920494 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

PR

X

全311件 (311件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 32 >

ツアー、展示会・講演会・ワークショップのお知らせ

November 16, 2021
XML
日本ほど家庭で魚料理が出てくることはありませんが、ハムシ料理だけは別格。
ハムシはカタクチイワシのこと。
特に黒海沿いではハムシの季節(今頃から春先にかけて)には頻繁に作られる料理のひとつです。

アンタルヤにもトラブゾン出身の人が経営するハムシタヴァの専門店があって、かなり大きなお店ですがいつ行っても混雑しています。
それぐらい人気なんですね。

そのお店をレポートした時の動画がありますので参考までにご覧ください。

↓↓↓↓↓
トルコで魚料理と言えばハムシタヴァ

上の動画はレストランでのハムシタヴァですが、一般家庭でも作ることができます。



トラブゾン出身の女性が作るハムシタヴァとトウモロコシパンを材料から処理の仕方、食べるところ大笑いまでご紹介します。

お家でどう作ったら美味しくできるのかなど、秘訣も教えてもらいましょう。
私が通訳で皆様のご視聴のお手伝いをしますので、トルコ語がわからないくてもご安心してください。トルコのこと、料理のこと、生活のこと、いろいろ質問してくださいね。

お申込みはオヤマニアの会さんまで。
詳しくはこちらのブログをご覧ください。

↓↓↓↓↓
オヤマニアの会「おうちごはん・ハムシタヴァとトウモロコシパン」

------------------------------------------------------------------
YouTubeに「ikumi nonaka」チャンネルを開設しました。
トルコの伝統手工芸、食文化、生活、牧畜などをご紹介していきます。
新着のお知らせがいくように、チャンネル登録をぜひお願いします❤

ikumi nonaka チャンネル

------------------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓
20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  November 16, 2021 04:10:47 AM


October 12, 2021
今週の10月14日(木)~16日(土)13:00~18:00
清澄白河のバハールさんで
トルコの手編み靴下パティック展が開催中です。



先日のインスタライブでもご覧いただきましたように、たくさんの色とりどりのパティックが並んでいる様子は見るだけでも心躍ります。



今回、お花、果実、動物をテーマに集めました。
1点1点異なる村の異なる女性たちの手作り品です。



バハールさんでの楽しい3日間。
残念ながら日本への入国条件が厳しく、帰国できない私はお伺いすることはできませんが、みなさまそれぞれのお気に入りが見つかりますように、遠くアンタルヤの空から祈ってますウィンク

同時に展示していただいているトルコのキリムや絨毯も、赤字販売ついでにさらにお安くお得になっています。これからの季節、足元ポカポカ準備をぜひバハールさんで!

------------------------------------------------------------------
YouTubeに「ikumi nonaka」チャンネルを開設しました。
トルコの伝統手工芸、食文化、生活、牧畜などをご紹介していきます。
新着のお知らせがいくように、チャンネル登録をぜひお願いします❤

ikumi nonaka チャンネル

------------------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓
20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  October 14, 2021 03:06:38 PM
October 9, 2021
今年の2月にセミナーとして3回シリーズで行った「オヤ専門用語をトルコ語で学ぶ」の動画配付が近日中に開始される予定です。現在1回目は終了し、2回目と3回目を編集中です。



これはトルコのオヤに関する論文を元に、そこに使われているトルコ語単語などを覚えながら、トルコの伝統文化であるオヤについて、持論を交えながらわかりやすく解説しています。(しているつもりです)



多くの方に参加していただきましたが、内容が盛りだくさんで、メモをとるのも大変だったかと思います。もう一度、ご視聴いただくことで復習していただけたらと考え、オヤマニアの会さんと動画の配付をご相談しておりました。
セミナーにご参加くださったみなさまには、受講回の動画リンクがオヤマニアの会さんから配付されます。
参加できなかった回がある方、参加できなかったけれど興味がある、ぜひオヤについて勉強してみたいという方も新規にご購入ができるようにしたいと思います。
時間がかかってしまいましたが、3回分の編集が終わり次第、近々オヤマニアの会さんの方から具体的なお知らせがあると思いますので、ブログインスタグラムなどのチェックをどうぞお忘れないように、よろしくお願いいたします。



余談ですが、編集のために動画のチェックをしていたのですが、内容ともに面白く、前後のみなさんとのおしゃべりや質問コーナーでのやり取りもとてもタメになる情報で溢れていました。
たぶん内容については忘れていることも多いと思いますが、再度ご覧になることで、いろいろ思い出していただいて、今後のオヤ活に役立てていただけたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
YouTubeに「ikumi nonaka」チャンネルを開設しました。
トルコの伝統手工芸、食文化、生活、牧畜などをご紹介していきます。
新着のお知らせがいくように、チャンネル登録をぜひお願いします❤

ikumi nonaka チャンネル

------------------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓
20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  October 9, 2021 10:13:04 PM
October 3, 2021
本日です!
今日の10月3日(日)21時から、インスタライブで平尾直美先生とオヤにまつわるマニアックなテーマでお話をさせていただきます。



チェイズと言うのはトルコ語で、嫁入り持参品のこと。

結婚が女性にとって重要な人生のターニングポイントだった時代。
チェイズも結婚に合わせて母、祖母、叔母、親戚の女性たちが一丸となって嫁ぐ娘のために用意した手作り品たちです。
チェイズが女性にとって、大切な思い出であること。
人生の一部と言ってもいいかもしれません。

今回はチェイズをまとめて手放すことになった年配の女性の持ち物であったオヤスカーフを取り上げます。
本来なら娘、そしてその娘へと引き継がれていくものです。
それが叶わず、大切なチェイズを処分しなければならなくなった背景などを考えると私的には様々な複雑な思いもあります。

女性にとってのチェイズの意味や、そこにおけるオヤスカーフの役割、そして直美先生による作り手目線による技術的な見解、解説・・・。
1時間たっぷりお話をします。
今回はトゥーオヤのお話がメインになります。

オヤを作る人はもちろん、トルコや女性たちの生活や文化に興味ある方もぜひご視聴くださるとうれしいです。

視聴はinstagramの平尾直美先生のアカウント(@naomihirao)ですので、お間違えのないようにお願いいたします。

では本日もみなさまとお会いできますように!

------------------------------------------------------------------
YouTubeに「ikumi nonaka」チャンネルを開設しました。
トルコの伝統手工芸、食文化、生活、牧畜などをご紹介していきます。
新着のお知らせがいくように、チャンネル登録をぜひお願いします❤

ikumi nonaka チャンネル

------------------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓
20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  October 3, 2021 06:01:26 AM
October 1, 2021
9月末締めのドタバタ事務処理が終わって、ちょっと心落ち着けているミフリ社長です。

お知らせです。
10月14日(木)~16日(土)13:00~18:00

清澄白河のバハールさんで「トルコの手編みの靴下 パティック展」が開催されます。
パティックとはルームソックスまたはルームシューズのこと。
村生活には欠かせない色とりどりの手編みのフットカバーです。



現在も作られてはいますが、今回は村のお家のサンドゥック(チェスト)に保管されてきた、嫁入り持参品として作られたものに限定して、時間をかけて少しずつ集めました。
下着や靴下は使用されたものは廃棄される習慣なので、今回出てきたものは全て未使用品。村や個人によっては未使用の証である仕付け糸が付けられていたりします。
未使用のまま残されたのは、これだけ手間暇かけて作られただけあって使うのがもったいなくて大切にしまい込んでいたからなのでしょう。

元々、嫁入り持参品で展示をする例もありますので、色とりどりにモチーフも目を引く愛らしいものが作られていました。
特にお花柄、果実柄、動物柄に絞って約260足が既にバハールさんに届いています。

商売として製作されたものではなく、自分のために作られていた頃のものは、編み込みのモチーフも細かく丁寧で、モチーフも260足あれば260足全部違うぐらいの豊富さ。
見ていて本当に飽きません。



イベント会期中はそれらの靴下がずらっと並ぶと思います。
いろんなモチーフが見られる初日がオススメです。
いらっしゃれない方には会期終了後に通販もしてくださるそうなので楽しみにしていてください。私も今からワクワクしています。

このパティック展に先駆けて、明日10月2日(土)16時から、バハールさんとインスタライブを行います。
ちょうど第2便が届いたばかりですので、画像で紹介されていない新着の可愛いパティックたちも見られるかもしれませんね。

instagramのバハールさん (@bahar_kazue) のアカウントからご視聴していただけます。

では、明日インスタライブでお会いしましょー!!
Yarın görüşmek üzere~!!

------------------------------------------------------------------
YouTubeに「ikumi nonaka」チャンネルを開設しました。
トルコの伝統手工芸、食文化、生活、牧畜などをご紹介していきます。
新着のお知らせがいくように、チャンネル登録をぜひお願いします❤

ikumi nonaka チャンネル

------------------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓
20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  October 1, 2021 04:53:55 PM
September 21, 2021
1週間のお出掛けから戻ってきました。
今回は病み上がりでまだ本調子じゃないし、動画撮影も仕事も一切しないつもりでいたのだけれど、ダメですね。
のんびりとかゆっくりとかが出来ない、回遊魚のようなミフリ社長です。

今週の土曜日はオヤマニアの会主催のお話会「ブルサの小さな村々を訪ねて~イーネオヤの伝え話」が開催されます。
話し手は私ですぽっぽっぽっ



トルコ北西部のブルサ県はイーネオヤが何百という村々で作られてきた、イーネオヤの聖地とも言える場所です。
もちろんトルコ全土にオヤが作られてきた場所はありますが、これだけ多くの村で作られてきたところは他にはないのではないでしょうか。
アナトリアンキリムにおけるコンヤ県のような立ち位置です。

まずここが紀元前から人々が文化を持ち生活していたこと、オスマン帝国の最初の首都がおかれた場所であったこと、シルクロードの経由地でシルクが取引されていたこと、共和国成立までは宗教の異なる住民が一緒に暮らしていたこと・・・なども何かの形で影響しているのかなと考えます。

今回は伝統としてのイーネオヤ文化が残る5つの小さな村を訪ねて、そこに暮らし、イーネオヤを大切に現在まで残してきた女性たちに、お母さまやおばあさまから聞いた地元の伝え話をおしゃべりしながら取材しました。
それぞれの村にそれぞれの知られざる慣習があったことが伺える内容でした。

これを出発点に、ブルサ県内だけでもかつてイーネオヤが作られていたとされる約500の村を訪ねて話を聞いてみたいなと思いましたが、今回のように祖母や母親から譲り受けたイーネオヤを今の今まで手元に大事に保管している女性もごく僅か、ましてや興味を持って昔の話を覚えている人も稀少です。
逆に言えば探してこれら5つの村で語り手を見つけることができたと言うのが正解かもしれません。

昨夜もインタビューの動画を見ながら話を聞きなおしていましたが、いろんな興味深いお話が飛び出していました。
1時間のお話会でどれだけのことをお伝えできるかはわかりませんが、伝統のイーネオヤが何であって、どんな風に女性たちの生活に入り込んでいたのかなど、また新たな側面からのトルコにおける村のオヤ文化について知って、オヤそのものはもちろん、女性たちの生活にも思いを馳せていただけたら幸いです。

お申込みはオヤマニアの会さんまで。
詳しくはこちらのブログをご覧ください。
オヤを作る人、作らない人でもオヤが好き、トルコが好き、女性たちの生活に興味がある・・・など、どうぞお気軽に参加していただければと思います。
みなさまのご参加をお待ち申し上げております。

↓↓↓↓↓
お話会「ブルサの小さな村々を訪ねて~イーネオヤの伝え話」


------------------------------------------------------------------
YouTubeに「ikumi nonaka」チャンネルを開設しました。
トルコの伝統手工芸、食文化、生活、牧畜などをご紹介していきます。
新着のお知らせがいくように、チャンネル登録をぜひお願いします❤

ikumi nonaka チャンネル

------------------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓
20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  September 21, 2021 03:57:43 PM
September 11, 2021
先日のインスタライブ「バスクよもやま話」はいかがでしたでしょうか。
Youtubeの ikumi nonakaチャンネルに編集したものを公開しましたので、ぜひご覧になってください。1時間を超えますが、素敵なオヤスカーフを見ていると時間はあっという間です。

↓↓↓↓↓
バスクよもやま話

よもやま話の第2回目は9月12日(日)21時から。
平尾直美先生のオヤの糸の話です。



オヤ糸の変遷、その背景、そして糸種による違いや作る時の特徴などを直美先生の多種多様なコレクションをご覧いただきながらお話します。

オヤの近代史、それによる糸種の変化、作り手さんにとっては糸による作品の作り分けなど、とても役に立つ、興味ある内容だと思います。

アカウントは naomihirao です。

------------------------------------------------------------------
YouTubeに「ikumi nonaka」チャンネルを開設しました。
トルコの伝統手工芸、食文化、生活、牧畜などをご紹介していきます。
新着のお知らせがいくように、チャンネル登録をぜひお願いします❤

ikumi nonaka チャンネル

------------------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓
20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  September 11, 2021 05:57:16 PM
September 8, 2021
8月にオンラインで開催されたオヤマニアの会のオヤフェスJAPAN2021の締めくくりに、名誉会長の奈緒子氏によるよもやま話がzoomで開催されましたが、手持ちの古いオヤコレクションの一部を様々なエピソードやトルコで仕入れた体験による情報を元にお話しされて、内容も充実、とても面白かったです。

こんな面白いよもやま話をもっと共有しないともったいない・・・と、zoomと並行して、一般公開のインスタライブでも開催することになりました。
インスタグラムのアカウントがあればどなたでもご覧いただけます。

これぞ、というトルコのオヤコレクションをお持ちだったり、マニアックなピンポイントな話題でライブをやっていこうと思っています。
取り合えず、オヤコレクションに関しては内容、数量ともに日本でおそらくトップを争うみなさまに持ち回りでやっていただくことになりました。




内容やパターンは色々ですが、第1弾として9月10日(金)21時より、バスク屋さんの成原さと子氏に、素晴らしいヤズマコレクションとトルコのヤズマとはなんぞやのお話をしていただこうと思っています。
ヤズマとオヤは切っても切り離せない関係です。
レース編みとしてのオヤ自体の歴史はそんなに古くありません。16~17世紀の布の装飾に使われているものが見られる程度です。一番華やかな時代が20世紀に入ってからヤズマに付けられるオヤがメインの時代になってからです。

トカットの古い工房での調査でも聞きましたが、ハンドプリントであるヤズマがこんなに種類豊富に大量に作られたのは、トルコ各地でオヤスカーフが作られたからなんだそうです。地域により好みの色やモチーフがあったり、オヤに合わせたヤズマ作りの工夫があったりしたそうです。
ヤズマに合わせてオヤが選ばれたというのもありますが、こんなオヤが作りたいから、こういう色とデザインのヤズマが欲しいという女性たちの要望もあったようです。

今回は私が聞き手としてみなさんの立場でいろいろ質問させていただきます。
そしてトルコのオヤのこと、ヤズマのこと、女性たちの生活などを少しでも知る機会になってくれたらとても嬉しいです。

続いて9月12日(日)21時からは、平尾直美先生とオヤの糸の話をします。
現在、私たちはいろんなメーカ―のいろんな種類の糸を選んで使うことができますが、本来は選ぶのではなく、あったものを使うというのが基本でした。
トルコではこの短期間でオヤの糸が様々な形で変化し、そのために作られるものも変わってきました。そのあたりの聞き取りによる歴史を辿りながら、糸による違いなどを作り手であり、実際に色々試作されている直美先生とマニアックなお話をしたいと思います。

それ以降も様々な内容でよもやま話をお楽しみに。
インスタライブが行われるアカウントは毎回変わりますので、オヤマニアの会さんのブログやインスタで情報をこまめにチェックしてくださいね。

オヤマニアの会さんインスタグラム

インスタライブを見逃された場合もどうぞご安心ください。
後ほどYoutubeのikumi nonaka チャンネルで編集後、公開する予定です。

以下のikumi nonakaのチャンネル登録をぜひお忘れなく。
------------------------------------------------------------------
YouTubeに「ikumi nonaka」チャンネルを開設しました。
トルコの伝統手工芸、食文化、生活、牧畜などをご紹介していきます。
新着のお知らせがいくように、チャンネル登録をぜひお願いします❤

ikumi nonaka チャンネル

------------------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓
20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  September 8, 2021 09:49:13 PM
September 3, 2021
急なお知らせになり申し訳ありません。
明日9月4日(土)20時より、オヤマニアの会「井戸端会議」が開催されます。
地域の特徴ある古いイーネオヤをひたすら見る会です。





今回はブルサのウル山脈の麓のアトラス村のオヤたちです。
62歳になる女性が自分が持っていた嫁入り持参品のオヤを処分することになり、それが私の手元にやってきました。ブルサのイーネオヤとトゥーオヤ47点です。

嫁入り持参品はチェイズと呼ばれますが、一般的なチェイズのオヤの様子がご覧いただける内容と数量です。
トルコのオヤ文化の原点はこのチェイズです。
一緒に謎解きをしてみませんか。

お申込みはinstagramのオヤマニアの会さんのDMまで。お名前とzoom表示名をお知らせください。
参加費は無料です。
地域の独特のオヤを見る機会は貴重です。
興味ある方はお気軽にご参加ください。

------------------------------------------------------------------
YouTubeに「ikumi nonaka」チャンネルを開設しました。
トルコの伝統手工芸、食文化、生活、牧畜などをご紹介していきます。
新着のお知らせがいくように、チャンネル登録をぜひお願いします❤

ikumi nonaka チャンネル

------------------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓
20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  September 3, 2021 07:20:57 PM
August 30, 2021
私の個人的な理由で延期されていましたお話会「ブルサの小さな村々を訪ねて~イーネオヤの伝え話」の日程が決まりましたのでお知らせいたします。

9月25日(土)21:00~22:00




ブルサ県内の小さな村5か所を新たに訪問して調べたイーネオヤにまつわるお話をお伝えします。
イズニック湖畔のデミルウシュック村、ムダンヤの高原地帯のカイマクオバ村、アレビー宗派の独自の文化が残るバドゥルガ村、ウルアバット湖畔のファドゥルル村、そしてウル山脈裾野の避暑地ギュムシュテぺ村の5つです。

同じ県内でもそれぞれ独自のイーネオヤ文化を残す、これらの村で、伝統的なイーネオヤの伝え話を知る女性たちに会いに行き、嫁入り持参品として今もなお大切に持っているイーネオヤスカーフを見せてもらいながら、それらに関連したお話を伺いました。
トルコのイーネオヤ文化を持つ地域や村でも、手元に古いオヤを残す人は驚くほど少なく、今回のように手元に持っている女性たちは非常に貴重な存在です。
都市化が進むブルサにおいて、人里離れた小さな村だからこそ、変わりなくそのまま残された文化を現在も見ることができた稀な機会です。

同じモチーフでも村により意味が異なったり、大切とされるモチーフがそれぞれあったり、地元の風習による色や作り方に関する面白いお話を共有できたら嬉しいです。

お申込み・お問合せはオヤマニアの会さんのブログをご覧ください。

↓↓↓↓↓
お話会「ブルサの小さな村々を訪ねて~イーネオヤの伝え話」

------------------------------------------------------------------
YouTubeに「ikumi nonaka」チャンネルを開設しました。
トルコの伝統手工芸、食文化、生活、牧畜などをご紹介していきます。
新着のお知らせがいくように、チャンネル登録をぜひお願いします❤

ikumi nonaka チャンネル

------------------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓
20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  September 1, 2021 01:53:59 AM

全311件 (311件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 32 >


© Rakuten Group, Inc.