504227 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

PR

Profile


mihri-kilim

Calendar

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

全183件 (183件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >

ツアー、展示会・講演会・ワークショップのお知らせ

February 20, 2019
XML
トルコの遊牧民の織物キリム、今昔(いまむかし)展の真っ最中です。
ちょうど1週目が終わって、21日(木)から2週目が始まるところです。

※展示は21日(木)ー23日(土)、28日(木)ー3月2日(土)の13:00-18:00です。
日、月、火、水曜日はお休みですのでご注意ください。

1週目、おかげさまで大々盛況でした。
これだけあれば9日間、十分かな・・・なんて思っていたら、とんでもない。
初日で隙間だらけになり、2日目にもかなり追加したつもりだったのですが、3日目にはさらにさらに追加して、また今週もたっぷり投入します。




販売用が終わってしまって、仕方がないです。いつか日本に戻ったときの自分用に仕舞っておいたお宝キリムもええい、っと放出してしまいました。
それぞれに新しいお嫁入先を見つけて旅立ちました。
いや、これを売ったら次はない・・・と15-20年と貯め込んできたものですが、何かきっかけで手離すことになるかわかりませんね。
いろいろと「一瞬」でした。




そんなわけで1週目にいらっしゃられた方は、また2週目はガラっと展示物も変わっていますので、ぜひまた遊びにいらしてくださいね。

キリムや絨毯を中心に、オールドキリムのクッションカバー、オールドキリムとレザーのバックなどもありますよ。もうすぐ新年度も始まることですし、キリムでお部屋の模様替えを~。

Baharさんは清澄白河のfukadaso2階203です。
1階はfukadaso cafeです。

会場 Bahar(バハール)
東京都江東区平野1-9-7 fukadaso 203
tel.03-3630-3670
清澄白河駅A3出口より徒歩5分


2月23日(土)19:00~21:00に行われるトークイベント「シルクロード西の終着駅 トルコに伝わるキリムとワインの会」のお申込み受付中です。

以下のリンクからお入りください。

展示会場でしているキリム談義を、もう少し整理してまとめたお話と、実際にキリムを手に取って、そこに書かれている織り手の手紙を読みたいと思います。
残席2名様、多少の席の追加もできそうです。

シルクロード西の終着駅 トルコに伝わるキリムとワインの会

詳しくはBaharさんのサイトをご覧くださいね。
Baharさんのサイトはこちら ⇒ 

お友達をお誘いの上、ご参加どうぞよろしくお願いします!

-----------------------------------------------------------------------
「オヤフェスJapan2019」のギャラリートークのお申込みも受付中。



2018年にブルサで開催された「国際シルクオヤフェスティバル」の会場の様子と実際に展示されたイーネオヤを見ながら、野中幾美が解説します。
トルコのコレクターたちがどんなものを集めているのか、おそらくトルコ現地に行っても目にすることまずないだろう古いオヤたちの数々をご覧いただきます。

3月1日(金)12:30-13:00 トルコのコレクターたちのイーネオヤ
★平尾直美先生が再現されたかなり変わった形のイーネオヤ作品が当日展示されると思いますが、そのオリジナル品が映像に登場します。コレクターさんたち、暮らす地域が異なると集められるものも異なる。日本に紹介されていないタイプの骨董イーネオヤを見ることができます。

3月2日(土)12:30ー13:00 シュンネットヤタウ(割礼式のベット)とブルサのオヤ
★オスマン帝国の最初の首都であり、シルクの町に相応しい繊細で上品なイーネオヤが見られるブルサ。ムシュクレ村の割礼の装飾ベットの伝統と、宮殿と庶民の手仕事の違いについて解説をします。

3月3日(日)12:30-13:00 野中幾美コレクションと日本人作品の展示の様子
★代表的な各地のイーネオヤを展示しました。形態や素材、文化的背景を含めたその違いについてのお話。さらにはエフェオヤについて。そして日本人のみなさまの作品ご紹介。次回の出展に向けて参考にしてみてください。

〇費用 各回1500円
〇募集人数 各回15名程度

希望日、お名前、電話番号、当日連絡がとれるメールアドレスの4点を記載してオヤマニアの会さんのメールアドレス ⇒ oyamania2017@gmail.com へお申込みください。

オヤフェスJapan2019の詳細情報はオヤマニアの会のブログをご覧ください。
オヤマニアの会ブログ

----------------------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  February 20, 2019 01:50:43 AM
February 14, 2019
いよいよ本日2月14日(木)13:00から、清澄白河のBaharさんでのキリム展が始まります。
「トルコ遊牧民の織物キリム、今昔(いまむかし)」

今回はBaharさんのイメージで揃えてみました~。
トルコでもあまり見ない面白いものがいっぱい。
20ー15年ほど前に集めて、いつか日本へ戻る自分のためにとっておいたものたちです。
こんなに長くトルコに住む予定はなかったからなんですが、この先、日本に戻ることもどうやらなさそうですので、大切にしてくれる方の元へ・・・と願っています。

前日の13日は設営のために、Baharさんにお邪魔しました。
ビーズの西先生バスクの成原先生がお手伝いに来てくれました。
一人じゃバタバタして終わってしまうところ、おかげさまでとってもいい感じになりました。
ありがとうございました~!!




ねっ、今回は下にキリムや絨毯を敷き詰めて、遊牧民気分。
座ると落ち着きます。そしてそこから眺める世界はまた格別です。
ぜひキリムに囲まれて記念撮影をしていってくださいね。
(撮影用に着ていただける衣装も用意しておきます)




展示は2月14日(木)ー16日(土)、21日(木)ー23日(土)、28日(木)ー3月2日(土)の13:00-18:00の9日間です。日、月、火、水曜日はお休みですのでご注意ください。




Baharさんは清澄白河のfukadaso2階203です。
1階はfukadaso cafeです。
この看板が目印。
ここからお入りください。



2月23日(土)19:00~21:00に行われるトークイベント「シルクロード西の終着駅 トルコに伝わるキリムとワインの会」のお申込み受付中です。

以下のリンクからお入りください。

シルクロード西の終着駅 トルコに伝わるキリムとワインの会

詳しくはBaharさんのサイトをご覧くださいね。
Baharさんのサイトはこちら ⇒ 

お友達をお誘いの上、ご参加どうぞよろしくお願いします!

-----------------------------------------------------------------------
「オヤフェスJapan2019」のギャラリートークのお申込みも受付中。



2018年にブルサで開催された「国際シルクオヤフェスティバル」の会場の様子と実際に展示されたイーネオヤを見ながら、野中幾美が解説します。
トルコのコレクターたちがどんなものを集めているのか、おそらくトルコ現地に行っても目にすることまずないだろう古いオヤたちの数々をご覧いただきます。

3月1日(金)12:30-13:00 トルコのコレクターたちのイーネオヤ
★平尾直美先生が再現されたかなり変わった形のイーネオヤ作品が当日展示されると思いますが、そのオリジナル品が映像に登場します。コレクターさんたち、暮らす地域が異なると集められるものも異なる。日本に紹介されていないタイプの骨董イーネオヤを見ることができます。

3月2日(土)12:30ー13:00 シュンネットヤタウ(割礼式のベット)とブルサのオヤ
★オスマン帝国の最初の首都であり、シルクの町に相応しい繊細で上品なイーネオヤが見られるブルサ。ムシュクレ村の割礼の装飾ベットの伝統と、宮殿と庶民の手仕事の違いについて解説をします。

3月3日(日)12:30-13:00 野中幾美コレクションと日本人作品の展示の様子
★代表的な各地のイーネオヤを展示しました。形態や素材、文化的背景を含めたその違いについてのお話。さらにはエフェオヤについて。そして日本人のみなさまの作品ご紹介。次回の出展に向けて参考にしてみてください。

〇費用 各回1500円
〇募集人数 各回15名程度

希望日、お名前、電話番号、当日連絡がとれるメールアドレスの4点を記載してオヤマニアの会さんのメールアドレス ⇒ oyamania2017@gmail.com へお申込みください。

オヤフェスJapan2019の詳細情報はオヤマニアの会のブログをご覧ください。
オヤマニアの会ブログ

----------------------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  February 14, 2019 01:26:22 AM
February 5, 2019
日本ヴォーグ社の毛糸だまの春号が2月6日発売になります。
冒頭ワールドニュースに簡単ではありますが、私が書きましたトルコ・ブルサでのオヤフェスのレポート、そしてインフォメーションにはオヤマニアの会さんの「オヤフェスJapan2019」のお知らせが掲載されています。




ずいぶん先だと思っていたオヤフェスJapan2019の開催もついに1か月を切りました。
そうこうしているうちにすぐですね。

平尾直美先生、pilaring先生のワークショップ、満席になってしまった回もありますので、まだまだ先だし・・・と思ってお申込みまだの方はお早目にどうぞ~。
お二人の先生に東京で習えるチャンスはとっても稀少です。

パネルディスカッション、(映像による仮想)ギャラリートークもお席あります。
こちらも当日参加でも構いませんが、会場が狭いため人数に限りがありますのでご希望に添えないなんてことがないように事前のお申込みをおすすめします。

オヤフェスJapan2019では、オリジナルの古いトルコのイーネオヤスカーフ約70点を展示、私はテキスタイル博物館でも展示した本物のエフェオヤ10点を出します。
また日本各地のオヤ好きさんたちの作品が展示されます。みなさんどんなものを作っているのか気になりますね。楽しみです。

もちろんお買い物もあります。
目玉は平尾直美先生、pilaring先生、salla先生、dantel-mika先生のキットや作品。
またオヤの小物、シルク糸、撚り済み人工シルク糸3本取り、各地のオリジナルのオールドオヤスカーフなどがミフリならではお得な価格で。
先日ブログでご紹介した「星のエフェ」を始め、明日以降可能な限り各地のイーネオヤについてブログで逸話を書こうと思っていますが、それらを実際にお手に取ってご覧いただけます。

そして忘れてはならないのが、オヤフェスの展示品が掲載されたアンティ―クイーネオヤのカタログ本。オヤマニアの会さん製作です。

当日のスケジュールは以下の通りです。



詳しい内容はオヤマニアの会さんのブログをご覧ください。
オヤマニアの会

ワークショップ、パネルディスカッション、ギャラリートークのお申込み方法についてはこちらをご覧ください。
オヤフェス ワークショップ、ギャラリートーク等のお申込みについて

-----------------------------------------------------------------------
「オヤフェスJapan2019」のギャラリートークのお申込みも受付中。



2018年にブルサで開催された「国際シルクオヤフェスティバル」の会場の様子と実際に展示されたイーネオヤを見ながら、野中幾美が解説します。
トルコのコレクターたちがどんなものを集めているのか、おそらくトルコ現地に行っても目にすることまずないだろう古いオヤたちの数々をご覧いただきます。

3月1日(金)12:30-13:00 トルコのコレクターたちのイーネオヤ
★平尾直美先生が再現されたかなり変わった形のイーネオヤ作品が当日展示されると思いますが、そのオリジナル品が映像に登場します。コレクターさんたち、暮らす地域が異なると集められるものも異なる。日本に紹介されていないタイプの骨董イーネオヤを見ることができます。

3月2日(土)12:30ー13:00 シュンネットヤタウ(割礼式のベット)とブルサのオヤ
★オスマン帝国の最初の首都であり、シルクの町に相応しい繊細で上品なイーネオヤが見られるブルサ。ムシュクレ村の割礼の装飾ベットの伝統と、宮殿と庶民の手仕事の違いについて解説をします。

3月3日(日)12:30-13:00 野中幾美コレクションと日本人作品の展示の様子
★代表的な各地のイーネオヤを展示しました。形態や素材、文化的背景を含めたその違いについてのお話。さらにはエフェオヤについて。そして日本人のみなさまの作品ご紹介。次回の出展に向けて参考にしてみてください。

〇費用 各回1500円
〇募集人数 各回15名程度

希望日、お名前、電話番号、当日連絡がとれるメールアドレスの4点を記載してオヤマニアの会さんのメールアドレス ⇒ oyamania2017@gmail.com へお申込みください。

----------------------------------------------------------------------

お知らせです。


2月23日(土)19:00~21:00に行われるトークイベント「シルクロード西の終着駅 トルコに伝わるキリムとワインの会」のお申込み受付中です。

以下のリンクからお入りください。

トルコの織物の種類、織り方、糸質、染色などからの年代や地域、民族の見分け方、織りの現場の様子、現在と過去の比較などをトルコ現地での絨毯屋歴23年の経験を踏まえてお話します。
今回は限られた時間での総括的なお話ですが、今後もテーマを掘り下げたお話会ができたらいいなと思っています。質問、意見もどんどんしてください。楽しい充実した会になるように願っています。よろしくお願いいたします。

シルクロード西の終着駅 トルコに伝わるキリムとワインの会

詳しくはBaharさんのサイトをご覧くださいね。
Baharさんのサイトはこちら ⇒ 

-------------------------------------------------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  February 5, 2019 04:38:27 PM
January 31, 2019
2月14日(木)ー3月2日(土)に久しぶりにキリムの展示会を行います。




そして2月23日(土)19:00~21:00に行われるトークイベント「シルクロード西の終着駅 トルコに伝わるキリムとワインの会」のお申込みが本日より始まりました。

以下のリンクからお入りください。

シルクロード西の終着駅 トルコに伝わるキリムとワインの会

詳しくはBaharさんのサイトをご覧くださいね。
Baharさんのサイトはこちら ⇒ 

--------------------------------------------------------------------------------

そしてもうひとつお知らせです。
「オヤフェスJapan2019」のギャラリートークのお申込み受付中です。
詳しい内容はオヤマニアの会さんのブログをご覧ください。
オヤマニアの会




3月1日(金)12:30-13:00 トルコのコレクターたちのイーネオヤ
3月2日(土)12:30ー13:00 シュンネットヤタウ(割礼式のベット)とブルサのオヤ
3月3日(日)12:30-13:00 野中幾美コレクションと日本人作品の展示の様子

〇費用 各回1500円
〇募集人数 各回15名程度

希望日、お名前、電話番号、当日連絡がとれるメールアドレスの4点を記載してオヤマニアの会さんのメールアドレス ⇒ oyamania2017@gmail.com へお申込みください。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村ki






Last updated  January 31, 2019 03:20:01 AM
January 21, 2019
2月に久しぶりにキリムの展示会を行います。
トークイベントは2月23日(土)19;00~




詳しくはBaharさんのお報せを追ってご覧くださいね。
Baharさんのサイトはこちら ⇒ 

--------------------------------------------------------------------------------

こちらは「オヤフェスJapan2019」のギャラリートークのお申込み受付中です。
詳しい内容はオヤマニアの会さんのブログをご覧ください。
オヤマニアの会

3月1日(金)12:30-13:00 トルコのコレクターたちのイーネオヤ
3月2日(土)12:30ー13:00 シュンネットヤタウ(割礼式のベット)とブルサのオヤ
3月3日(日)12:30-13:00 野中幾美コレクションと日本人作品の展示の様子

〇費用 各回1500円
〇募集人数 各回15名程度

希望日、お名前、電話番号、当日連絡がとれるメールアドレスの4点を記載してオヤマニアの会さんのメールアドレス ⇒ oyamania2017@gmail.com へお申込みください。

※ いつも期限ギリギリになって泣きながらスライド作っているミフリ社長ですが、今回は前にも後ろにも用事が山積みですので早めに作業をすると決めて頑張りました。そして映像は稚拙ではありますが、素敵なトルコの懐メロのバックグラウンドミュージックを入れて仮想ギャラリートークのイメトレしていたのですが、自分で作ったくせに、映像を見ていてすっかりイーネオヤに見入ってしまい、しゃべる内容考えるのを忘れていました。もしかしてこれって見るだけで説明いらない!? って思いましたよ。
というわけでトークが邪魔でしたら私は黙っていますので、博物館に展示された、おそらく二度と見ることができない素晴らしいアンティーク・イーネオヤの数々をぜひ見にいらしてくださいね!!
映像見ながらほー、ってため息でちゃいました。← これ事実です。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  January 21, 2019 10:06:56 PM
January 11, 2019
今週末の日曜日、1月13日20:00~
「オヤフェスJapan2019」のワークショップとギャラリートークなどのお申込み受付中。
みなさまのお申込みをスタッフ一同お待ちしております。
奮ってご参加くださいね。




詳しい内容はオヤマニアの会さんのブログをご覧ください。
オヤマニアの会

今回、私はブルサ・テキスタイル博物館で9月26日~11月末まで開かれたオヤフェスの実際の会場の様子を撮影してきた動画と画像を使って、仮想ギャラリートークをします。
3日間通して、会場全部の様子や展示品の詳細がわかるようになっています。
一緒に会場を巡っているような雰囲気を味わっていただけたらと思っています。

3月1日(金)12:30-13:00 トルコのコレクターたちのイーネオヤ
3月2日(土)12:30ー13:00 シュンネットヤタウ(割礼式のベット)とブルサのオヤ
3月3日(日)12:30-13:00 野中幾美コレクションと日本人作品の展示の様子

〇費用 各回1500円
〇募集人数 各回15名程度

希望日、お名前、電話番号、当日連絡がとれるメールアドレスの4点を記載してオヤマニアの会さんのメールアドレス ⇒ oyamania2017@gmail.com へお申込みください。

-------------------------------------------------------
お申込み方法についてまとめてみます。
まずはオヤマニアの会さんのブログをご覧ください。 ⇒ オヤマニアの会

⇒ ギャラリートークとパネルディスカッションのお申込み(オヤマニアの会)

⇒ 平尾直美先生のワークショップのお申込み

⇒ pilaring先生のワークショップのお申込み

またオヤ作品での出展参加も受付中です。
参加者にはコレクション展示品の画像集がプレゼントされるという特典付きです。
詳しくはオヤマニアの会のarmutさんにお問合せください。

《連絡先》
オヤマニアの会 armut
oyamania2017@gmail.com

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  January 14, 2019 08:59:50 PM
January 8, 2019
じわじわと盛り上がっている3月1日(金)ー3日(日)に東京・西荻窪のHAPA HAPAさんで、オヤマニアの会主催で開催される「オヤフェスJapan2019」の話題から。

オヤマニアの会さんと運営スタッフで開催に向けていろいろ準備中ですが、参加、来場されるみなさまに楽しんでもらうためには、まず自分たちがワクワクすることがとっても大切だと思いました。
事実、コレクションピース、作家作品、愛好家作品と(販売品も!)、会場に埋め尽くされたオヤを想像するだけで胸が高鳴ります~。

オヤフェス@ブルサの感動を少しでも再現できるよう、いやそれ以上に楽しんでもらえるよう、盛りだくさんのワークショップが用意されています。
香川の平尾直美先生と関西のpilaring先生のワークショップが都内で受けられる貴重な機会です。
両先生のパネルディスカッションも、とっても楽しみですねえ。
3日間通い続けたいですー。
それぞれのワークショップの内容とお申込みについては以下の通りです。

⇒ 平尾直美先生のブログ(ワークショップ詳細と申込方法)

⇒ pilaring先生のワークショップ詳細と申込方法


イベント当日のタイムスケジュールは以下の通りです。




今回、私はブルサ・テキスタイル博物館で9月26日~11月末まで開かれたオヤフェスの実際の会場の様子を撮影してきた動画と画像を使って、仮想ギャラリートークをします。
3日間通して、会場全部の様子がわかるようになっています。
3月1日(金)12:30-13:00 トルコのコレクターたちのイーネオヤ
3月2日(土)12:30ー13:00 シュンネットヤタウ(割礼式のベット)とブルサのオヤ
3月3日(日)12:30-13:00 野中幾美コレクションと日本人作品の展示の様子

〇費用 各回1500円
〇募集人数 各回15名程度




会場のスペースの都合上、お申込みしていただいた方のみの入場となります。

お申込みは1月13日(日)20時より、オヤマニアの会さんまで。
【お申込み先】オヤマニアの会 oyamania2017@gmail.com

お申込みの内容(日にち)
お名前
電話番号
当日つながるメールアドレスの4点を、メールにてお知らせください。


私事ですが、ブルサでのイベント当日はなかなか忙しくて、じっくり展示のオヤを見ていないことに、最後の片付けの段になって気が付きました。作り手が興味を持ちそうな面白いオヤ、変わったヤズマもたくさんあります。
実際にブルサの博物館で一緒に展示を見ているような体験をしていただけるよう、頑張ってご案内しますので、奮ってご参加くださいますようお待ち申し上げております。

引き続き、オヤマニアの会さんのブログでイベント案内をチェックしてください。
お申込み方法についての詳細も出ています。
オヤマニアの会のブログはこちら ⇒ 

またオヤ作品での出展参加も受付中です。
詳しくはオヤマニアの会さんにお問合せください。

《連絡先》
オヤマニアの会 armut
oyamania2017@gmail.com

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  January 9, 2019 09:52:29 PM
December 26, 2018
トルコ・ギョルジュック市主催「第10回パッチワーク大会」について、追記も含めて改めてお知らせしたいと思います。

パッチワーク関連以外の方も最後まで読んでくださいねー。

★来年2019年8月23日ー25日にトルコのコジャエリ県ギョルジュック市主催で開催される「第10回国際パッチ―ワーク大会」に私、ミフリ社長はトルコの伝統手工芸品のコレクション展示で招待されています。

★一緒に外国人ゲストとしてパッチワークや刺繍の布に関連した作品出展、もしくは日本独特の手芸作品などの紹介と出展をしてくれる方(グループ、個人)を募っています。

★もちろん出展は無料です。期間中の宿泊(5つ星ホテル)、食事、移動、観光ツアーなどは市が負担してくれます。専用ブースも用意してくれますので販売も可能です。韓国、フランス、キリギスなどのチームが参加予定だそうです。航空券などの交通費は自己負担になりますが、来年のサマーホリデーは大会と合わせてトルコ旅行もしちゃうなんていかがですか?
ギョルジュック市はイスタンブールの東、マルマラ海の南沿岸に位置します。

★パッチワークとは意外に思われるかもしれませんが、オスマン時代から衣装などに使われ、伝統手芸の一つとして捉えられています。
今大会は過去9年間の実績があるイベントです。
私的には実はまだ悩み中なのですが、もし一緒に参加してくださる方がいましたら招待をお請けしようと思っています。

以下、追記です。

★パッチワーク以外の手芸でも、作品写真で軽く審査させていただくことになるそうですが出展可能だそうです。例えばイーネオヤ、タティング、各種レース、各種刺繍、染め、織り、編み物、フェルト、ビーズアートなどなど。(会期は真夏です)

★グループ展、個展をするイメージで、お友達と、または個人でワンコーナーを埋められるぐらいの作品点数があるといいかなあ・・・。

★日本チームの専用ブースもありますので作品、キットなど紹介、販売、デモンストレーションなども可能です。(販売ブースの様子は下の紹介動画などでご覧いただけます)

★海外で自分の作品を展示、紹介できる公的な国際文化交流イベントです。海外の作家さん、先生たちと異種手芸交流のチャンス。出展の費用がかからず、しかもゲスト待遇ですので期間中の宿泊、食事、ツアーなどは市が負担してくれます。

★私が当日までのお手伝いをしますので、難しい手続きや言葉の壁もなく、気軽に参加できます。自力で行くのが不安・・・という方でも、イスタンブールまでの往復航空券を取れるならそこから先はお手伝い可能です。それもなあ・・・という場合でも相談に乗りますのでどうぞ安心してご参加ください。グループの場合、日本の旅行社、現地手配会社を通して前後を含めたツアーを組んでもらうことも可能です。

★作品製作期間、旅行日程確保などのためのお時間を十分取っていただけるように、早め早めに告知しております。

★前回のブルサ市主催「国際シルクオヤフェスティバル」同様、私は主催者ではなく金銭的な支援ができる立場ではありませんので、私から個人的に出展を打診したり、お願いすることはないです。あくまでトルコでの公的イベントでの作品出展チャンスの提供であり、参加を希望される方からの自主的な挙手をお待ちしておりま~す!!


参考までに今年2018年の第9回大会の様子を紹介した動画をリンクしておきます。
興味を持たれた方は私までメールください。→ 

第9回国際ギョルジュックパッチワークフェスティバル

韓国チームのレポート1

韓国チームのレポート2

過去大会の画像倉庫

なんか楽しそうですよね~。
どうですか? 

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  December 26, 2018 06:20:00 PM
December 19, 2018
マニサのシェケルオヤ。
1960-80年頃に全盛でかぎ針で作られ立体のモチーフ。
一部例外もあるけどコットン糸が使われているのも特徴。
通常、かぎ針で作った立体のオヤはぬい針のイーネオヤと違ってヘタッ、ってしてしまうから板ゼラチンで固めて形を保たせた。




板ゼラチンが手に入らない時は砂糖水で固めったことから、シェケル(砂糖)オヤと呼ばれる。
シェケルには「可愛い」とか「愛らしい」の意味もあるから、ぴったりの名称だね。

お店の在庫整理をしていたら、コンディションの良いシェケルがオヤがたくさん出てきたのでちょっと載せてみました~。

お知らせです。
来年2019年8月23日ー25日にトルコのコジャエリ県ギョルジュック市主催で開催される「第10回国際パッチ―ワーク&刺繍大会」に正式招待されトルコの伝統手工芸品のコレクション展示を予定しています。

で、一緒に外国人ゲストとしてパッチワークや刺繍など布に関連した作品出展、もしくは日本独特の手芸作品紹介と出展をしてくれる方(グループ、個人)を募っています。もちろん出展は無料です。期間中の宿泊(5つ星ホテル)、食事、移動、観光ツアーなどは市が負担してくれます。専用ブースも用意してくれますので販売も可能です。韓国、フランス、キリギスなどのチームが参加予定だそうです。航空券などの交通費は自己負担になりますが、来年のサマーホリデーは大会と合わせてトルコ旅行もしちゃうなんていかがですか?
ギョルジュック市はイスタンブールの東、マルマラ海の南沿岸に位置します。

パッチワークとは意外に思われるかもしれませんが、オスマン時代から衣装などに使われ、伝統手芸の一つとして捉えられています。
ブルサのオヤフェスは初回でもありこの手のイベントとしてはテキスタイル博物館の初の試みでしたので不慣れなこともあったかと思いますが、パッチワーク&刺繍大会は過去9年間の実績がある大会です。
私的には実はまだ悩み中なのですが、もし一緒に参加してくださる方がいましたら招待をお請けしようと思っています。

参考までに今年の第9回大会の様子を紹介した動画をリンクしておきます。
興味を持たれた方は私までメールください。→ 

第9回国際ギョルジュックパッチワークフェスティバル

韓国チームのレポート1

韓国チームのレポート2

過去大会の画像倉庫

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  December 19, 2018 05:14:57 AM
December 3, 2018
ブルサのテキスタイル博物館でのイーネオヤコレクション展示が11月末を持って閉幕しました。
フェスティバルに参加されたみなさま、尽力された関係者のみなさま、訪問してくださったみなさま、そしてオヤを愛し、作り続ける全ての人たちへ厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。

博物館の展示にはフェスティバル以降も多くの訪問者があったようで、オヤフェス専門の記念ノートにもたくさんのコメントが残されていました。

週末2日間は撤収作業のために会場を訪れました。
初日はトルコのコレクターさんたちの展示を、翌日は私とイブラヒムと日本人作家さんたちの作品をそれぞれお片付けしに行きました。




展示にはあれだけ時間をかけたのに、撤収となるとあっけないものですね。
撤収しながらガラスケースを外した状態でじっくり写真を撮らせてもらったり、展示しなかった分のオヤを見せてもらったりしながら、最後は半分片づけ終わった割礼式のベットで(別の角度から見たらかなりお行儀の悪い姿で)記念撮影しました。

博物館スタッフとの打ち上げランチでは、オヤにまつわる面白い話をいくつか聞きましたが、コレクターさんや先生たちは学術的な面からのアプローチを考えているようです。
もちろんそれはトルコでイーネオヤの地位を上げていくためには必要不可欠なことです。

その一方で私がはトルコのイーネオヤを作る女性たちにもっと見てもらうべきだとも思います。
昔の技術、素材、それによる繊細さ、モチーフ、そしてこれらが自分たちの先輩である一般の女性たちの手によって作られたこと、これらを作ることが可能だということ。




今回、展示されたようなイーネオヤは普通には目にすることのないものばかりです。
見る機会がなければ基準が身近なものだけになってしまうのは仕方がありません。
だからこそ少なくともイーネオヤをウリにしている市町村はバスを出しても女性たちを展示会に連れてきて欲しかったですし、イーネオヤを自分たちの「伝統手芸」と考えるならなおさら自分たちが今作っているものを見なおすことができる良い機会になったのではないかと思います。

これは私だけの思いではなく、本来のイーネオヤの素晴らしさを知っている人なら、残念に思っていることのひとつでもあります。
とはいえ、嫁入りや女性たちの生活に関わるイーネオヤの伝統が失われつつあり、イーネオヤを作る理由が変わり、素材や形も異なるものとなっていくのも時代の流れで誰にも止められないのかもしれません。

さあ、次回は日本でトルコの伝統のイーネオヤを愛でることにしましょう。
以下はオヤフェスJapan2019の続報です。

オヤフェスJapan2019では私も仮想ギャラリートークとして3日間に渡り、ブルサでの展示品の詳細をスライド、もしくは映像を見てもらいながら解説する予定です。
お楽しみに~。
---------------------------------------------------------



3月1日(金)ー3日(日)に西荻のHAPA HAPAさんで開催される「オヤフェスJapan2019」のお知らせです。

出展をお考えのみなさまへ。
明日12月1日(土)19時より、出展申込みが始まりまっています。

詳しくはオヤマニアの会さんのブログをご覧の上、お早目にお申込みください。
スペースの都合上、おおよその出展者数を把握するためですので、予定されている方、お悩み中の方もまずはお申込みください。

お申込み詳細はこちら ⇒⇒⇒ オヤマニアの会のブログ

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  December 3, 2018 10:09:14 PM

全183件 (183件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.