471960 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

PR

Profile


mihri-kilim

Calendar

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

オヤ旅&ツアー報告

November 10, 2018
XML
16日間に渡る2018年秋の修行旅が「とりあえず」終わりました。
今回のテーマはトカットのイーネオヤとバスクでした。

イーネオヤについてはちょこっとだけ様子をご報告しましたが、バスクに関してはこれが終わりであり、始まりになってしまいそうです。




残り少ない人生、イーネオヤはブルサのテキスタイル博物館でのコレクション展示での評価で自分の中では大満足しましたので、次はバスクと靴下コレクションをなんとか形にしたいという気持ちがあります。

古いイーネオヤをコレクションしたおかげで、そこからの興味でそれなりの木版ハンドプリントのヤズマコレクションを持っています。

バスク布自体はトカットのものもあれば、バルケシール、カスタモヌ、ブルサ、ビレジッキ、イズミールなどの様々な地域のものを持っていますが、イーネオヤのついたヤズマの稀少なデザインものに限定して言えば、その多くが20世紀初頭にイスタンブルの職人さん、工房で製作でされたものです。

極薄の今にも破れてしまいそうな繊細なコットンの布に、今のようにプリント機械やシルクスクリーン技術が導入されていない時代は1枚1枚手作りでデザインが描かれました。
中には特別に作られた本当の1点ものもあるかもしれません。
それほど普通では見かけない特別なデザインのヤズマもあります。

いままでは集めて自己満足で終わっていましたが、それではいけないと感じました。
これらをどうやったら有効活用できるのか。
真面目に考えたいと思います。

そして自分の手持ちのものを見ているうちに沸き上がった昔ながらの製法の技術的なことへの興味と疑問。各地のモチーフの遍歴など。
自分の中で解決されていない部分を穴埋めしていけたらなと思っています。

でもわかっているんですよ。
イーネオヤと同じで知れば知るほど、調べれば調べるほど、ゴールが遠ざかるだけで収拾がつかなくなること。
そして昔の、本来のことを知っている人たちがほとんどいなく、しかも(現在ですら)門外不出の技術のため、記録として残っていないこと。
女性たちの日常の生活の中にあったイーネオヤとはまた別の意味で難しいテーマです。

私は集めたり、調べたりはしますが、イーネオヤ同様、実技には一切手を出さないことをポリシーとしています。それには自分なりの理由がありますが、断るばかりではノリが悪いので今回は木版を押してみました~。




昔の技法で染料を作る化学実験(!?)の合間に適当に押しただけですが、これはこれでいいじゃない?
薄い緑色の染料が熱で黒く変化するものです。

見えなかったものが時間とともに見えてくる面白さ・・・私の興味もそんなところですかね。

-------------------------------
ブルサ市主催「国際シルクオヤフェスティバル」のイベントは終わりましたが、コレクション展示、日本人作家さん、愛好家さんのオヤ作品の一部は、11月末日までブルサ市のメリノス・テキスタイル・サナイ博物館で続けて展示されていますので、イベント期間中にいらっしゃれなかった方もぜひ見に行ってみてくださいね。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  November 10, 2018 02:41:16 PM
October 31, 2018
引き続きトカットにいます。
今日はトカットの市民講座のイーネオヤクラスに参加しました。

アンタルヤではアスメック、イスタンブルではイスメック、ブルサではブスメックに相当する市民のための無料講座で、その中でも女性のために開かれたものです。




画像は県庁に飾られている先生の作品です。

授業は朝の9時から16時まで。
生徒さんは家庭の主婦がほとんどですので、お子さんの学校のお迎えや、お昼飯の用意のために一旦お家に帰る人もいて、家庭の都合に合わせて出入りできます。

面白いことに、ここでもイーネオヤはお教室で初めて習った・・・という女性が多く、趣味として、または作品は市のショップでも販売しているので、現金収入を得ることを目的に頑張っている方もいました。




課題は個人のレベルによってそれぞれで、スカーフの縁かがりをしている人もいれば、立体のブローチサイズのお花を作っている人、お祈り用のスカーフを編んでいる人・・・と様々です。
先生はほぼ個々に対応する形で授業が進められていきます。




最後に残った生徒さんで記念撮影をしたので人数が少ないですが、実はかなりたくさんの生徒さんが通っていました。


さて、今日、先生に習ったイーネオヤモチーフのひとつです。
テグスや糸を巻いた導線の代わりに蝋でコーティングされた糸を芯に使って作ります。
弾力があって、形が整えやすいです。



(残り:白1、生成り1、濃い緑1、赤0、薄い赤1、ピンク1、水色1)

たぶん、日本でも同じようなものが手に入る手芸材料だとは思いますが、トカットでは花びらなど大きめのモチーフのイーネオヤの芯にデグスではなくこれを使っていると言う参考までに、欲しい方がいましたら色を指定の上、ご連絡ください。早いモノ勝ちです。画像にあるだけです。ちなみに小さなモチーフやシルクのオヤには糸を芯にしています。

-------------------------------
ブルサ市主催「国際シルクオヤフェスティバル」のイベントは終わりましたが、コレクション展示、日本人作家さん、愛好家さんのオヤ作品の一部は、11月末日までブルサ市のメリノス・テキスタイル・サナイ博物館で続けて展示されていますので、イベント期間中にいらっしゃれなかった方もぜひ見に行ってみてくださいね。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  October 31, 2018 12:10:11 PM
October 29, 2018
トカットに来ています。
お天気にも恵まれ、想定以上の過ごしやすい気候です。

ブルサでイーネオヤの千本ノックをやったばかりですが、ここでもトカット特有で伝統的な「嫁入りになくてはならないイーネオヤ」たちの千本ノックが始まりました。
千本ノックの名付け親Hさんは本当にうまいこと、この呼び名を付けてくれたと思いますが、トカットでは次から次へと繰り出される見慣れないモチーフの数々に、まさにノックされ続けです。




ここトカットでも嫁入りの伝統は続いています。
大きなオヤは少なくとも7、8枚はチェイズに入れなければなりません。
自分で作れなければ、作れる人に頼みます。

そして部屋中を飾る嫁入り持参品の展示も行われます。
もちろんその風習は近代化につれて、少しずつ減ってはいますが、自分の嫁入りの際にイーネオヤを持参した世代のお母さんやおばあちゃんたちは、娘や孫たちの結婚のために作り貯め続けているのです。

トカットの伝統的なイーネオヤの作り手でもある先生が一人しかいないため、なかなか広く紹介されるに至りませんが、今まで見てきた地方にはないタイプのものも多く、おそらくイーネオヤを作る人にとっては興味引かれるモチーフがあるかと思います。

今回はしっかり下地を作っていきますので、次の機会のトカット千本ノックでは皆様の参加をぜひお待ちしております。

-------------------------------
ブルサ市主催「国際シルクオヤフェスティバル」のイベントは終わりましたが、コレクション展示、日本人作家さん、愛好家さんのオヤ作品の一部は、11月末日までブルサ市のメリノス・テキスタイル・サナイ博物館で続けて展示されていますので、イベント期間中にいらっしゃれなかった方もぜひ見に行ってみてくださいね。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  October 31, 2018 11:23:57 AM
April 20, 2018
トルコでの「ウズベキスタンのスザーニ修行ツアー」が無事終了しました。
今回、急な募集にも関わらず、6名様が参加され、賑やかで楽しい旅になりました。
みなさま、大変お疲れ様でしたー。




トルコでウズベキスタン? と思われることでしょう。
もちろんウズベキスタンのものはウズベキスタンで習うのが一番ですよね。
でも今回、意図的にトルコで行ったのにはいくつか理由があります。

1、トルコは周辺国の中では最大の観光国です。
中央アジアの手仕事もソビエト崩壊後に、トルコへ大量に流れてきました。
(それで私もたくさん手に入れることができました)
また中央アジアの人たちが仕事でイスタンブールに進出してきているので、中央アジアの素晴らしい手仕事を短時間で効率よく見るのに最適。

2.先生はトルコ滞在が長いため、トルコ語で意思疎通が可能。
ロシア語もウズベキ語もペルシャ語もわからない私にとっては安心の箇所。
言葉って大切です。
もしウズベキスタンに行って、トルコ語なり、英語なり、日本語なりの通訳を入れたとしても、通訳者本人がハイレベルで通訳できて、その手芸のことや、関連情報を理解していないと、知りたいことが知れないのは過去にも経験済みだから、この部分は特に重視。

3.私自身が慣れ親しんで、周辺環境、生活文化などがわかっている場所だからこそ、短期間での講習、観光、お買い物のご案内などが可能。さらに先生のお家で講習をしたので、毎日ウズベクの家庭料理を味わうことができる。

・・・・なんてことを考えた今回のツアーですが、いずれは先生のツテをあてにして、ウズベキスタンでも現地の様子を見てきたいと計画しています。

また7月のオヤツアーとカップリングで、シルクの町、古都ブルサで本格的に習うオットマン刺繍の講習会、ウズベク料理を楽しみながらスザーニ刺繍のウズベキ人講師によるさらに進化したスザーニ修行第2弾を、もし希望される方がいればの話ですが、計画する予定でいます。
オヤツアーが6名催行なので、もちろん最低それぐらいの希望者がいたら・・・のお話ではありますが・・・。

A:オットマン刺繍(テルクルマ、シムサルマ、シルク刺繍の技法とその組み合わせによるオットマンモチーフ製作講習)

B:オヤツアー(オデミシュで馬の尻尾の毛を使ったエフェオヤまたは祈祷用レース、タウシャンルでチティオヤ、ブルサで伝統的な小さな小さなシルクのイーネオヤまたは馬の尻尾の毛を使ったエフェオヤ講習) お知らせ済み。詳細は → 

C:ウズベク刺繍(ウズベク人講師によるスザーニのいくつかの技法とモチーフ作り)
ウズベク人家庭でウズベク家庭料理付き講習会。先生は今回の先生と別の方をお呼びします。

A+B
B+C
A+B+C 
もしくはA、B、Cのいずれか。
3つのツアーですが 通しですので全部に参加しても1回の飛行機代で済むのでお得感がたっぷりです。
また私のツアーの特徴は、技法を習うだけではなく、土地土地で現地のオリジナルの古いものをたくさん見ることができること。現地の手工芸品バザールや、女性自身のお家や、問屋さんなどから直接お買い物もできますので、仕入旅にもどうぞご利用ください。

希望者の人数により日程、内容変更の可能性もあります。

参加をご希望の方はメールやメッセージをください。ikumi@mihri.org です。
それにより、先生やツアー会社と相談します。

※7月の旅工房さんのオヤツアーの申し込み締め切りが6月上旬ごろになりますので、まだお申込みされていない方はお早目にお願いいたしまーす!!
-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  April 20, 2018 10:16:05 PM
February 27, 2018
頭の中にやりたいこと、やるべきこと、いろいろあり過ぎて整理しきれていませんが、
まずはオヤツアーのお知らせをしたいと思います。
本日2月27日よりお申込みスタートです。

詳細は旅工房さんのサイトの各ページをご覧くださいね。

------------------------------------------------------------------------------------
7月5日出発 詳細はこちら → 




まずはスタンダードかつ知りたいことを網羅した第3弾です。村のお家でとことん修行。そして家庭料理が本当に美味しいです。気分転換にマンダ君たちのお迎えにも行きましょう。(そして内緒ですけど)オヤの仕入れの旅としてもとっても効率的ですよ。

---------------------------------------------------------------------------------
10月21日出発 詳細はこちら → 




第4弾はトカット滞在修行です。玄人編となってはいますが内容がマニアックなだけで逆にオヤをやらない方も楽しめる内容です。木版プリントの地で師匠の指導のもと自分だけのヤズマを作るなんて最高に面白い。木版の彫りも希望されたらオプションでつけられるように相談しますので男性の参加も大歓迎です。ご夫婦参加はもちろん、木版バスクは家族連れでも楽しいかも。

---------------------------------------------------------------------------------------

追って、ブログなどでも内容について補足説明していくつもりですが、個人では行けない、もしその場所に行けたとしても手配はできない「こゆーい」内容の目的のあるツアーです。
トルコのオヤ、手工芸、村生活、村の食事、手芸の達人たちとの交流・・・・。

今回はタイプの異なる2つのツアーを用意しました。
どちらも選べないという方はぜひ2つのツアーでお待ちしております。

※ 延泊してアンタルヤのミフリに行きたい~とか、ミフリ社長とナウルハンやカッパにオヤのアクセサリー仕入れに行く~とかいうのもありです。
ただ私の身体は1つしかありませんので、ご希望に添えない場合もあります。
まずはメールにてご相談ください。ikumi@mihri.org


では~!!
-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  February 27, 2018 05:56:43 PM
September 29, 2017
まだまだタウシャンルの村でのチティオヤ修行については書きたいことがありますが、そろそろ終わりにしたいと思います。
関連したイベントが11月11日(土)と19日(日)にオヤマニアの会主催で都内で開催されますので、そちらでも様々な角度からさらに詳しくご紹介ができればと思います。

今回も2週間分の予約投稿でした。
その間、ブルガリアへKEHE(KENE=ケネ)こと、イーネオヤを訪ねる旅に出ていました。

イーネオヤを知ってからいろいろ興味を持つうちに、すっかり深みにはまっています。
そして知れば知るほど底なし沼だということもわかりました。
キリがないので意識して自分にブレーキをかけています・・・・が。
(まあ、かかっていませんけどね)
これ以上地域もジャンルも広げないこと、トルコ国外のイーネオヤには一切手を出さないこと・・・と誓ったのですけどねえ・・・どうなっているのでしょう。





と言っても私の場合、何かのためにとか、誰かのためにやっていることではありませんので、自分で知りたいことが知れたらそこがゴール。
興味がなくなったり、面倒になったらやめればいいだけです。

タウシャンルのチティオヤも縁あって、ここまで見れたので、もう少し知りたいこと、見てみたいことがあります。そしてそれらが叶うのも、受け入れてくれるトルコのお友達がいるからのこと。
彼女たちがいつまでオヤを作るのか、受け入れてくれる環境がいつまで続くのか、私自身がいつまで仕事をするつもりがあるのか・・・・先のことは全くわかりません。できることはできるうちに・・・・です。

トルコで年金もらう年齢まであと5年半!
私の活動もこの先長くてそれぐらいかな・・・・と考えています。
あといったい何ができるのかな?
人生、意外と短い・・・・って今更ながら思うこのごろです。

引き続き、今度はトルコの北東部の地方都市に2週間ほど修行に出かけます。
修行滞在中に余力があればブルガリアのケネの話でも書けたらいいな・・・・。

そして先日から細切れに出かけているトラキア、マルマラ海、中央アナトリアへの旅の報告は来年の某誌面でお披露目です。
-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  September 29, 2017 07:00:06 PM
September 27, 2017
チティを習っている女性のお家には親戚、お友達、ご近所さんたちが出入りしています。
田舎のことですから家のドアも鍵がかかっていませんし、勝手に入ってこれます。
いいですよね・・・こういうの。
そういえば私が幼稚園のころの都内でも、家に鍵なんてかかかっていませんでした。

話がそれましたが、女性のお友達の一人が私たちがチティのために村に来ているのを知って、自分のチティオヤを持ってきてくれました。





売ってくれるものなら欲しいものばかりなんですけど、最初に「売るつもりはないからね」と言われました。
自分がお嫁入のときに持ってきたもので、自分で作ったもの、母親が作ったもの、旦那さんのお母さんからプレゼントされたもの、だそうです。
力作揃いで作った人の気持ちが感じられます。





オヤの旅に出ていつも思うのは、私が探し求めているのは商品としてのオヤじゃなくて、コレなんですよね・・・・。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  September 27, 2017 07:00:04 PM
September 25, 2017
チティオヤ制作に必要な材料と言えば、

まずワイヤー・・・・これは電話線のビニールを剥いて使います。





そしてワイヤーに巻くためのシルク糸。
それを手撚りしてイーネオヤも作ります。





大きなチティの花びらを支えるためのテグス。
トルコ語ではミシネと言いますが、最近は手芸用のテグスとしても売っていますが、たいていは釣り用として売っているものを使っています。





パッケージが可愛いなあ・・・とよく見たら、西ドイツ製。
まだ東西に分かれていた時代の製品でした。
女性も大昔に買ったというので地元の手芸屋さんに行って、倉庫を探してもらいましたが、残念ながら出てきませんでした。
代わりにワニ柄がありましたが、虎柄じゃないと嫌なので買いませんでした。
あとで考えてみたらワニ柄でも十分面白かったんですけどね。





そしてそれら材料などを入れておくお道具箱。
トルコの市販の白チーズのプラスチックケースを使っていました。
これも可愛い。

日本と違って簡単になんでも手に入る環境がないのと、それがたとえ僅かな金額であっても女性たちの自由になるお金がないこともあります。
身の回りのものを工夫して楽しんでいます。

ちなみに過去の例を挙げると、トルコの女性たちが、日本の人のお道具箱を見て一番興味を持つのは糸切りハサミです。
鳥の形やらなんだか素敵なモチーフのおしゃれなハサミ。
高価なものではないのですけどね、手に入りませんから・・・・そしてお道具に興味を持つのはどの国でも共通ですね。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  September 25, 2017 07:00:10 PM
September 23, 2017
さて4つのチティを習いました。
今回は1つずつ作りましたが、実際のタウシャンルのチティオヤ作りは、同じモチーフのチティを40個作って、スカーフに取り付けます。

その際にチティをスカーフに直接付けるのではなく、縁にかがる土台を作り、それにチティを縫い付けていきます。
土台はチティの茎の色と同じにするのが基本。





2段の土台が一般的ですが、豪華にするためには3段にすることもあります。

芯を入れて作っていきます。
スカーフの周囲と同じ長さだけ作らなければなりませんので、約4m。2段なら8m、3段なら約12mですね。
一度習ってしまえば難しいテクニックではありませんが、慣れと根気のいる作業です。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  September 23, 2017 07:00:08 PM
September 21, 2017
カンディルというのはトルコ語で「ランプ」のことである。
ランタンとうとわかりやすいかな?
タウシャンルのチティにもカンディルモチーフというのがある。





細長い袋状の筒と花びらが合計5本の変わった形のチティである。
カンディルというモチーフ名は、もともとこういう花があってのことだと思っていたが、実際の花を模したのではなく、こういう形に作ったものが吊り下げるランプに似ていることから「カンディル」と呼んだらしい。

変な形だからこそ、作ってみたくなる・・・というモチーフだと思う。
これもある程度は想像して形にすることはできる。
ただ1つ目では成功しない可能性が高い。
というのも作り方の順番に秘密がある。
だからそれを理解するまではサイズの合わせ方がわからないかもしれない・・・・というもの。





これも比較的新しいモチーフであるが、最近は流行りらしく、女性たちが競って作っているものの一つである。
そしてそれはそれぞれの個性が出るので面白い。
個性の理由には「編み図」がないからというのがあげられる。
目数も長さも太さも全体的な出来上がりも同じ人でも毎回異なるのである。
そしていかに細く細かく、上品に作れるか・・・。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  September 21, 2017 07:00:10 PM
このブログでよく読まれている記事

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.