000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

PR

Profile


mihri-kilim

Calendar

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

全192件 (192件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

ツアー、展示会・講演会・ワークショップのお知らせ

July 22, 2019
XML
「トルコの手仕事展」 ← ココをクリックすると詳細ページに入れます。

日時:7月26日(金)ー8月19日(月)10:30-19:00
場所:かまわぬ浅草店2階







■オープニングレセプション+スライドショー
7月26日(金)18:30-20:30(お申込み不要、参加費無料)
■トークイベント「トルコの伝統手工芸を訪ねて」
8月2日(金)19:00-20:00(要予約)
■トークイベント「エフェオヤとアイドゥンの大きなオヤ」
8月9日(金)19:00-20:00(要予約)

トークイベント参加費:各1000円+税(ドリンク付き)
トークイベント申込:7月2日より店頭または電話(03-6231-6466)

キリム、バスク、イーネオヤなどトルコの手工芸品を展示、販売します。
会期中にはイーネオヤやバスクのワークショップもあります。

イーネオヤ(平尾直美先生) → 

イーネオヤは平尾先生が6つの異なる作品のワークショップをされます。
ご存知の通り、普段は香川県にお住まいですので、都内でのワークショップは稀少。
さらに今回は昨年のブルサのテキスタイル博物館に展示された変わった形のアンティークのイーネオヤの再現3種をするそうです。しかもそれぞれ地域の違うものです。
私はオリジナルも平尾先生の再現品も現物を見ましたが、骨董の再現というのは昔のそれぞれの地域の人がその当時どんな技術でどんな風に組み立ててこの形を作ったのか、まるで歴史の謎解きのようなとても面白い体験だと思います。

また、日ごろからご要望が多いのですが、全く初心者さんでも受講できる渡辺奈緒子先生のワークショップもあります。平尾先生のブログで一緒にご紹介されていますのでご覧ください。
私も含めてですが、イーネオヤに興味はあるけど、ワークショップって経験者限定が多くてどうも敷居が高くてなあ・・・と思っていた方も安心して受講していただけます。
イーネオヤは最初の一歩が肝心。それを越えられたらあとはひたすら作り込むだけです。
初めてでも可愛い小物が作れる魅力のワークショップです。

木版バスク(ブロックプリント)(バスク屋さん) → 

日本におけるトルコ文化年2019「トルコ・トカットの木版バスク展」が7月20日から始まっています。
そちらでもバスクのワークショップがありますが、大人気で席数を30席から50席に増やして対応中。
それでも足りないのですが・・・。
実は浅草かまわぬさんの展示会でもバスクのワークショップがあるのです。
生活工房さんではスカーフを作りますが、浅草かまわぬさんではトートバックを作ります。
赤いバックに黒の版を押す、トカットの代表的なモチーフのひとつ「トカット・エルマルス」。林檎のモチーフです。
このモチーフは実は深い意味があり、詳しくはトカットの木版バスク展のトークイベントやギャラリートークで説明しますが、結果だけ言うと林檎は幸福を手に入れたという意味を持ちます。これはバスクに限らず、キリムや絨毯などでも林檎が幸せの象徴であることは周知の通りですが、バックを持つ人が今以上の幸運を手にすることができたらいいですね。

彩色をされたい方にはドラマという大小のバラのモチーフで版を押し、筆で色を塗る、世界でたった1つのオリジナルマイバックを作るというチョイスも可能だそうです。
これも楽しそうです。

さてさて、7月26日(金)10:30スタートの浅草かまわぬさんの「トルコの手工芸展」の設営もそろそろです。
今日、なんとか当分の荷物だけは送り出せましたので、ちょっと安心したところです。
今週の金曜日が初日ですが、夜18:30-20:30にはオープニングレセプションがあります。
トルコの手工芸の現場で撮った人や食べ物や風景をスライドショーで流します。
トルコのワインを飲みながらイスタンブールやカッパドキアなどのメジャーな地域以外のトルコもどうぞ知ってください。
そしてみなさまといろいろなお話ができたらうれしいな。
お仕事帰りにお気軽にお立ち寄りください。申し込み不要、参加費無料です。
お待ちしております。

---------------------------------------------
日本におけるトルコ文化年2019「トルコ トカットの木版バスク」展
好評開催中です。

日時:7月20日(土)-9月1日(日)、9:00-21:00
会場:生活工房ギャラリー3F
内容:トカットで600年の歴史を持つ伝統的なブロックプリントを紹介。かつてトカットで作られた代表的なモデルのバスク、ヤズマなど野中幾美のコレクション展示、トークイベント、ワークショップ、ギャラリートークなど。販売もあります。展示会場のギャラリーでは「バスクができるまで~トカットの木版作りと捺染技法」の動画(日本語字幕)を迫力の大画面でご覧いただけます。
※ギャラリ―への入場、動画の観覧は無料です。



トークイベント「バスクの故郷・トカット~門外不出の伝統工芸」
日時:8月3日(土)14:00-15:30
料金:500円(お茶付き)
講師:野中幾美
申込方法:電話(03‒5432‒1543)か、サイトの申込フォームにて生活工房まで。

トークイベント(申込順)、ワークショップ(応募締切7月27日)共にたくさんのお申込みありがとうございました。
現在、おかげさまで満席ですがお席を増やして対応しております。
まだ申し込み可能ですので締め切られてしまう前に駆け込んでください。
詳しくは生活工房さんのサイトをご覧ください。

また私のギャラリートークの日程は
第1回 7月30日(火)11:15-12:00
第2回 8月4日(日)11:15-12:00
第3回 8月10日(土)11:15-12:00 の3回です。
ご希望の方はお時間までに生活工房ギャラリーでお待ちください。予約不要、参加費無料です。

そしてお楽しみの販売会ですが
第1回 7月30日(火)11:00-17:00
第2回 8月3日(土)11:00-17:00
第3回 8月4日(日)11:00ー17:00
第4回 8月9日(金)11:00-17:00
第5回 8月10日(土)11:00-17:00
4階のワークショップルームAにて開催です。5日間限定ですのでどうぞお間違いのないように!

-------------------------------
【お知らせ:その4】
第10回オヤを編む会~お茶会編

日時:8月11日(日)10:00-17:00(時間内の出入り自由)
場所:JR神田駅 徒歩3分 (お申し込みの方に会場をお知らせします)
料金:2500円(会場費、トルコのお茶とおやつ付き)

内容:定例のオヤを編む会に野中幾美が初めてお邪魔します。オヤを編む会には先生はいません。参加者同士で教え合ったり情報交換したり自由にオヤを編む集まりです。オヤを編むことに興味ある人なら未経験者でも初心者でも歓迎してくれます。これを機会にオヤを始めてみたい方はぜひ~!トルコのお菓子を用意します。トルコのお話、オヤのお話をしませんか?
午後に平尾直美先生もお顔出ししてくれるそうです~!!

申込方法:ブログの非公開コメントに連絡
もしくはオヤマニアの会メールアドレスまでお申し込みください。
oyamania2017@gmail.com
(※現在、キャンセル待ちです)

-------------------------------
【お知らせ:その5】

8月23日ー25日にギョルジュク市主催で開催される「第10回国際キルトフェスティバル」にゲストでイーネオヤなどトルコ手芸品の骨董コレクションの展示を行う予定です。
私のコレクション展示は置いておいても、各国各地のパッチワーク作品の展示の他、期間内には様々なイベントやブースが並び、毎回とても盛り上がると評判の大会です。チャンスがあったらお立ち寄りくださいね。

-------------------------------
【お知らせ:その6】

10月12日(土)ー15日(月)にオヤマニアの会のイベント「花咲くアナトリアの大地より~トルコ伝統の手工芸~」が開催されます。
新企画&初お目見えのワークショップが勢ぞろい。
簡単なご案内が出ましたのでご覧ください。 ⇒ オヤマニアの会ブログ

-------------------------------
【お知らせ:その7】

次回のキリム展は10月11日(金)から清澄白河のBaharさんで開催予定です。
Baharセレクトの可愛いくてレアな織物で埋め尽くされた空間をお楽しみにしていてください。

また来年5月下旬にはアイシェの村で伝統の絨毯織りを体験するツアーを企画中。
ウール糸をキリマンで紡ぎ、村で植物採集をして草木染め、そしてアイシェのお家でのベランダに設置された機で各自の絨毯を織りあげて持ち帰ります。
興味のある方がいましたらまずは日程の調整をお願いします。

12日(土)19:00~21:00は「アイシェと絨毯」に関するトークイベントがあります。
村がどんなところか、村でどんなことができるのか、画像と共にご紹介します。

------------------------------
【お知らせ:その8】
エラズーの近郊の村にこの地の特徴的なイーネオヤを習いに行く予定です。
同行者募集しています。予定では来年の4月~6月頃を考えています。
9月のマルディンはキャンセルが出ましたら追加の募集をします。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg

ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキン

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  July 22, 2019 09:56:43 PM
July 20, 2019
日本におけるトルコ文化年2019
「トルコ・トカットの木版バスク展」


いよいよ本日9時スタートです。

日時:7月20日(土)-9月1日(日)、9:00-21:00
会場:生活工房ギャラリー3F
内容:トカットで600年の歴史を持つ伝統的なブロックプリントを紹介。かつてトカットで作られた代表的なモデルのバスク、ヤズマなど野中幾美のコレクション展示、トークイベント、ワークショップ、ギャラリートークなど。販売もあります。展示会場のギャラリーでは「バスクができるまで~トカットの木版作りと捺染技法」の動画(日本語字幕)を迫力の大画面でご覧いただけます。
※ギャラリ―への入場、動画の観覧は無料です。



トークイベント「バスクの故郷・トカット~門外不出の伝統工芸」
日時:8月3日(土)14:00-15:30
料金:500円(お茶付き)
講師:野中幾美
申込方法:電話(03‒5432‒1543)か、サイトの申込フォームにて生活工房まで。

トークイベント、ワークショップ(応募締切7月27日)共に募集はすでに始まっています。
詳しくは生活工房さんのサイトをご覧ください。

トークイベントは定員に達していますが、少しだけお席を詰めて70名様を目途に募集を継続中です。少しでもたくさんの方に聴いていただきたい、知ってもらいたいです。

ワークショップは両日とも大人気で応募数の多さに定員数を増員して対応する予定のようですが、それでも抽選になってしまいそうです。お申込みの締め切りは7月27日です。
もし今回は残念ながら外れたとしても、バスク屋さんのワークショップを受講するチャンスは今後もきっとあると思いますので、バスク屋さんのブログなどご案内をチェックしてくださいね。

-------------------------------
昨日になりますが、展示の設営中にお邪魔してきました。
まさに文字通りにお邪魔で、まともなお手伝いもできなかったのですが(プレートに画びょうを取り付けるぐらいぽっ)、プレートの文章の確認、訂正などをして、本当にいよいよなんだな、と改めて気を引き締めました。



会場は区役所の窓口がお引越しをしたため、2012年のイーネオヤの展示会の時より広くなっていました。
その壁面や天井、ガラスケースの中にハンドプリントの木版バスクが約120点!

見慣れたもののはずですが、プロの展示により、さらに高貴に素敵に見えました。



オープン前に人がいない時に記念撮影。

でも実は設営はまだ途中でしたので、本日のオープン以降にさらに詳細をレポートしていけたらと思っています。
今回は映像以外はなんと撮影可にしました~!
どんどん撮って、SNSに載せて、トルコの木版バスクを広く知ってもらう手助けをぜひぜひお願いいたします。



これが日本のかまわぬさんの手ぬぐいに押してもらったトルコの女性職人、作家さんたちのコラボ作品です。見本ではもっと凝った技法のものを提出してくれたのですが、すでに染め模様のある手ぬぐいを使用することからなるべくシンプルに、手ぬぐいもバスクもお互いに引き立つようにできています。

コラボ手ぬぐいは点数に限りがありますが、以下に記載した販売日に、その他のバスク作品、バスクの服、オヤスカーフなどトルコの手作り品と共に購入することができます。

販売日は7月30日(火)、8月3日(土)、4日(日)、9日(金)、10日(土)
11:00-17:00の5日間ですので、どうぞ日にちを間違えないようにお越しください。
場所はギャラリーではなくワークショップ室前になります。

準備は完璧!?
あとはみなさまのお越しをお待ちするだけです。



ようこそ! トルコのバスクの世界へ。

展示会場は三軒茶屋から直通のキャロットタワー3階の生活工房ギャラリーです。

-------------------------------
【お知らせ:その3】

「トルコの手仕事展」
日時:7月26日(金)ー8月19日(月)10:30-19:00
場所:かまわぬ浅草店2階



■オープニングレセプション+スライドショー
7月26日(金)18:30-20:30(お申込み不要)
■トークイベント「トルコの伝統手工芸を訪ねて」
8月2日(金)19:00-20:00(要予約)
■トークイベント「エフェオヤとアイドゥンの大きなオヤ」
8月9日(金)19:00-20:00(要予約)

トークイベント参加費:各1000円+税(ドリンク付き)
トークイベント申込:7月2日より店頭または電話(03-6231-6466)

キリム、バスク、イーネオヤ、手編み靴下などトルコの手工芸品を展示、販売します。
会期中にはイーネオヤやバスクのワークショップもあります。
ワークショップに付きましては以下のリンクに詳細がありますのでご覧ください。

イーネオヤ(平尾直美先生) → 
木版バスク(ブロックプリント)(バスク屋さん) → 

-------------------------------
【お知らせ:その4】
第10回オヤを編む会~お茶会編

日時:8月11日(日)10:00-17:00(時間内の出入り自由)
場所:JR神田駅 徒歩3分 (お申し込みの方に会場をお知らせします)
料金:2500円(会場費、トルコのお茶とおやつ付き)

内容:定例のオヤを編む会に野中幾美が初めてお邪魔します。オヤを編む会には先生はいません。参加者同士で教え合ったり情報交換したり自由にオヤを編む集まりです。オヤを編むことに興味ある人なら未経験者でも初心者でも歓迎してくれます。これを機会にオヤを始めてみたい方はぜひ~!トルコのお菓子を用意します。トルコのお話、オヤのお話をしませんか?
午後に平尾直美先生もお顔出ししてくれるそうです~!!

申込方法:ブログの非公開コメントに連絡
もしくはオヤマニアの会メールアドレスまでお申し込みください。
oyamania2017@gmail.com
(※現在、キャンセル待ちです)

-------------------------------
【お知らせ:その5】

8月23日ー25日にギョルジュク市主催で開催される「第10回国際キルトフェスティバル」にゲストでイーネオヤなどトルコ手芸品の骨董コレクションの展示を行う予定です。
私のコレクション展示は置いておいても、各国各地のパッチワーク作品の展示の他、期間内には様々なイベントやブースが並び、毎回とても盛り上がると評判の大会です。チャンスがあったらお立ち寄りくださいね。

-------------------------------
【お知らせ:その6】

10月12日(土)ー15日(月)にオヤマニアの会のイベント「花咲くアナトリアの大地より~トルコ伝統の手工芸~」が開催されます。
新企画&初お目見えのワークショップが勢ぞろい。
簡単なご案内が出ましたのでご覧ください。 ⇒ オヤマニアの会ブログ

-------------------------------
【お知らせ:その7】

次回のキリム展は10月11日(金)から清澄白河のBaharさんで開催予定です。
Baharセレクトの可愛いくてレアな織物で埋め尽くされた空間をお楽しみにしていてください。

また来年5月下旬にはアイシェの村で伝統の絨毯織りを体験するツアーを企画中。
ウール糸をキリマンで紡ぎ、村で植物採集をして草木染め、そしてアイシェのお家でのベランダに設置された機で各自の絨毯を織りあげて持ち帰ります。
興味のある方がいましたらまずは日程の調整をお願いします。

12日(土)19:00~21:00は「アイシェと絨毯」に関するトークイベントがあります。
村がどんなところか、村でどんなことができるのか、画像と共にご紹介します。

------------------------------
【お知らせ:その8】
エラズーの近郊の村にこの地の特徴的なイーネオヤを習いに行く予定です。
同行者募集しています。予定では来年の4月~6月頃を考えています。
9月のマルディンはキャンセルが出ましたら追加の募集をします。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg

ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキン

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  July 20, 2019 03:05:29 AM
July 13, 2019
本日11:00、いよいよオープンです。

九州・鹿児島での
「ちいさなトルコバザール」
日時:7月13日(土)ー17日(水)

会場:Good day 加冶屋店2F
内容:ブルサのテキスタイル博物館に展示された野中幾美の骨董イーネオヤコレクション一部の展示(7月13日・14日)、オヤを中心としたトルコの可愛いハンドメイド品の展示・販売、イーネオヤ初心者のためのワークショップ、野中幾美のスライドによるお話会など。

私のお話会は本日14時からです。
おかげ様で満席になりましたが、当日お申込みも可能ですのでお店の方にお尋ねください。

タイトル:「おばあちゃんの贈り物」
日時:7月13日(土)14:00-15:30
内容:イーネオヤとはなんぞや、その種類、地域ごとの特徴、過去と現在の状況などをトルコの風景を交えてお話します。トルコの村の女性たちの生活文化などに興味ある方もぜひどうそ~。
料金:2500円(ワンドリンク付き)
申込方法:instagramの@good_day_mori さんのDM
e-mail goodday.kagoshima@gmail.com
(↑ 今の今までメールアドレス間違ってました・・・ごめんなさい)
TEL 099-248-9931 

7月13日(土)は一日在廊しております。
お天気雨予報ですが、鹿児島市内は早い時間帯は持ちこたえそうですかね。
気をつけてお越しください。
短い時間ですが九州のオヤファン、手芸好きさん、トルコ好きのみなさまにお会いできることを楽しみにしておりま~す。

----------------------------------------------------------------------

昨日は早朝出発して、空港リムジンを使用して羽田空港から鹿児島行きの飛行機に乗りました。
羽田空港からのフライトは記憶にある中で初めての利用です。
自動荷物預かりシステムとか、なんじゃこれ~と思いながらも頑張りました。
バスの乗り方や支払いとか、運転手さんや窓口の方も親切で助かりましたが、慣れていないことばかりで一瞬何をしていいのか戸惑うことが多くて、自分の年齢のせいなのか、日本で暮らしていないせいなのか、世の中に置いて行かれている感でいっぱいになりました。
でも、おばちゃんだもん(←思ってないけど)、しょうがないじゃん。と思えば図太くやって行けそうです。ぽっぽっぽっ

雨天気が心配でしたが、都内も降りそうで降らず、到着した鹿児島は晴天でした。
午後には会場のgooddayさんにお邪魔して、荷物の開封、値付けなどなんとか終えて、明日、少し並び変えたらなんとか間に合いそうなところまでこぎつけたかな。









今回のイベントを提案・企画してくださったMさんもずっと一緒に設営してくださって、本当に助かりました。

Gooddayさん、鹿児島中央駅からも近く、お店はカフェもある広々としたおしゃれな空間で、今回のイベントは2階ですが、こちらも驚く広さ~。
キリム展が余裕でできちゃいそうです。

可愛い小物やヴィンテージのオヤスカーフもたくさん並びました。
お値段も安心プライスです。
今日の準備中に来店されたお客様にすでに狙われているものがありましたので、お目当てのものがありましたら、どうぞお早目にいらしてくださいねー!

写真にはありませんが、トルコのブルサのシルク糸もお持ちしています。
イーネオヤや刺繍に撚らずにすぐにお使いいただけるものです。色も豊富にありますので、サイトやブログなどで気になっていた方はぜひチェックしてください。
ご紹介のためですので、今回はなんと!送料負担なしのトルコ販売価格でご提供します。

Gooddayさんはこの看板が目印です。



では、みなさまのお越しをお待ちしております。
14時―15時半はトークイベントお申込みの方のみの入場になりますので、お時間お気をつけください。というか、その時間にお越しになる方はぜひトークイベント参加してくださいね。

鹿児島の美味しいものは何かな~!?

※しばらくしたら展示会に来られない方のために、せめてお買い物だけでも楽しんでいただけるようにショッピングサイトの方をご用意いたしますので、お楽しみにお待ちください。日本国内から発送しますので送料もお得です。期間は8月中旬ごろまでの予定です。
突然予告なしのパターンが多いので、チェックをお忘れなく~。

-------------------------------
【お知らせ:その2】
日本におけるトルコ文化年2019公認企画「トルコ・トカットの木版バスク展」

日時:7月20日(土)-9月1日(日)、9:00-21:00
会場:生活工房ギャラリー3F
内容:トカットで600年の歴史を持つ伝統的なブロックプリントを紹介。かつてトカットで作られた代表的なモデルのバスク、ヤズマなど野中幾美のコレクション展示、トークイベント、ワークショップ、ギャラリートークなど。販売もあります。



トークイベント「バスクの故郷・トカット~門外不出の伝統工芸」
日時:8月3日(土)14:00-15:30
料金:500円(お茶付き)
申込方法:電話(03‒5432‒1543)か、サイトの申込フォームにて生活工房まで。

トークイベント、ワークショップ共に募集はすでに始まっています。
詳しくは生活工房さんのサイトをご覧ください。

生活工房さんで2012年6月24日ー7月22日に7つの海と手しごとシリーズで「地中海とトルコのイーネオヤ」の展示が行われましたが、イーネオヤがついている柄の入ったコットンスカーフがヤズマです。1970年代に機械プリントが導入される以前は、1枚1枚極薄の布に手作業で木版を押して作られていました。とても複雑で繊細な作業です。伝統デザイン、バスクの5種のテクニック、歴史的背景などを実際の作業風景やトカットの人々の生活を交えながら紹介していきます。

-------------------------------
【お知らせ:その3】

「トルコの手仕事展」
日時:7月26日(金)ー8月19日(月)10:30-19:00
場所:かまわぬ浅草店2階



■オープニングレセプション+スライドショー
7月26日(金)18:30-20:30(お申込み不要)
■トークイベント「トルコの伝統手工芸を訪ねて」
8月2日(金)19:00-20:00(要予約)
■トークイベント「エフェオヤとアイドゥンの大きなオヤ」
8月9日(金)19:00-20:00(要予約)

トークイベント参加費:各1000円+税(ドリンク付き)
トークイベント申込:7月2日より店頭または電話(03-6231-6466)

キリム、バスク、イーネオヤ、手編み靴下などトルコの手工芸品を展示、販売します。
会期中にはイーネオヤやバスクのワークショップもあります。
ワークショップに付きましては以下のリンクに詳細がありますのでご覧ください。

イーネオヤ(平尾直美先生) → 
木版バスク(ブロックプリント)(バスク屋さん) → 

-------------------------------
【お知らせ:その4】
第10回オヤを編む会~お茶会編

日時:8月11日(日)10:00-17:00(時間内の出入り自由)
場所:JR神田駅 徒歩3分 (お申し込みの方に会場をお知らせします)
料金:2500円(会場費、トルコのお茶とおやつ付き)

内容:定例のオヤを編む会に野中幾美が初めてお邪魔します。オヤを編む会には先生はいません。参加者同士で教え合ったり情報交換したり自由にオヤを編む集まりです。オヤを編むことに興味ある人なら未経験者でも初心者でも歓迎してくれます。これを機会にオヤを始めてみたい方はぜひ~!トルコのお菓子を用意します。トルコのお話、オヤのお話をしませんか?
午後に平尾直美先生もお顔出ししてくれるそうです~!!

申込方法:ブログの非公開コメントに連絡
もしくはオヤマニアの会メールアドレスまでお申し込みください。
oyamania2017@gmail.com
(※現在、キャンセル待ちです)

-------------------------------
【お知らせ:その5】

8月23日ー25日にギョルジュク市主催で開催される「第10回国際キルトフェスティバル」にゲストでイーネオヤなどトルコ手芸品の骨董コレクションの展示を行う予定です。
私のコレクション展示は置いておいても、各国各地のパッチワーク作品の展示の他、期間内には様々なイベントやブースが並び、毎回とても盛り上がると評判の大会です。チャンスがあったらお立ち寄りくださいね。

-------------------------------
【お知らせ:その6】
10月12日(土)ー15日(月)にオヤマニアの会のイベントがあります。
新企画&初お目見えのワークショップが勢ぞろい。
詳細はカミングスーン!

-------------------------------
【お知らせ:その7】

次回のキリム展は10月11日(金)から清澄白河のBaharさんで開催予定です。
Baharセレクトの可愛いくてレアな織物で埋め尽くされた空間をお楽しみにしていてください。

また来年5月下旬にはアイシェの村で伝統の絨毯織りを体験するツアーを企画中。
ウール糸をキリマンで紡ぎ、村で植物採集をして草木染め、そしてアイシェのお家でのベランダに設置された機で各自の絨毯を織りあげて持ち帰ります。
興味のある方がいましたらまずは日程の調整を、そして機会があればBaharさんに参加の意思をお伝えくださいね。10月のキリム展で改めてご紹介があると思います。

------------------------------
【お知らせ:その8】
エラズーの近郊の村にこの地の特徴的なイーネオヤを習いに行く予定です。
同行者募集しています。予定では来年の4月~6月頃を考えています。
9月のマルディンはキャンセルが出ましたら追加の募集をします。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキン

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  July 13, 2019 02:31:12 AM
June 28, 2019
実家が関東なもので、イベントは東京中心になってしまいますが、実はキリムとイーネオヤが今、京都・西陣にお出かけ中。
キリムはオールド品と草木染めもので、リビングに敷けそうな大きなサイズもあります。
昔の私が、いつか日本に戻ることを想定して日本に大切にしまっていた宝物たちです。
トルコから離れそうな気配もないので、放出中の稀少な機会です。

またイーネオヤのオールド品もご覧いただけます。
トルコ各地の伝統的で、かつ特徴のあるものばかりです。
キリムやオヤの小物もあります。

期間は7月2日(火)までですので、今週末は忘れずにお出かけください。
(キリムは7月16日(火)まで延長だそうです)

日時:~7月2日(火)12:00-18:00
場所:西陣alphabet(アルファベット) 京都市上京区大宮寺ノ内上ル前之町443 2F
お問合せ:075-432-7208
サイト:www.alphabet123.com


さて、6月1日からの県外出張、やっと終わり、本日アンタルヤへ戻って参りました。
トカットやブルサもそれなりに暑かったですけど、夜は風邪が吹けば涼しかった・・・なのに、アンタルヤは深夜0時過ぎにも関わらず、外はむわっ、空港ビルから外へ出たとたん、身体中から一気に汗が吹き出しました。
でもその「むわっ」も含めて愛しの第2の故郷です。

本日からあまり時間がありませんが、最終準備をして、いよいよ出発です。
イーネオヤ千本ノックで腕はあがったし、これでオヤを編む会にも参加できそうです。

そうそう、手ぬぐいのかまわぬ浅草店さんで開催される「トルコの手工芸展」のワークショップとスライドによるトークイベントの募集も7月2日(火)10:30からです。
詳細は以下の【お知らせ】欄にありますのでご覧ください。
7月26日18:30-20:30のオープニングレセプションにもお待ちしております。トルコワインが飲めるそうですよ。こちらは申し込み不要、参加費も無料です。


※ 【お知らせ】を開催日順に並び替えました。
-------------------------------
【お知らせ:その1】
九州・鹿児島市内でイーネオヤのイベントが行われます。

「ちいさなトルコバザール」
日時:7月13日(土)ー17日(水)
会場:Good day 加冶屋店2F
内容:ブルサのテキスタイル博物館に展示された野中幾美の骨董イーネオヤコレクション一部の展示(7月13日・14日)、オヤを中心としたトルコの可愛いハンドメイド品の展示・販売、イーネオヤ初心者のためのワークショップ、野中幾美のスライドによるお話会など。

私のお話会の日時、お申込み方法は以下の通りです。
タイトル:「おばあちゃんの贈り物」



日時:7月13日(土)14:00-15:30
内容:イーネオヤとはなんぞや、その種類、地域ごとの特徴、過去と現在の状況などをトルコの風景を交えてお話します。トルコの村の女性たちの生活文化などに興味ある方もぜひどうそ~。
料金:2500円(ワンドリンク付き)
申込方法:instagramの@good_day_mori のDM
e-mail goodday_kagoshima@gmail.com
TEL 099-248-9931 

短い時間ですが九州のオヤファン、手芸好きさん、トルコ好きのみなさまにお会いできることを楽しみにしておりま~す。

-------------------------------
【お知らせ:その2】
トルコ・トカットの木版バスク展」

日時:7月20日(土)-9月1日(日)、9:00-21:00
会場:生活工房ギャラリー3F
内容:トカットで600年の歴史を持つ伝統的なブロックプリントを紹介。かつてトカットで作られた代表的なモデルのバスク、ヤズマなど野中幾美のコレクション展示、トークイベント、ワークショップ、ギャラリートークなど。販売もあります。



トークイベント「バスクの故郷・トカット~門外不出の伝統工芸」
日時:8月3日(土)14:00-15:30
料金:500円(お茶付き)
申込方法:電話(03‒5432‒1543)か、サイトの申込フォームにて生活工房まで。

トークイベント、ワークショップ共に募集はすでに始まっています。
詳しくは生活工房さんのサイトをご覧ください。

生活工房さんで2012年6月24日ー7月22日に7つの海と手しごとシリーズで「地中海とトルコのイーネオヤ」の展示が行われましたが、イーネオヤがついている柄の入ったコットンスカーフがヤズマです。1970年代に機械プリントが導入される以前は、1枚1枚極薄の布に手作業で木版を押して作られていました。とても複雑で繊細な作業です。伝統デザイン、バスクの5種のテクニック、歴史的背景などを実際の作業風景やトカットの人々の生活を交えながら紹介していきます。

-------------------------------
【お知らせ:その3】

「トルコの手仕事展」
日時:7月26日(金)ー8月19日(月)10:30-19:00
場所:かまわぬ浅草店2階



■オープニングレセプション+スライドショー
7月26日(金)18:30-20:30(お申込み不要)
■トークイベント「トルコの伝統手工芸を訪ねて」
8月2日(金)19:00-20:00(要予約)
■トークイベント「エフェオヤとアイドゥンの大きなオヤ」
8月9日(金)19:00-20:00(要予約)

トークイベント参加費:各1000円+税(ドリンク付き)
トークイベント申込:7月2日より店頭または電話(03-6231-6466)

キリム、バスク、イーネオヤ、手編み靴下などトルコの手工芸品を展示、販売します。
会期中にはイーネオヤやバスクのワークショップもあります。
ワークショップに付きましては以下のリンクに詳細がありますのでご覧ください。

イーネオヤ(平尾直美先生) → 
木版バスク(ブロックプリント)(バスク屋さん) → 
-------------------------------
【お知らせ:その4】
第10回オヤを編む会~お茶会編

日時:8月11日(日)10:00-17:00(時間内の出入り自由)
場所:JR神田駅 徒歩3分 (お申し込みの方に会場をお知らせします)
料金:2500円(会場費、トルコのお茶とおやつ付き)

内容:定例のオヤを編む会に野中幾美が初めてお邪魔します。オヤを編む会には先生はいません。参加者同士で教え合ったり情報交換したり自由にオヤを編む集まりです。オヤを編むことに興味ある人なら未経験者でも初心者でも歓迎してくれます。これを機会にオヤを始めてみたい方はぜひ~!トルコのお菓子を用意します。トルコのお話、オヤのお話をしませんか?
午後に平尾直美先生もお顔出ししてくれるそうです~!!

申込方法:ブログの非公開コメントに連絡
もしくはオヤマニアの会メールアドレスまでお申し込みください。
oyamania2017@gmail.com
(※現在、キャンセル待ちです)

-------------------------------
【お知らせ:その5】
マルディンのミディヤト近郊の村にこの地で有名なイーネオヤ(ぬい針で作るドイリー)の修行に出かけます。日程は9月14日アンタルヤ空港集合、もしくは17日マルディン空港集合、24日アンタルヤ空港解散です(日程は確定)。費用分担のための同行者募集です。クルマの都合であと1名程度可能です。興味のある方はご連絡ください。

-------------------------------
【お知らせ:その6】
次回のキリム展は10月10日から清澄白河のBaharさんで開催予定です。
Baharセレクトの可愛いくてレアな織物で埋め尽くされた空間をお楽しみにしていてください。

また来年5月下旬にはアイシェの村で伝統の絨毯織りを体験するツアーを企画中。
ウール糸をキリマンで紡ぎ、村で植物採集をして草木染め、そしてアイシェのお家でのベランダに設置された機で各自の絨毯を織りあげて持ち帰ります。
興味のある方がいましたらまずは日程の調整を、そして機会があればBaharさんに参加の意思をお伝えくださいね。10月のキリム展で改めてご紹介があると思います。

-------------------------------
【お知らせ:その7】
エラズーの近郊の村にこの地の特徴的なイーネオヤを習いに行く予定です。
同行者募集しています。予定では来年の4月~6月頃を考えています。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  June 29, 2019 07:55:51 PM
June 14, 2019
いよいよ解禁。
世田谷文化情報センター生活工房さんでのトカットの木版バスク展のお知らせです。





主  催:公益財団法人せたがや文化財団 生活工房
特別協力:野中幾美
協  力:株式会社かまわぬ
後  援:駐日トルコ共和国大使館/日本・トルコ協会/日本トルコ文化協会/世田谷区/世田谷区教育委員会

バスクってバスク地方じゃないですよ~。
トルコ語で印刷、プリントの意味。
木版で製作されたプリントだから、木版バスク(日本語混合トルコ語!?)のことです。
セルチュクーオスマン帝国時代のシルクロードの重要な交易地であった黒海地方のトカットに今なお伝わるブロックプリントの技術を、代表的な木版パターンの古い作品とともに紹介します。
トルコのイーネオヤとも縁の深い伝統工芸です。

木版バスクのヤズマもたくさん並びます。
ちなみに古いヤズマを集めると、自然と古いイーネオヤが付いてくるので、ヤズマと共にイーネオヤも楽しめる展示になっています。
トルコの伝統のブロックプリントはどんなものか・・・実際にご覧になってみてください。

7月20日ー9月1日の会期中には講演会、ワークショップもあります。お席に限りがありますので以下のリンクでお申込み方法、締め切り日などをチェックしておいてくださいね~♡


トルコ・トカットの木版バスク展
https://www.setagaya-ldc.net/program/455/

※講演会、ワークショップ、ギャラリートークの日はその前後の時間も含めて在廊しますので、ぜひ会いに来てください。お待ちしておりま~す。

-------------------------------
【お知らせ:その1】
九州・鹿児島市内でイーネオヤのイベントが行われます。

「ちいさなトルコバザール」
日時:7月13日(土)ー17日(水)
会場:Good day 加冶屋店2F
内容:ブルサのテキスタイル博物館に展示された野中幾美の骨董イーネオヤコレクション一部の展示(7月13日・14日)、オヤを中心としたトルコの可愛いハンドメイド品の展示・販売、イーネオヤ初心者のためのワークショップ、野中幾美のスライドによるお話会など。

私のお話会の日時、お申込み方法は以下の通りです。
タイトル:「おばあちゃんの贈り物」
日時:7月13日(土)14:00-15:30
内容:イーネオヤとはなんぞや、その種類、地域ごとの特徴、過去と現在の状況などをトルコの風景を交えてお話します。トルコの村の女性たちの生活文化などに興味ある方もぜひどうそ~。
料金:2500円(ワンドリンク付き)
申込方法:instagramの@good_day_mori のDM
e-mail goodday_kagoshima@gmail.com
TEL 099-248-9931 

短い時間ですが九州のオヤファン、手芸好きさん、トルコ好きのみなさまにお会いできることを楽しみにしておりま~す。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  June 21, 2019 12:59:13 AM
April 30, 2019
鹿児島市内で開催されるイーネオヤイベントで90分のおはなし会をします。

■おはなし会■
日時:2019年7月13日(土)14:00-15:30
場所:Goodday加冶屋店 鹿児島市加冶屋町5-12
お問合せ・お申込み:099-248-9931(担当、森さん)

テーマを何にしようかと迷いましたが、イーネオヤがあまり認知されていない地域だというお話から、トルコの地域別、テクニック別、用途別、エフェオヤまでイーネオヤ全般のお話と各地のイーネオヤの作り手との交流、おばあちゃんからお母さんへ、そして娘へと伝えられてきたこの伝統手芸、過去から未来への私の思うことなどを、各地の特徴あるイーネオヤの画像と共にご紹介したいと思っています。




まだ2か月以上も先の話なのですが、場所が鹿児島だということ、日程がちょうど連休中だということを考えて、今から予定を入れてもらえるよう、早めのお知らせです。
鹿児島近隣の方はもちろんですが、遠くにお住まいの方も鹿児島観光と合わせていかがですか?
夏なので鹿児島市発祥の氷菓「白くま」楽しみですねー。

イベントのお知らせは、令和元年5月1日発売の日本ヴォーグ社「毛糸だま182夏号」にも「オヤフェス九州」として掲載していただいています。




ウェディング特集 指輪

イベントは7月13日(土)ー17日(水)11:00-17:00
アンティークイーネオヤコレクション展示(13日-14日)、おはなし会(13日)、ワークショップ(13日-15日)、販売(13日-17日)。
お問合せ等は上記、Goodday加冶屋店さんまで~!!

※今年の夏は日本滞在期間が私にしたらかなり長いので、おはなし会(講演)などのご要望がありましたら、日本全国どこでも行きますので早めにご連絡くださいね。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  June 21, 2019 01:03:20 AM
April 2, 2019
エフェオヤはエフェが身に着けたオヤのこと。
エフェやその家族に贈られたオヤのこと。

そしてエフェっていうのは簡単に言えば、18-19世紀には地方の悪代官に対峙した、元遊牧民たちで結成された反乱軍のリーダー。
その後は山間部での戦闘に長けていることから政府軍に組み込まれギリシャ軍と戦った英雄。
共和国になってギリシャとの戦いも終焉し、実質的に存在しなくなったけれど、その名称は代々受け継がれ、最後のエフェも何年か前に亡くなったらしい。




数年前にアイドゥンからナージリリの戦地となった場所に通い、エフェの孫や子孫にあたる人たちと知り合って、幼かった彼ら彼女らが思い出す当時の話を聞いた。
アイドゥンのボリューミーな立体的なイーネオヤの作り手も見つけた。
アイドゥンのイーネオヤの伝統と文化をもっと深く知りたいと思いつつ、他の仕事に追われて話はそのままで終わってしまっていた。




今回、以前通った地域とは反対側の山間部のエフェの村でかつてエフェオヤが実際に作られ、今なお結婚の持参品として作る女性たちがいるという話を聞いた。
私が持っている古いエフェオヤもその近郊の村々から出たものがいくつかある。




村はあまり裕福ではなく、私たちが宿泊できるような環境はないけれど、村人たちは驚くほどピュアである。




村の女性たちは小柄な人が多い。
小さい可愛らしいおばあちゃんがたくさんいる。




そのおばあちゃんたちに合わせたように、ここで飼育されている牛もミニミニサイズで可愛い。




この村でもシルクが手に入らなくなり、長い期間人工シルク糸などの化繊糸でエフェオヤを作ってきたそうです。
以前はアイドゥンでも養蚕が行われシルク糸が手に入りましたが、現在は皆無です。とりあえずはブルサのシルク糸を渡して、今後はシルクでエフェオヤを作ることを再開してもらおうと考えています。




このエフェの村に通って、彼女たちの日常を垣間見ながら、一緒にエフェオヤを習いませんか? という同行者募集のお知らせです。
実際にエフェが暮らし、その子孫たちが伝統を今日まで繋いできた山間の村で、エフェオヤのモチーフ名や言われなどのお話を聞きながら、女性たちとエフェオヤを作りたいと思います。

今春は私自身がなかなか忙しくて、事前に予定がわからない状態で突発的にしか行けないので同行は難しいと思いますが、他にも行きたいとお申し出の方がいますので秋頃に改めて人数で経費折半で計画しています。

9月中、または10月下旬以降11月上旬辺りでいかがでしょう。
アイドゥンの前後にご希望されればブルサで千本ノックも付けられます。

----------------------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  April 2, 2019 05:36:48 PM
March 12, 2019
温かいアンタルヤへ戻って参りました~。
とはいえ、私にとって日本も十分温かかったです。

トルコへ戻る飛行機の中で食事の後に急にくしゃみの連発。
これはアレルギー始まったな・・・と思った瞬間、目がカユカユ。
そして寝て起きたら視界がとっても狭かったんです。
お岩さん状態です。
大泣きでもしたらこれぐらい瞼が腫れることはあるかもしれませんが、ここ20年ぐらいは大泣きしたことがありませんので、トイレの鏡を見て自分でもびっくり。
入国審査で「パスポートと顔が違う」って言われるかもしれないな・・・と思いながらエスプリの効いた返しを用意していたのに、何も言ってくれなかったので肩透かしです。

さて、戻ってきてゆっくり・・・なんてできないぐらい処理しなくてはいけない仕事が溜まっていて、今順番に片づけているところです。
ちょっと留守をするとこれなので、超零細企業のワンマン社長はつらいです。
しばらくはバタバタしていますが、一日も早く、insutagramに写真載せる余裕が持てるように頑張ります。




ところで、アンタルヤに戻ってきて出勤したら毛糸だまが届いていました。




先日もお知らせしましたが、冒頭のワールドニュースに昨年9月のブルサでのオヤフェスのことを書きましたが、それを見ながら、ブルサでのオヤフェスも楽しかったけど、日本でのオヤフェスも大盛況で本当に本当に楽しかったなあ・・・などと振り返っていました。

今回、驚いたのは日本各地からはもちろん、台湾から毛糸だまで日本でオヤフェス開催の記事を読まれた女性が参加してくれたこと。
本当にうれしいです。
編集部のお話では「オヤフェス、関西で開催の予定はないのですか?」という問い合わせもあったそうです。すごい! 関西でも北海道でも四国でも九州でも場所の提供と運営をしてくださる方がいたら、いつでも喜んで行きましょうー。
「毛糸だま」効果、さすがです。

今年2019年の予定ですが、
5月 トカット調査&取材
5月末~6月上旬 アンタルヤで絨毯キリム修行
6月中旬~7月上旬 ブルサでイーネオヤ千本ノック修行&アイドゥンでエフェオヤ修行
7-8月 九州でイーネオヤイベント
7月20日ー9月1日に都内でトルコのバスクの展示会
7月26日ー8月19日に都内でトルコ手工芸の展示会
8月23日ー25日にトルコ・ギョルジュク市でコレクション展示(予定)
10月上旬 都内でイベント参加(予定)
10月10日ー19日 都内でキリム展示会
10月12日ー14日 都内でイーネオヤイベント

が決定しています。
詳細はそれぞれの主催者様からの発表を待ってからになりますが、今からお時間を空けてお待ちいただけたら幸いです。

というわけで今年は手芸ツアーは時間が取れそうもありませんが、来年はとっておきの面白い「修行」ツアーが企画されそうですよー。お楽しみに~。
(我慢できずにいろいろしゃべってしまう・・・)

----------------------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  March 19, 2019 07:16:44 PM
March 7, 2019
キリム展が3月2日で最終日を迎え、9日間の会期が終了しました。
1週目より、2週目、そして3週目へと、週を追うごとに加速していく感じ・・・トルコの織物に興味を持ち、私のお話を楽しみにしてくれる方々がいること、とっても励みになりました。
2週目までの様子は前回のブログで紹介しています。
わずか3週間でしたが、その間にリピーターさんが多かったことも、うれしい出来事でした。
老体に鞭打った甲斐があったというものです。
お越しになってくださったみなさま、お手伝いしてくれた友人たち、トルコキリム展という機会を与えてくださったバハール店主様に感謝します。


キリム展と並行しての開催となってしまいましたが、3月1日ー3日のオヤフェスも予想以上の大盛況となりました。




初日からたくさんの方にお越しいただき、決して広くない会場ということもありましたが、ほぼ3日間、ぎゅーぎゅーで身動きとれない状態でした。




中に入り切れずお帰りになった方もお見受けしました。せっかく来ていただいたのに本当にごめんなさい。
またあまりにもの混雑ぶりに展示物をゆっくりご覧いただけなかったのでは、とドキドキでした。
私は外に出て、少しでもスペースを空けるようにしましたが、あんまり意味なかったですねえ・・・。




キリム展にもオヤフェスにも掛け持ちしていらしてくださった方がいて、トルコウィーク、いやいやトルコ月間となりました。
トルコに興味を持っていただけるきっかけ作りを少しでも担えたかな、と思っています。




オヤフェスJapan2019を主催したオヤマニアの会は、トルコの文化としてのオヤ紹介をベースにみなさんが楽しんでくれること、自分たちも楽しめることをやろうという趣旨で活動しています。(勝手に代弁しましたが、たぶんそんな感じ・・・)
会と言っても会員はいません、オヤマニアの会の代表お二人に、私が帰国する際は一緒に加わったり、イーネオヤの先生やトルコ手工芸の先生などがテーマごとに参加しています。

最後にオヤフェスJapan2019スタッフで記念撮影。
オヤマニアの会のお二人、関西のpilaring先生、バスク屋さんの成原さと子先生、香川の平尾直美先生です。




持つべきは良い時も悪い時も乗り越えながら長~く続くお友達ですね。
またどこかでみなさんと一緒に楽しいことができますように!

オヤフェスの詳細はオヤマニアの会さんのブログ「オヤマニアの会~トルコ伝統の手工芸オヤ~」でご覧ください。

では、次回はアンタルヤでお会いしましょう!

----------------------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  March 10, 2019 06:54:56 PM
February 20, 2019
トルコ遊牧民の織物キリム、今昔(いまむかし)展、いよいよ今週が最終週になります。

※展示は28日(木)ー3月2日(土)の13:00-18:00です。
日、月、火、水曜日はお休みですのでご注意ください。





1週目はおかげさまで毎日が品薄状態で、「社長!隙間を埋めてくださーい」のバハール店主の叫びに応えて、日々追加のために、早帰宅、倉庫かき回して、梱包したり、特大サイズのスーツケースで手持ちしたり。まるで筋トレのジム通いのようでした(笑)。

そして2週目。
その勢いは衰えることなく・・・それどころか加速して、隠し持っていたものもすっかり出してしまいました。15-20年の間、売らずに大事に持っていたものですが、それぞれにとても愛されてお嫁入りしていきましたので、このまま仕舞われておくよりも、よかったのだと思います。

1枚、1枚ご説明しながら、お客様がそれを選ぶ様子に、これらを手に入れた23年間の絨毯屋としての日々を密かに思い出しておりました。(今も絨毯屋なんですけど・・・)
トルコも変わったし、絨毯業界の状況も変わったし、手に入るものも変わったし、欧米、日本の昔のお馴染みさんたちは年を取り、私も年を取りました。

初めて触れるトルコの織物に、たくさんの方が興味を持ってくれたこと、絨毯、キリムに詳しい方がこんなの見たことない、と言ってくれたこと、今になってトルコで絨毯屋やっていてよかったなあ、昔、絨毯、キリム集めてよかったなあ・・・と改めて感じることができる機会を、みなさまにいただきましたこと、心から感謝しております。

2週目の締めくくりはトークイベント「トルコに伝わるキリムとワインの会」。







満員御礼、スライドと現物に触ってもらいながら、トルコの織物について、織物の種類、織り方、用途、糸、染め、織りなどについて、ざっと説明させてもらいました。







限られた時間でのお話ですので、これらは第1歩に過ぎませんが、また機会があれば、さらにテーマを絞ってお話していけたらと思っています。

3週目である最終週が28日(木)からスタートします。
泣いても笑ってもあと3日間。
イベントが終われば私はトルコへ戻ります。
思い残しはないですか? また飛び切りを追加しましたので、一度いらした方もぜひご覧になりにお立ち寄りくださいね。
バハール店主様がキリムと絨毯に囲まれた素敵な空間を作ってみなさまのお越しをお待ちしていますよ。

Bahar(バハール)さんは清澄白河のfukadaso2階203です。
1階はfukadaso cafeです。

会場 Bahar(バハール)
東京都江東区平野1-9-7 fukadaso 203
tel.03-3630-3670
清澄白河駅A3出口より徒歩5分

-----------------------------------------------------------------------
今週は「オヤフェスJapan2019」も開催されます。
日時:3月1日(金)ー3日(日)
場所:西荻窪HAPAHAPAさん
主催:オヤマニアの会

私は3日間、12:30-13:00の間にギャラリートークを行います。
昨年9月に行われた本場オヤフェスの会場の様子をテーマごとにご覧いただき、解説します。
ギャラリートークのお席はまだございますので、興味を持たれた方は当日、スタッフにお申し出ください。



2018年にブルサで開催された「国際シルクオヤフェスティバル」の会場の様子と実際に展示されたイーネオヤを見ながら、野中幾美が解説します。
トルコのコレクターたちがどんなものを集めているのか、おそらくトルコ現地に行っても目にすることまずないだろう古いオヤたちの数々をご覧いただきます。

3月1日(金)12:30-13:00 トルコのコレクターたちのイーネオヤ
★平尾直美先生が再現されたかなり変わった形のイーネオヤ作品が当日展示されると思いますが、そのオリジナル品が映像に登場します。コレクターさんたち、暮らす地域が異なると集められるものも異なる。日本に紹介されていないタイプの骨董イーネオヤを見ることができます。

3月2日(土)12:30ー13:00 シュンネットヤタウ(割礼式のベット)とブルサのオヤ
★オスマン帝国の最初の首都であり、シルクの町に相応しい繊細で上品なイーネオヤが見られるブルサ。ムシュクレ村の割礼の装飾ベットの伝統と、宮殿と庶民の手仕事の違いについて解説をします。

3月3日(日)12:30-13:00 野中幾美コレクションと日本人作品の展示の様子
★代表的な各地のイーネオヤを展示しました。形態や素材、文化的背景を含めたその違いについてのお話。さらにはエフェオヤについて。そして日本人のみなさまの作品ご紹介。次回の出展に向けて参考にしてみてください。

〇費用 各回1500円
〇募集人数 各回15名程度

希望日、お名前、電話番号、当日連絡がとれるメールアドレスの4点を記載してオヤマニアの会さんのメールアドレス ⇒ oyamania2017@gmail.com へお申込みください。

オヤフェスJapan2019の詳細情報はオヤマニアの会のブログをご覧ください。
オヤマニアの会ブログ

またワークショップ、販売などの情報はfacebook、twitter、instagramでも発信していますので、「オヤマニアの会」もしくは「オヤフェスJapan2019」で検索してくださいね。

では次回はそれぞれの会場でお会いしましょー!!

----------------------------------------------------------------------

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  February 26, 2019 08:36:49 PM
このブログでよく読まれている記事

全192件 (192件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.