それなりの対価は当然ですが支払っていなかきゃいけないとも思っています。
今まで長年の友人という立場で好意に甘えてきましたが、彼女の立場になって考えたときに、若いころならまだしも、今の年齢でこれらの作業をしてもらうことがいかに大変か私自身が身を持って感じます。

見えないものに代金を支払うというのに抵抗がある場合もあるかと思いますが、その人の長年培ってきた経験や知識は「無料」で提供してもらえて当然・・・ではありません。
その人の大切な時間を使い、その人がそれこそ膨大な時間とお金を使って得てきた経験と情報を提供してもらうのですから。

私は手工芸を通して、各地のたくさんのトルコの人たちと接する機会を持ち、またトルコの人たちの優しさや純粋さに、本当に助けられてきています。
私自身には大きな力も背景もありません。
彼女たちの伝統に基づく手工芸や生活文化を日本や外国、トルコの他の地域に直接的または間接的にでも地道に紹介していくことぐらいしかできませんが、少しでも関心を持ってくれる人が増えることを願っています。

さて、やっと楽しかったオヤツアーのご紹介ができるかと思いきや、タウシャンルでのイーネオヤ修行旅がスタートします。
出発までに頑張って予約投稿していきますので、お楽しみにしていてください。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  August 8, 2017 07:00:06 PM
August 7, 2017
カテゴリ:絨毯・キリムの話
糸を紡ぐことから始まって、植物採集、草木染め、経糸を張る・・・・もちろん今回の滞在期間だけでは全行程を熟すことはできませんので、一部は省略していますが、それでも織りが始まるまでの下準備が長かったです。
「絨毯を織る」とか「イーネオヤを編む」と言うことは、ただその作業だけではなく、以前の準備の行程も含めて意味することだというのがよくわかるかと思います。




今回修行の二人がチャレンジしたのはドシェメアルトゥ独特のモチーフを使ったミニ絨毯。
残り2日しかありませんでしたので、その期間に終わるものを・・・と考えました。

2日と言っても、40度近い暑いアンタルヤで、日中は食事の支度を手伝ったり、村の女性たちのお茶会があったり、アイシェが夫婦喧嘩していたり、なかなか集中できなかったそうですが、それも村ならではの絨毯織りの経験です。
村の女性たちは昔から、生活の中で、家事、子育て、農作業、ご近所付き合いなどをしながら、その合間合間に手を動かしていたのですから。



それでも頑張って素敵で可愛らしいドシェメアルトゥ絨毯を完成させることができました。
完成作品はご本人のブログや何かの機会に見せてもらってくださいね。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  August 7, 2017 07:00:07 PM
August 6, 2017
カテゴリ:絨毯・キリムの話
楽しい「織り」の前に、整経とか綜絖とか、機に経糸を張り、組むという作業が待っています。

トルコの絨毯、キリムはシャトルなどを使用せずに手と指で糸を通し、織ります。
まずは地面に2本の金属杭を打ち、そこに経糸を掛けていきます。
この作業にも最低3人が必要です。
糸を掛けていく人、杭のところで糸の順番が入れ替わらないように、糸でチェーンを掛けていく人が両サイドに1人ずつ。
今回は時間の都合上、事前に準備したものを使います。



そしてその経糸を垂直機に組みます。
機は木製や金属製、その形態により、多少の作業内容や困難さが異なりますが、一度コツを覚えてしまえばそれほど難しくはありません。
ただ、上手に張れるかどうかは経験がモノを言います。
経糸の張りは、横糸を作るときのきれいさに影響しますので、絨毯の出来不出来にかかわると言っても過言ではありません。

糸が張れたら、糸が1本おきに交互に前後するように組みます。



掛け間違えると、織るときに糸が正しく出てきませんので、慎重に‥‥と言っても時々間違えてますが・・・・。
それでも途中で直す方法もありますので大丈夫・・・と。



今回は金属製の機を使いましたので、上部についているネジを工具で締めたり緩めたりしながら、張り加減の調整をしていきます。
これで下準備完了です。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  August 6, 2017 07:00:05 PM
August 5, 2017
カテゴリ:絨毯・キリムの話
洗った糸を乾かします。
空気を含んで、色がきれいに発色します。

植物採集からスタートし、日程の都合上、途中、作業の一部を端折りながらも2日かけてなんとか糸を染めることができました。



村での草木染めって本当に手間暇かかるものです。
もしかしたらもっと効率の良いやり方もあるかもしれません。
でもね、村では昔からこんな風にやってきたので、彼女たちにとっては他の方法というのはあり得ないことなんです。
分量も目分量、時間も経験から来る感覚のみ。

だからメモを取ろうと質問しても、数字としての返答は得られません。
分量は両手を抱えて「このくらい」とか、てのひらに乗せてみて「これぐらい」とか、糸の長さだって頭や腰に巻いてみて、これぐらい・・・って感じ。
とっても自然で生活の中で織られてきたことがわかります。

さて2日かけて1色できあがり。



通常、ドシェメアルトでは10色前後の色を使います。
つまり20日間は糸染めにかかるということです。

実は糸紡ぎと草木染めは6月に行なっていました。
この体験のために1色だけ染めずに残しておいてもらったのです。

ということで、色は準備されていますのでいよいよ織りに入ります。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  August 5, 2017 07:00:07 PM
August 4, 2017
カテゴリ:絨毯・キリムの話
アイシェが行った先は、近所の湧き水場。



染めた糸を大量の水で濯がなくてはなりません。
以前は池で洗っていましたが、水が汚れてきていること、この時期キャンプや遊泳に来ている人がいるので、今回は湧き水場で洗うことにしました。



アンタルヤの山の豊富な水がどんどん流れてきますので、濯ぐのには十分です。
水で濯いで、手でギュギュ、トカチュという道具で糸を叩いて、また濯ぎます。
昔の洗濯の方法と同じです。

最初は水貯まりに手だけ入れて濯いでいましたが、最終的には全身浸かりながらの糸洗い。



この水、アイシェの娘が言うには水温4度。
実際、足を入れるのがやっとで、我慢して入れていると感覚がマヒしてきます。
そこにザブン、です。

濯ぎ、トカチュで叩き、再度濯ぎ、水を切ります。
30分は水の中にいたでしょうか・・・・。

どうです?



この満足気なアイシェの笑顔。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  August 4, 2017 07:00:04 PM
August 3, 2017
カテゴリ:絨毯・キリムの話
釜に火にかけて、火の番をしながらトロトロと何時間も煮込みましたが、その日は夜遅くなってしまいましたので、糸を出すのは翌日にすることにしました。




一晩置いて釜から植物と糸を出します。

ウール糸は軽く乾かします。
葉っぱとごった煮なので、植物の一部が糸に残っています。



その後、アイシェが糸を抱えてどこかへ出かけていきました。
後をついていってみましょう。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  August 3, 2017 07:00:04 PM
August 2, 2017
カテゴリ:絨毯・キリムの話
原毛をキリマンという道具を使って糸に紡ぐ。
それだけでは単子なので、例えば、経糸や、ゲチキまたはアトクと呼ばれる結び目の後に入れるつづれ織り部分に使うために、2本撚りの双糸を作らなければなりません。

2本の糸を1つにして一度玉を作ります。
それをビュクメという大きなスピンドルを使って、糸を撚っていきます。



かなりの長さを一度に撚りますので、かつては遊牧民のテントの横でヤギ毛を撚るときなどには、屋外でこのビュクメを頭の上で回転させるという絵的にも豪快な場面に出くわすこともありましたが、今回はお家でやる方法。



糸を頭に引っ掛けて両手を使ってスピンドルを回転させます。
この時、頭にヘルメットかスカーフを被っていないと、髪の毛を巻き込んでしまいます。
スカーフの意外な使い方・・・ですね!?

もしくは太ももの横でこすって回したり。



お年寄りなら座ってできるように、横に張った紐などに糸を掛けてスピンドルを回す方法もあります。
どれも、まるでコマ遊びのようで楽しそうです。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  August 3, 2017 12:44:49 AM
August 1, 2017
カテゴリ:絨毯・キリムの話
さて、ウール糸の草木染めの釜を火から降ろし、冷めるまでしばらく放置する。




その間、熾した火がもったいないので、その上にサチ(鉄板)を置いて、サチ・ボレイを作ることになった。
「ギョズレメ」とも言われているが、鉄板で焼く、ボレキのことで、トルコ各地で作られているとは思うけれど、地中海沿岸の遊牧系住人たちの名物料理の一つでもある。



小麦粉と塩と水で捏ねたネタを薄く広げて、畳み、中に、事前に用意したチーズ、ホウレンソウじゃがいも、西洋パセリ、ひき肉と玉ねぎを炒めたもの、などを単体で、もしくはミックスして入れて、サチで焼く。




観光地などの英語メニューではトルコ風クレープと訳されているのを見る。

サチ・ボレイを作るときは、最低2~3人必要。
小麦粉を捏ねて丸める人、それを細長い棒を使って広げて、具を入れて、畳む人、それを鉄板で焼く人・・・・である。



中に具と一緒にたっぷりのオリーブオイルが使われている。

あれっ・・・・!?
出来上がりの写真がないぞ。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  August 1, 2017 09:00:19 PM
July 31, 2017
カテゴリ:絨毯・キリムの話
村にはスーパーマーケットはありません。
1軒だけ、コーラやお菓子、たばこなどを売っている雑貨屋さん(トルコ語でバッカル)があるだけ。
あとは洗剤や下着、ナッツなどを売りに週に1度程度の移動販売車が来るけど、それもタイミングが合わないとお買い物ができない・・・・。

でもオリーブオイルやオリーブ漬けは1年分、自家製品を保管しているので問題ないし、フルーツは庭から、野菜や玉子、牛乳もご近所さんから分けてもらえるから、食べ物には不自由しない。



主食だってパッパッと作ってしまう。

今日のランチはピシ。
小麦粉とイーストと塩を水で捏ねて、発酵させ、それから形を整えて揚げるだけ。
見た目と異なり、ふんわり柔らかく、熱々は特に美味しい。
トルコの田舎風揚げパンである。



ピシは作る人によりおいしさに差があるもののひとつ。
揚げ方だってこだわりがある。



オイルに入れた瞬間、膨らんだ箇所ができないように広げて! とアイシェの指示が飛ぶ。
すぐに慣れて上手なピシが出来上がった。



揚げたてを摘み食いし、さらにチーズやお手製の桑の実ジャム、チャイといただきました。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  July 31, 2017 09:11:07 PM

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.