479059 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

続々・絨毯屋へようこそ トルコの絨毯屋のお仕事記

PR

Profile


mihri-kilim

Calendar

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

全33件 (33件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

アンタルヤの話題

November 26, 2018
XML
カテゴリ:アンタルヤの話題
昨日はマンダの話で、今日は羊の話。
羊はトルコ語で「コユン」と言います。雄羊は「コチュ」、子羊は「クズ」です。

夏の気温がクソ暑く、岩場の多いアンタルヤの放牧地ではヤギの飼育が多いのですが、もちろん羊もいます。
私の個人的な話ですが、山羊を見ても美味しそう~と思わないのですが、羊は「可愛い~」の前に「食べたら美味しいだろうな」と言う目で見てしまいます。

今日の高台は美味しそうな羊たちの群れが3つ。




山羊ほど反応してくれないので近づいても面白くないんですが、ドローンのバッテリーが終わってやることもないので羊追っかけをしていました。

トルコはサルケチリ族などの特殊な例を除くと「遊牧」というのはなくなってしまいましたが、牧畜をしている家族が放牧地に小屋を建ててそこに羊を囲っているわけです。
ちょうど家のお父さんが、さあご飯の時間だよ~と囲いからだして放牧地に追い立てようとしていました。

おっ、これから放牧に出るんだ、ついて行こうと私も歩き出したのですが、羊たちはお父さんが目を離すとすぐに囲いに戻ってきてしまいます。
それはお留守番の子羊たちが鳴いて母親を呼び戻すからなんですが、羊の習性として一匹が進路を変えるとみんな変えるため、群れごと戻ってきてしまいます。




お父さんと牧羊犬が追い立てると再び放牧地に向かって歩いていきますが、お父さんがまたちょっと目を離した隙に群れ全部が囲いに戻っていました。

羊は前の羊の影を進路にして進むので、通常はロバか山羊を先頭に歩かせてそのあとを着いていかせるようにします。
今日は道案内がいなかったのね。
ご飯はそこらへんにいくらでもあるから、まっ、いいか~。


-------------------------------
ブルサ市主催「国際シルクオヤフェスティバル」のイベントは終わりましたが、コレクション展示、日本人作家さん、愛好家さんのオヤ作品の一部は、11月末日までブルサ市のメリノス・テキスタイル・サナイ博物館で続けて展示されています。

展示終了まで残りあと6日間。
トルコの公の場で二度とこれだけの内容の濃い骨董イーネオヤ展示を見ることはできないと思います。もちろん数量的にもです。
というのも今回展示されているのはトルコのコレクターたちの個人の所有物であって普段は一般に公開される可能性はほとんどないものです。
そして本当に価値のある古いものばかり、お店などで見れるものとは異なります。
博物館は入場無料、写真撮影自由・・・ですので、最後の6日間、どうぞお出かけください。

そうは言ってもトルコまでなんて行けないよ~、ですよね。
来年3月1日ー3日に都内、西荻のHAPAHAPAさんで開催される「オヤフェスJapan2019」ではオヤマニアの会のお二人の古いイーネオヤコレクション、日本人作家、愛好家さんの作品と私の骨董エフェオヤの一部を直にご覧いただけるよう展示して皆様のお越しをお待ちします。
今からスケジュール帳に書き込んで忘れないでね~!
-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  November 27, 2018 12:03:57 AM
November 12, 2018
カテゴリ:アンタルヤの話題
何週間かぶりに仕事をしなくてよい、かつアンタルヤで過ごせる日曜日。
で、ドローン操作の練習に行きました。
届け出をして運転許可取得済みなのですが、なかなか時間が取れず放置していました。
いつマンダの群れに遭遇してもいいように常日頃練習しておかなきゃ・・・ね大笑い大笑い大笑い

木や藪のない広い場所が必要ですのでアンタルヤの高台へ。
パンフィリアとピシデアを繋ぐ石畳の古代ロードのスタート地点に広いスペースがあるのを思い出したのです。

古代ロードについては過去のブログをご覧ください。
↓↓↓
石畳の古代ロードを行く

ここは何年経っても変わりません。
ガタガタ道もそのまま、案内の道看板がないのもそのまま。

水枯川を上っていくのですが、ここは羊飼いたちの放牧への道でもあります。
アンタルヤは羊ももちろんいますが、1年中温かい・・・というか、夏はめちゃくちゃ暑い気候と岩場の多い山間部もあるため、山羊の数が絶対的に多いです。

山羊と羊の混じった群れもあるのですが、面白いのは興味を示して近づいてくるのは山羊。
個体によっては群れを離れてカメラ(と言っても携帯ですけど)の前まで覗きに来たりします。




そしてクビをかしげてキョトンとした顔で「なんだ、なんだ」と見つめてきます。
その様子がなんとも可愛らしいのですが、これ、何かに似ているなあ・・・と。

そうマンダ(水牛)の行動とよく似ています。
マンダと牛の混合の群れに遭遇したとき、牛たちは普通に通り過ぎていきますが、マンダは違います。
知らない人がいると立ち止まり、顔をこちらに向けて、じーっと見つめて「なんだ、なんだ」と様子をうかがいます。牛飼いがいなければさらにこちらに寄って来ようとします。

マンダが頭がいいのか、生物としての習性なのかわかりませんが、敵味方を見分ける能力やら警戒心やらが強いってことですね。
放牧中の山羊も同じような行動をとるのでなんだか興味を持ちました。




今回は3つの放牧の群れと遭遇しましたが、奥さんと一緒に、山羊の群れを追っていた男性はとても話好きで、私たちのクルマを見つけて近づいてきて、川に生えている葦で昔はゴザを作ったもんだとか、そんな話をしていました。
おかげで私は山羊と一緒に座り込み、見つめられまくりで幸せでした。

さて、ドローンの操作はあとはカメラの細かい設定とかが残りましたが、これでいつでもマンダの群れを上空から撮れます。
送られてくる動画を見ましたが、画像も上空から撮るだけでなんだか構図がかっこよくなりそうです。

-------------------------------
ブルサ市主催「国際シルクオヤフェスティバル」のイベントは終わりましたが、コレクション展示、日本人作家さん、愛好家さんのオヤ作品の一部は、11月末日までブルサ市のメリノス・テキスタイル・サナイ博物館で続けて展示されていますので、イベント期間中にいらっしゃれなかった方もぜひ見に行ってみてくださいね。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  November 13, 2018 04:08:55 PM
March 13, 2018
カテゴリ:アンタルヤの話題
アンタルヤ・・・・。
最高気温は18度前後かそれ以上。最低は10度前後かそれ以上。
体感温度はさらに高いです。

春ですね・・・・。

というわけで高台に行ってきました。
多少は涼しいかと思ったけど、太陽に近い分、日差しが痛い。





しばらく見に行っていなかったら、昨年だかにオリーブの樹が2本盗まれて、残り8本になってしまいましたが、この時期ならではの緑の地面と小さなお花たち・・・。
いつになったら電線と水道通してくれるんでしょう。

この辺りはアンタルヤの中心部から15-20kmほどのところなのに、のどかな風景が広がっています。
新幹線駅が建設される・・・と2016年のアンタルヤの花博の時に言われ、まだできていませんが、正式な計画も出ていることだし、山のトンネル工事が進んでいますから、もしかしたら近いうちに開通するかもしれません。

帰り路、ヤギの放牧の群れと遭遇しました。
この辺りは高台と言っても気温が高いのと、岩場がおおいため、羊よりも暑さに強く、山の斜面もどんどん登れて、しかも岩場に生えているトゲトゲの葉っぱが大好きなヤギが多く飼われています。





普段見かけるヤギって、写真を撮ろうと一歩踏み出すだけで、すぐ逃げちゃうんだけど、この子だけは別。
まず、クルマにまっすぐ歩いてきて、バンパーの辺りをクンクン匂いを嗅ぎ始めて。
私が写真を撮るためにカメラ(って、スマホですけど)を向けると、「なになに? 」って首をかしげて、こちらを向いた。
で、しばらくこのポーズ。





放牧の群れというと、かならず牧羊犬がついていますので、いつも気をつけるんですが、今回もヤギ飼いのおじさんが制していてくれていたけど、牧羊犬しっかり仕事していました。
私のすぐ後ろにいて、ヤギに何かしようとしたら、いつでも飛び掛かれるように待機。
写真を撮ろうとしたら、ぷいと「オレはそんなことには興味はないぜ」という感じでクールにそっぽ向かれましたが、聞いたら子供を産んだばかりのお母さん犬でした。

-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  March 13, 2018 04:24:46 PM
March 11, 2018
カテゴリ:アンタルヤの話題
イエニ村の市民講座を訪問した。
正確にはアイシェに会いに行った。





私と同じ世代のアイシェは家にこもりっきりの毎日ではいけないと、週に1度、村から乗り合いのミニバスに乗って一番近くにある市民講座に「フェルト」を習いに来ていた。
その先生がアイシェが今は数えるほどしかいないドシェメアルトゥ絨毯の織り手と知って、市民講座で絨毯クラスの開設をすすめてくれたそうだ。





で授業が始まることに。
アイシェの家から、中型の金属製織り機が運び込まれ、さらに木製で以前職業高校などで使われていた木製の小さな機がやってきた。
構造的には横の棒をかける位置を少し後ろにすれば問題ない。
こんな可愛らしいサイズ。
私も欲しいなと思っちゃった。





校長先生、担当上司からも日本からの見学や参加の生徒さん大歓迎・・・とのことですので、フェルト、イーネオヤ、絨毯織りなど興味がありましたら、お連れしますのでご連絡くださいね。
場所はアンタルヤから30kmほどです。





市民講座は各市町村にあり、女性たちに趣味として、将来仕事として役に立つよう習いごとなどを教えています。建物の中には託児所もあります。学校と同じシステムですので、半期ごとに募集が行われます。

こちらとは別にアイシェの村の家で生活しながら絨毯織り「修行」ツアーもできます。
昨年の絨毯織り修行の様子はブログの2017年7月~8月でご覧いただけます。
あくまで抜粋記録ですがイメージはつかんでいただけるかと思います。

絨毯織り修行~プロローグ

上のリンクから入っていただき、ページの上の方にある「新しい記事」を追っていただければ、エピローグまで続いています。
珍しく私が尻切れトンボにならずに書いた記事のひとつです。
-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  March 11, 2018 07:41:33 PM
January 23, 2018
カテゴリ:アンタルヤの話題
アンタルヤにあるショッピングモールに面白い展示が・・・・・。





ビートル(トルコではカプルンバー:亀)に色とりどりの毛糸で編んだカバーがかかっていた。
カバーというよりは着ぐるみ状態。
自転車や、ソファー、お人形さんにかぼちゃのあみぐるみもゴロゴロと・・・・・。
投資会社がバックにいるようだけど、編み物で物語を・・・というプロジェクトだそう。





シャッターや路地、階段などにペンキで描くグラフィックがある。自然保護の観点からペンキを使わず編み物を被せることで表現しようというものらしい。






雨だったので写真は撮っていないけど、街路樹も毛糸で包まれていた。
24人が3000玉の毛糸を使って、約2か月で仕上げた・・・と説明されていたような気がする。
(さらっと読んで来ただけなので話はいい加減・・・)





クルマのあみぐるみだよねえ。
中身は本物のクルマだけど、包んであるからやっぱり編み包み(あみぐるみ)!?
ちなみにトルコでは「Amigurumi」は一般的な手芸のひとつ。

寒い冬だからね。
ビートルも温かそうだし、見ている私もほかほかになった。

とはいえ、アンタルヤはこの冬、日中は16-18度の温かさが続いている。
ちなみに私はアンタルヤでは昨年暮れから今年にかけて一度もオーバーとかコートとかジャケットとかを着ていない。ポケモンGOをやるときも、用事で歩いていくときも、長袖シャツに薄手のカーディガン。

だから日本の冬に着ていく上着がないんだよねえ・・・・。
以前は毎年、帰国するためにオーバー、コート類を買っていたけど、日本での数日のためだけに買うようなもので、アンタルヤではまず着るチャンスがないのでもったいない。
昨年も今年も買うのを躊躇している。
かさばって荷物になるのもイヤだし。

でもオーバーを着たら確かに「温かい」。
温かいと言えば「毛糸」・・・・毛糸で作るものと言えば「靴下」かな。
靴下はトルコ語で「チョラップ」と言います。
ブルガリアでも「チョラップ」だったし、最近、ひっそりこっそりマイブームのカザフ語の表記もそれに似ていた気がする。

そしてチョラップと言えばこちら。↓↓↓↓↓





2月6日発売の「毛糸だま」(日本ヴォーグ社)の連載「世界手芸紀行」。
トルコ・チョラップの旅への誘いで~す。
(バラエティ番組でよく見る番宣出演のゲストみたい・・・)
-------------------------------
ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  January 23, 2018 01:44:25 AM
June 7, 2017
カテゴリ:アンタルヤの話題
誠に僭越ながら、アンタルヤのPRに協力させていただきました。
ATSO(アンタルヤ商工会議所)のPRビデオシリーズの外国人編です。



ビデオのリンクはこちらから・・・と思ったのですが、FacebookのATSOのページを探してご覧ください。

短いビデオですが、オヤとか、ミフリのショップとか、私が村のアイシェと絨毯を織っているところなどがちらっと写っていますので、興味がある方はご覧ください。
お家の中での絨毯織りの様子などがわかって面白いですよ~。




7月に絨毯織りの現地研修に来られるみなさまは、こんなところでこんな風に絨毯織りますので雰囲気だけでもビデオを観て予習しておいてくださいねー。

------------------------------------------------------------------
オヤツアーの詳細はこちらをご覧ください ↓

7月13日(木)~19日(水)旅工房さんのオヤツアー


ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
にほんブログ村


その他・全般ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村ピンクハートバツ






Last updated  June 7, 2017 05:08:45 AM
December 9, 2016
カテゴリ:アンタルヤの話題
先日、コンヤに行ってエトゥリ・エキメッキを食べてきましたが、今日はお友達に誘われてアンタルヤでコンヤのエトゥリエキメッキを食べました。




「エトゥリ・エキメッキ」って直訳すると「肉入りパン」なんですが、ひき肉のピデ(トルコ風ピザ)のこと。
コンヤではそう呼ぶのでその名前になっています。

コンヤの名物ではありますが、トルコ各地にコンヤのピデ屋さんやレストランがありますので、どこでも食べられます。
その特徴はとにかく細長-いのです。

どんな風に出てくるのか、どれだけ長いのか・・・比較するものがないとわかりにくいですよね・・・・って、ジェンギズとジヤが写っている写真でご覧いただきましょう。



サラダやヨーグルトなどはお店からのサービス。
そしてピデは3枚。
写真のものはエトゥリ・エキメッキにとろけるチーズとバターがたっぷり乗っている「メブラーナ」と呼ばれるものと、細切れ肉の「ブチャック・アラス」。



4人で4枚頼まないでよかった・・・・って結果でしたが、そういえばコンヤでコンヤの人と一緒に食事に行くと、これより長いのが、1人あたり2、3枚ずつ配分されちゃうんだよね。

少し前にあったお仕事のお話が正式に決定したので、しばらくお出かけしてきます。
以前も行ったことのあるところだけど、何か面白い話が聞けたり、変わったものが見れるといいなあ・・・。
戻ってきたら日本から遊びに来る友人たちとホテルで年越しパーティー。

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村


手芸(その他・全般) ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  December 9, 2016 06:31:00 AM
November 28, 2016
カテゴリ:アンタルヤの話題
私はトルコのアンタルヤというところに住んでいます。
イスタンブールから南に約600km。
地中海沿いの人口約140万人の都市です。

温暖な気候で11月末になろうとしているのに、天気のよい日中は半袖で歩いている人もいます。
ヨーロッパからの外国人はノースリーブ姿だったりして全く季節感がありません。
その代わり、夏はうだるような暑さですけど・・・・。
寒さが苦手な私としては住みやすいです。

アンタルヤ・・・と私はカタカナ表記ではそう書きますが、
人によってはアンタリアと言います。
どちらも正解じゃないからお好みで呼んで構わないと思います。

このアンタルヤという地名、アッタロス朝(ペルガモン王国)の第4代国王アッタロス2世によって名付けられた「アッタリア」が由来とされています。

アッタロス2世は紀元前220年生まれ、61歳で王座に就き、紀元前158年に82歳で亡くなっています。
勇敢な兵士としても知られていたアッタロス2世が王になる前に、条約によって譲渡されたパンフィリアの一部に海軍基地として都市を作り、それがアッタロス2世の名前にちなんでアッタリアと名付けられ後にアンタルヤとなったそうです。

なんで急にそんなことを・・・・というと。
カレイチの時計塔の向かいの広場にアッタロス2世の像が立っているのですが、最近よく見るもので、この人誰だろう・・・と調べてみたことからなんです。




実は夕方からもしくは週末のお散歩コースで、ジェンギズやジヤたん、イルファン、アルマン、ハッワ、甥っ子、姪っ子たちと店から時計塔前までゆっくり寄り道しながら片道10-15分ぐらいの距離ですが歩いています。
時にはそこから足を延ばしてウシュクラル通りをジェンデルホテルまで行ったりします。
あまり歩きたくないときはイブリミナーレの近辺でお茶を濁すこともあります。
ポケモンGOを口実にみんなでお散歩なんですけど・・・。

30歳、40歳になっても兄弟、家族で仲良いっていいですね。


ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村


手芸(その他・全般) ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  November 28, 2016 04:49:37 AM
October 7, 2016
カテゴリ:アンタルヤの話題
8月に撮影した、アンタルヤ商工会議所制作のアジア向けアンタルヤPRショートビデオのトルコ語字幕入れのお手伝いをしてきました。



これに英語字幕が入って完成です。



撮影では村に行って、アイシェと一緒に絨毯も織ってきましたよ。



あまりにも久しぶりで織り方すっかり忘れていて、アイシェに大笑いされました。

お店では引き出しの中からエフェオヤとか、ちらっ、ちらっと見えるかもしれませんので、よかったらご覧ください。
すでにシリーズ化されていますので、そのうち誰でもどこでも見ることができる、どこかで流されます。

(これだけアンタルヤ観光PRに貢献しても・・・・ずっと非公認キャラ!?)

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村


手芸(その他・全般) ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  October 8, 2016 05:57:49 PM
October 4, 2016
カテゴリ:アンタルヤの話題
休みの日に休めない日々を過ごしています。
一度でいいからもういいやってぐらい寝てから起きてみたい。
と言いながら、人の一生なんて短いなあ・・・と今更ながら思っているところです。
まだまだ「やること」「やれること」がいっぱいあるのに、そのうちって後回しにしていたらいったいいつできるの? って。
(相変わらずやる気なし子なので「やりたいこと」「やるべきこと」とは言いません)
私の計算ではあと300年ぐらい生きないと無理。
そのためにはワンピル(トルコ語でバンパイヤ、たぶん英語表記をローマ字風に読むとそうなる?)になることも厭いませんわ・・・。

・・・・って無駄な前置き。

アンタルヤから30kmほどのところにある「古代都市テルメッソス」に登ってきました。
「登る」がまさに当てはまる立地と見学コース。
1665メートルのギュルルック山の斜面にできた都市で、その周辺を含め国立公園指定地域です。

アンタルヤから行くとコルクテリ方面への幹線道路を22km進み、看板のあるところで左折します。(コルクテリ行のバスなどを利用した場合はそこでおろしてもらう)
100~200m先にゲートがあり、そこで入場料を払います。
そこから駐車場まで約9kmの道のり。
しかも結構急な上り坂です。

観光シーズンはゲート付近でタクシーとか待っているかもしれませんが、基本的に公的、定期的な足はありませんので歩くか、ヒッチハイクするか・・・?
ツアーを利用するか、町中から待ち時間も含めてタクシーを利用するか・・・ですね。

駐車場にクルマを停めて、そこから登り道。



見学コースの始点まで約300メートルって言われましたが、体感距離は2kmです。
この日は人が少なかったので、道ですれ違う人もほとんどなく、後ろから「早く、早く」って威圧される感じがなかったので自分のペースでラクでしたが、行列できていたらつらいかな・・・って。



崩れ落ちた石の上を上ったり、降りたりしながら、向かいます。
こういった古代遺跡としては残っている石率(?)が他の遺跡に比べて多いなあ・・・と思ったのですが、近くに村があるわけでもないし、石を持っていかれて家の壁にされることもなく、持って行くには山が高すぎた結果ですかね。
有名な伝承ですが、かのアレクサンダー大王がテルメッソスを見て攻落するのを諦めた・・・ということです。
それぐらいですから戦争で破壊されることなく、地震で崩れたようです。
だから良い状態で残っているのですね。



こんな風に道なき道だったり、探検気分です。
ただメジャーな古代遺跡ですので、道案内やポイントごとの看板などがあって見学ルートは比較的わかりやすかったです。



そしてこれがテルメッソスで一番の見どころの円形劇場跡。
1150メートルの山の崖っぷちに建っています。
そこに立つと山々の間から遠く、アンタルヤの町が見えますが、その分風通しがいいというか、風が強い日は吹き飛ばされるほどじゃないかと想像します。

実はとってもしばらくぶりに来たのですが、前回までの印象は円形劇場で風に吹き飛ばされて崖から落下する・・・しかなかったものですから。

でも壁の向こうは奈落の底の円形劇場の石段に座って風をうける・・・・なんて気持ちの良いこと。私も大人になったなあ・・・とアンタルヤでの20年間を感慨深く(!?)振り返りました。

それにしてもアンタルヤに住んで約20年、トルコに来て24年間が過ぎたわけですが、そしてあと300年は生きようしている私の人生も、この都市の歴史に比べたらミジンコほどもないわけです。
でもその短く儚い一生の中で他の誰でもない、自分自身が納得して幸せを感じながらやれることが1つでも見つかったらいいなあ・・・と。

遺跡は山頂まで続いていて軽めのトレッキングコースとしても十分楽しめます。
山頂の監視塔まで行くとチャイをごちそうしてくれて訪問者ノートに記帳するようです。



遺跡のところどころで石の間から可憐なお花が咲いていました。
サフランかとも思ったのですが、別の野生ランの一種ですかね。

ミフリのショッピングサイトはコチラ↓

20151106_b7d37a_Fotor.jpg
ミフリ&アクチェ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ トルコ手芸・オヤ・キリムへ
にほんブログ村


手芸(その他・全般) ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  October 4, 2016 06:30:45 PM
このブログでよく読まれている記事

全33件 (33件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.