000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

PR

Profile


mihri-kilim

Calendar

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

全7件 (7件中 1-7件目)

1

トルコの生活・日常

April 16, 2018
XML
チューリップ畑に出かけてきました。
トルコ語でチューリップのことを「ラーレ」と言います。
イーネオヤでもお馴染みのモチーフです。





イスタンブルに行けば、ちょうどチューリップ・フェスティバルの真っ最中ですので、広場や公園などで色とりどりの満開のチューリップを見ることができますが、ミフリ社長は「花壇」も見たいけど、興味があるのはむしろ「畑」・・・・・。
ただそれだけのためだったのですが、1泊2日で約800kmの道のりを走って参りました。





正確にはチューリップの球根を栽培している畑で、もうすぐ花を刈り取って、球根を掘り返す作業が始まります。(今日もすでに作業機械で花を刈り、女性たちが球根を手作業で掘り返している姿がありました。)
今週が花畑として見れる最後のチャンスでしたので、大慌てで出かけたのですが、慌てるといいことないですね。いろいろ準備不足で思ったような写真が撮れずに(スマホで撮った写真が一番まとも、という)ちょっとがっかりする結果になりました。





でも広大で多種多様のチューリップ畑は本当にきれいで、見たこともない種類がたくさんあり、本当に頑張って出かけて行って良かったです。

チューリップ畑の隣には菜の花畑もあり、こちらもきれいに咲いていました。





規模が大きすぎて、うまく表現できなくて申し訳ありませんが、どこまでもどこまでも続く、黄色の海のような風景でした。

さて、5月はウスパルタ・ブルドゥルのダマスクローズ畑を見にいくぞー。
-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  April 16, 2018 05:03:57 AM
July 7, 2017
もう毎日、毎日暑くて~。
家から店への往復、エアコンかけっぱなし。しかも外にはいっさい出ない生活をしています。

さて今度の7月9日(日)にNHKラジオ「ちきゅうラジオ」の「世界のイチメン」のコーナーでトルコの今の話題をお話しすることになりました。
生放送だからドキドキ~。(ノミの心臓だから・・ ← ごめん・・・本当は毛が生えてる)



海外でも視聴できるそうです。
詳しくはちきゅうラジオのサイトをご覧ください。
番組は日本時間の7月9日(日)18:05~18:50。
冒頭の18:09頃から約8分間の登場でーす。

------------------------------------------------------------------------------------------
いよいよ来週からオヤツアーが始まります。
オヤツアーの追加情報などがあれば、直前まで載せていきますので参加される方はチェックしてね。持ち物に関しては忘れても大丈夫ですのでご安心くださいー。

丁子のオヤは丁子、スパンコール、ビーズは用意します。糸と針、そして丁子のオヤをつけるスカーフ、または布をお持ちください。指導してくれる女性のおすすめは、丁子が映える赤かグレーのスカーフ、そして糸はスカーフの色に合わせたものがベスト。自分のセンスで色の組み合わせを考えてももちろんOK。ただし丁子が色落ちする場合もありますので、白のスカーフは一般的には避けた方がいいということでした~。

タウシャンルでのオヤ作りのワイヤーは用意します。
実際に使用するシルクの糸、撚っていない人工シルク糸をご用意ください。
お持ちでない場合は当日、購入できるように多少お持ちします。
また今回の旅では糸撚り器は使うシーンがありませんので不要です。
-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  July 7, 2017 06:00:06 PM
January 15, 2017
在トルコ・アンカラ日本大使館の新年祝賀会のお知らせが来ていますが、アンタルヤからだと、なかなか出かける機会がありません。
そんなところに、アンタルヤに住む日本人のお友達から新年会のお誘い。



いろいろな状況下、帰国されたり、ご家族の事情でトルコを離れた方などがいて、そうでなくても少ないアンタルヤの日本人社会、寂しくなりました。



生春巻き、餃子、鶏の照焼き、アボカドとスモークサーモンのカナッペ、ハタイのオリーブサラダ・・・などなど。
お料理上手なお友達が用意してくれました。
持ち寄りのお料理もあり、ビールとワイン、私はコーラを、食べて飲んで、おしゃべりして、お腹の底から笑って・・・。お腹も心も大満足です。

17:30スタートで気が付いたら21・30。
4時間も話題尽きることなかったです。



最後は黒ゴマプリンとケーキとお茶で〆。

おかげさまで楽しい週末となりました。

トルコ生活に、何も不自由はありません。
でも、こうやって共通の思い出や、わかるわかる・・・とツーカーで頷ける話題でおしゃべりできる日本人のお友達が傍にいることは、とても幸せなことだと感謝しています。



急用で来れなかったもう一人のお友達も含めて、次回は節分パーティーか、バレンタインデーパーティー!?
料理の苦手な私は白飯炊いて持っていきますよー。


ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村


手芸(その他・全般) ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  January 15, 2017 07:55:46 AM
January 5, 2017
新年あけましておめでとうございます。

虎の穴を早々に引き上げたのには理由があって。
年末から年始にかけて日本からお友達が来ることになっていたからです。
おかげさまで、もうこれでもかー、ってぐらい濃密な時間を過ごしました。
ほぼオヤ尽くしの日々でしたけど。
オヤで過ごした濃密な時間の話はまたのちほど・・・・・。

さて、今回お友達が日本から直接アンタルヤに遊びにきた経緯はというと・・・。

遡ること4か月前、昨年の9月に友人であるブライダルプランナーの森りかさんと四ツ谷のアマルフィーの主催で「トルコワインの会」が開催されました。
ここで私はスライドや映像とともに、アンタルヤのお話をさせていただきました。
その日のうちに参加されていたお二人から「アンタルヤに行きたーい」という話が出て、「いつでもどうぞー」と、あれよあれよとチケットとホテルが決まって。
お友達のご主人と3人でアンタルヤに遊びにきてくれたのです。

このお二人、夏にも旅工房さんのオヤツアーとキュタフュヤ・オヤ旅で来たばかり。
そして年末年始にはアンタルヤ。
いろいろな出来事があるなか、なんの躊躇もなく来てくれて、本当にありがたいです。
非公認観光大使(!?)としてアンタルヤに来てよかった、楽しかったーと思ってもらえるよう、できるだけのことはしたいという気持ちでその日を迎えました。



ホテルの予約の際に大晦日は年越しパーティーへの参加も申し込んでもらいました。
普通は「外国人用」会場なのですが、今回は普通と違うことを体験しよう・・と「トルコ人用」会場を選択しました。
私たち家族もそれに合わせて宿泊とパーティーを予約しました。


年越しパーティーのスタートは大晦日の20時。
実は前日から当日の大晦日にかけて女性陣はオヤの故郷にちょっとお出かけしていて、雪と氷の強行軍からの帰還から数時間後だったので相当つかれていたはずなのですが、おしゃれしてみんなで会場へ。
会場はトルコ人用だけでも最初の席数からさらに増えて約1200人ほど。
壁際の席を取ったつもりが、後方にもテーブルが2列ほど新たに設置されてました。



フルコースの食事、終わりのない大音響の演奏と歌。
ダンス、ダンス、ダンス・・・・。
いつもなら踊りまくるところですが、眠たくてダンスにも立てませんでした。
でも2017年になる瞬間だけでも体験しようと、みんなで眠い目をこすりこすり頑張りました。



眠かったのですが、カウントダウンの10分前ぐらいから事前に配られていたキラキラ帽子を被って、気持ちはだけは盛り上がりー。
たいして飲んでいないのに、雰囲気だけで酔っ払い状態です。




2017年をこんな風にお友達と家族と一緒に迎えることができて感謝です。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の目標。
まずは筋トレしにジムに行きます。

2017年新春掘出し物市 絶賛開催中!!

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村


手芸(その他・全般) ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
2017






Last updated  January 5, 2017 06:25:35 AM
October 10, 2016
日本国籍の私と息子はトルコに滞在するために、ikamet izni(滞在許可)を取得しています。
会社の経営者で就労者の私は「就労ビザ」に伴う「滞在許可」。
学生である息子は未就学時には「家族ビザ」、小学校以降は「就学ビザ」を延長しながら生活しています。

私は1995年からikametを取得していますから今年で22年間、息子など生まれたときからアンタルヤですから17年間になります。

もう長くなりましたので、取得に関しては特に何もありませんが、この間にもいろいろ法律が変わって取得の条件や取得方法などにも変化があり、戸惑うこともいろいろあります。
もちろん調べればどこかには書いてあるし、問い合わせれば返答がもらえますので、結果的には解決できていますけど・・・。

現在はある意味、一番簡易化、システム化されているのかと思います。
過去に遡れば、申請書と証明写真とパスポートのコピーと滞在期間に見合うお金持っている証明書だけ持っていけば済んだのですが、行ったり来たり、窓口の長蛇の列で待ち続けるという面倒もありましたので、インターネットで申請できて、書類を送るだけ・・・というのはありがたいです。

でもその反面、直接パスポートを見せることができないので、パスポートのノテル(公証役場)の認証が必要だったり、そしてノテルで認証してもらうためには(トルコ語訳は必要ないけど)公認翻訳者によるパスポートのトルコ語訳が必須で、その他の書類にも費用がかなりかかります。

さて話は変わって、このikametと保険の関係についてです。
昔はikametを取るときに保険に加入していることは絶対条件ではありませんでした。
ところがある日から短期滞在でもその期間中は健康保険に加入していることが条件として提示されるようになりました。(18歳未満と65歳以上はこの条件が免除されます)

私自身は会社の経営者であるために加入しなければならない「バークル」(経営者の厚生健康保険)に入っていますので、年金と健康保険が掛けられています。
息子も私の扶養としてバークルが利用できますので、別途保険に加入する必要はありません。

これは就労ビザでなくても、例えば旦那さんが会社勤めや経営者で厚生健康保険の加入者であれば(トルコ国籍でも外国国籍でもトルコの保険に加入していれば)、その家族はSGKに登録することによって被保険者になります。

それ以外の場合は自身がSGKの掛け捨て保険に加入するか、トルコの保険会社のプライベート保険に加入していれば有効です。掛け金はプライベート保険の方が年間費用としては安いので、そちらに加入する方が多いのかと思います。

さて、ここでプライベート保険は期間は加入期間なのでikametの期限とは無関係ですが、SGKの保険については外国人の場合「ikamet期間中のみ有効」というのがあります。
これは保険代を払っていようと関係なく、ikametに記されている期間ごとに延長するシステムです。

ちょっとわかりにくいですが、例えば滞在許可の期間が2015年10月1日~2016年10月1日だとすると、SGKに行って発行されたikametを見せるとそれに基づいて2016年10月1日まで保険が有効になります。
そして滞在の延長許可が出ても申告しにいかないと(アクティワションしてもらいます)保険は2016年10月1日で切れた状態で、病院などに行っても「保険無効だよ」と言われてしまいます。

実費で払えば済むことですが、内容によっては大きな負担になりますし、保険代を払っているのに使えない・・・ではなんだか納得できません。


そういう状況になるのを防ぐために2か月前から申請可能なので早めに申請して、カードを手にSGKに保険期間の延長を届け出たらいいのですが、実際にカードが届くのはいつなのか・・・・こればかりはわかりません。

ikametの延長をする際に、期限以前に申請すれば滞在に関しては全く問題はないのですが、審査、許可が下りてカードが手元に届くまで早くて1週間、時には1か月以上かかることがあります。
都市部では申請しても面談に1か月以上先の予約しか取れない場合だってありますよね。



そんな困った状態を防ぐためにあるのが「Muracaat Belgesi」.。
滞在許可の申請済みでカードが届くを待っている状態です、という証明書です。

以前は申請が受け付けられた時点で、窓口で写真を貼ったサイン入りの用紙としてくれていましたが、今はインターネットの申請ページの最後からプリントすることができます。
「申請費用を支払った領収書を添付した状態で有効」と書いてあります。
でもサインもバーコードもないのでこれで公式書類になるのかなあ・・・と思っていましたが、
特に管轄移民局のサインをした上で有効ともなんとも書いていないので、今回、息子の就学ビザの延長の際に、試しにSGKに持っていってみました。

SGKでは書類を見て、すぐに保険期間の延長をしてくれました。
つまり、これでいいってことですね。

ちなみにこれがあれば滞在許可カードが届くまでは、申請している延長期間内の渡航(ただし15日間以内)もできるそうです。

いろいろな手続きや方法は知っていても、実際にその状況になってみて、初めてこれについてはどうしたらいいの? って思うことがあります。
人任せにしていると「なんでできないの!」って自分にとっての正論を唱えて、文句言って終わりになってしまいがちですが、なにごとも経験・・・です。

今回の例は周知の初歩的なお話しでしたが、壁にぶち当たらないと知らずに終わってしまうこと、調べないから知らないままになってしまうことが意外とたくさんありますねー。

トルコの運転免許書き換えについてもそうです。
昨年からトルコの運転免許が車種によって5-10年の有効期限付きになりました。
それまでなんと無期限。
警察で免許を受け取ったときに「あれっ? 有効期限は? いつ書き換えるの?」と尋ねたら
「死ぬまで使えるよー」と言われました。

ずっと若いままの顔写真のこともあるから10年ごとに書き換えるのはいいことかもしれませんね。
しかも今回からトルコの運転免許証は「国際免許証」になったのですから、国際免許をわざわざ取らなくても(トルコで取得するとめちゃくちゃ高い上に、国際免許って1年間だけ有効だしね)、書き換えさえすればほとんどの国で運転できてしまう。
もちろん日本でも使える。

しかも費用は15TL(約500円)のみ。

それなら私も・・・・って思ったのだけど、日本大使館からご連絡が・・・。
トルコの免許証を書き換えすると自動的に国際免許証になってしまうので、現在のルールでは日本の免許証が無効(取り上げられる)になってしまう・・・・とのこと。
そりゃ困る・・・私の30年以上ゴールド免許が無効になるなんて、それにいつまでトルコで暮らすかわからないし・・・・。
これについて解決策を懸案中なので免許書き換えをもうしばらくしないで待ってください、と。


・・・・ところで5年間以上間を開けずに滞在許可を取得している外国籍の人に、トルコの身分証明証(今の外国人ナンバーだけでカードが公式身分証として使えないやつじゃなくて・・・)と、それに伴う権利(例えば就労と無期限滞在など)を与える・・・といううれしい話はどうなったんでしょう・・? (私の幻聴だったのか?)

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村


手芸(その他・全般) ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  October 10, 2016 06:59:01 PM
June 1, 2014


トルコの人は「マンガル」が大好きである。
犠牲祭のときはもちろん「マンガル」。
何かあると家でも外でも「マンガル」。

お客さんが来た・・・と言っては「マンガル」。
天気が良いから・・・と「マンガル」。

「マンガル」とはトルコ語で「バーベキュー」とでも訳しましょうか。
バーベキューの網に炭火でお肉や野菜を焼いたりするやつ。


庭があるお家は庭で。

P1060695.JPG


マンガルを用意するのも、お肉やパンや飲み物を買いに行くのも、炭を熾すのも、お肉を焼くのも男性の役目。
「手を出すな・・!!」って鍋奉行、もとえマンガル奉行。


女性陣はトマトとキュウリなどを切ってサラダにしてテーブルに並べる。
お皿とフォークの用意も女性か子供たち。


日本も30度を超える猛暑だったようだけど、アンタルヤも十分暑い毎日。
私は今からノースリーブと素足にサンダル。
夏になったらいったい何を着たらいいの・・・・? って思っているのだけど。

トルコの人たちはその辺り、慣れているもので、これからが本番の夏に向けて、例え30度以上の暑さでも、今からあまり薄着はしない。

話が反れてしまったが、夏が来た・・・。
マンガルの季節がやってきた・・・・ってこと。


もっともマンガルしようと言っても、市民は3月ごろから週末になると森や海でマンガルやっているので、実は出遅れているの、私たち。
スタッフのジェンギズとその家族とみんなでマンガルしに行こう、という話になり、8.5人、クルマ2台でララの市民ビーチに行ってきた。もう一人のスタッフのケナンはジムの筋肉仲間と別のビーチに行く約束があったので今回は欠席。お姉さんの旦那さんも断食していたので欠席。
(前置きが長かった・・・・・)


マンガルはジヤが家から持ってきた。我が家のマンガルの2倍あるので一度に焼けるから。
お肉は何でも食べられない私が選んで、牛肉のステーキ用1kg、ラムチョップ1kg、鶏の胸肉1kg、手羽先1kg、牛肉のキョフテ1kg、羊肉の串焼き1パックを買った。
ケナンがいたら、確実にステーキ用肉をあと2kg追加しなければならなかったけど。
パンは焼きたてを5本。
ジェンギズとアルマンは肉屋の隣のスーパーでトマトとキュウリ、オリーブ、白チーズ、ジャム、水、コーラ、ファンタ、使い捨てのコップ、炭などを買っていた。
あとはそれぞれが家からお皿やフォーク、敷物などを用意。


P1060947.JPG


ララビーチでは市民のために、ビーチのすぐ手前にバーベキューができて、テーブルや水場がある憩いの場所を提供している。
かなり広い範囲であるのだけど、比較的ゆっくりだったので、木陰のいいところはほとんど埋まっていた。
木陰を見つけて、敷物を敷いて。
まずは朝食・・・・。


私はいつもこの朝食がいやなんだよね。
できればすぐにマンガル焼いて欲しい・・・・・。

でも起き抜けに肉食えないというみんなの意見も一理あるので、まずは朝食。

トマトときゅうりを女性たちが、まな板も使わず器用にカット。
チーズやオリーブやジャムも並べる。
チャイポットを忘れてきたので、家から持ってきたポットに入っているだけのチャイをみんなでわけて飲む。


P1060928.JPG


とりあえず、これでお腹を満たして、普通はビーチに泳ぎに行ったりするわけだけど、大人は面倒臭がり屋ばかりで、子供たち3人だけが海に入りに行った。
私とジェンギズはお供でビーチへ。

他の大人はお昼寝したり、ボールで遊んでいたり、何だかよくわからないけどじゃれていたり。


P1060993.JPG


私もバリバリ泳ぐつもりで水着持ってきていたのだけど、実はプールはいいけど、海はあまり好きじゃない。
濡れたあとが面倒なんだもん。
砂つくし・・・。



で、そろそろマンガル始まるかな・・・・ってころに戻る。
マンガル奉行は毎度、ジヤの役目。

P1060954.JPG

子供たちと弟のジェンギズに炭の熾し方について講義している・・・?


P1060963.JPG


今回、結構たっぷりの炭があったので、一度にたくさん焼けました。

P1060964.JPG


P1060980.JPG


私は20代のころはアウトドア派だったので(今じゃ考えられない・・・面倒臭い)
キャンプもバーベキューもよくやった。
だから日本式にはバーベキュー焼いているそばから食べていきたいのだけど、人数多いし、みんなで食卓を囲んで一緒にいただきます・・・が原則なので、焼けたものは容器に入れて冷めないように保管する。

でも、私は焼けているそばからつまみ食い。

P1060974.JPG

食事が始まる前にお腹いっぱいになってしまった。


周囲を見ると、串にお肉や野菜を刺して焼いていたり、肉だけのところ、野菜も一緒に焼いているところなど、いろいろ。
お家からお母さんが作ったボレキやポアチャ、サイドメニューを持ってきているところもあった。


朝買ったコーラとかファンタがすっかり温かくなっていたので、ビーチの売店でロックアイスを買ったのだけど、そういえば家にクーラーボックスとかあったのだよね。
うっかり忘れていた。


それでもみんなでワイワイ、ガヤガヤ食べるのって楽しいね。

P1060987.JPG


前日の夜は私の誕生日に、みんなで海辺のシーフードレストランでお祝いしてくれたし。
この日はこの日で日長マンガルパーティー。


それにしてもマンガルって楽しいね~。
男性陣が準備から後片付けまでやってくれるから。
私はいつも何もしないでラクさせてもらってます。
感謝。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村


手芸(その他・全般) ブログランキングへ







Last updated  June 1, 2014 07:30:11 AM
March 23, 2014

来週の日曜日、30日はトルコの統一地方選挙の日。
宣伝カーがガンガン音楽をかけ、各PRを叫んでいる。


お休みの今日、日曜日。
温かいし、フルン(町のパン屋)で焼き立てのパンと飲み物を買って、コンヤアルトゥ海岸にお昼寝しに行った。曇り空なのでパラソルも必要なく、風もないので寒くなくとても気持ちがよい一日。
コンヤアルトゥ海岸はアンタルヤの中心部から町はずれまで続く、長いビーチである。



行ってみると、たくさんの市民が家族連れで同じように遊びに来ている。
それぞれに家から用意してきたお茶を飲んだり、寝転がったり。


P1040620 [1600x1200].JPG


と、そこへ海の方から何やら音楽が聞こえて来る。

政党の名前を掲げた豪華クルーザーの集団。

ビーチにいた人たちも否応がなしに見る。
宣伝もここまでやるか・・・・と笑って眺めている。


P1040624 [1600x1200].JPG


それが過ぎると、今度はエンジン付きのパラグライダー。
パラモトルが飛んできた。


ここら辺でパラモトル乗っている人がいるんだあ・・・・などど眺めていたら、何やら垂れ幕のようなものが出てきた・・・・・。

P1040631 [1600x1200].JPG


なんとクルーザーとは別の政党の候補者名が入った宣伝である。
ビーチ沿いを市民の頭の上ギリギリに飛んでいくものだから、やはり否応がなしにも見てしまう。

30日の選挙日。
その前後に地方出張中の予定だが、弊社のスタッフも投票しに行かなければならないので、30日にはアンタルヤに戻る予定でいる。
もちろんトルコ国籍のない私には投票権はないので自由であるけど。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村


手芸(その他・全般) ブログランキングへ







Last updated  March 29, 2014 05:50:56 AM
このブログでよく読まれている記事

全7件 (7件中 1-7件目)

1


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.