731473 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シルバーロケッツ

PR

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

アクセサリ

2008年03月23日
XML
カテゴリ:アクセサリ
彫金の作品です。前回からかなり間が空きましたが、製作に時間が掛かったためです。かみさんのスケッチを基に、鳥、四つ葉のクローバー(鳥の下に有る)、地球(鳥かごでは有りません)をデザイン、全てワックスによる鋳造です。鳥・四つ葉はPt900、地球は20K製、石はダイヤです。鳥はバチカンになっており、表裏同じものを貼り合わせてあります。地球は上下に半割りの状態で鋳造し、北半球側の北極点に抜け留めを付けたWG線(φ0.8)の軸を通し、四つ葉を通して丸環をろう付け、その後に北半球と南半球をろう付けし、爪(朝顔)、鳥を取り付けています。地球は軸でクルクル回ります。当初の予定では石は手持ちのサファイアの予定でしたが、地金に高価なものを使ってしまったため、せっかくなのでダイヤを奮発しました(昨年プラモデルの写真コンテストで入賞し、その賞金を充てています)。石留めはヤニ床は使わず手持ちで行いましたが、爪が薄くなってしまった所もありちょっと不安が残りますが全体として上手く出来たと思います(肝心なところは先生にお願いして助けていただきました)。この場をお借りして、教室の先生、生徒の皆さんにお礼申し上げます。ありがとうございました。






最終更新日  2008年03月23日 11時38分10秒
コメント(1) | コメントを書く


2006年12月04日
カテゴリ:アクセサリ
今年もパールジュエリーデザインコンテストに出品しましたが、なんとか入選を頂くことができました。毎度のことですが日程の見積もりが甘く、カレンダーとにらめっこの日々が辛かったです。(教室の先生にもプレッシャーを掛けてしまいました。)今年の副賞はパールの他に銀粘土(20g)が付いてきており、去年の特別賞を頂いた時より豪華になっていました。いつも思うのですがパールの中に一個は丸いものが入っていて、大きくはありませんが照りが良いことに感心させられます。他の小粒もかわいい形です。ただ、使いこなすのが私には難しいのが難点です。この場を借りましてお世話になった方々にお礼申し上げます。






最終更新日  2006年12月04日 13時05分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年07月22日
カテゴリ:アクセサリ
銀粘土ではありませんが、先日完成したリングです。かみさんのラフスケッチからアレンジしてデザインしました(どこかにありそうですが)。ポイントは、指にはめた状態でもチャームが動くように、浮かしてあるところです。ワックスによる鋳造ですが、リングは折れないように非常に神経を使いました。チャーム(念のため、てんとう虫とクローバーです)は大きさのバランスを取るのに数個作って選んだものを使っています。リングは強度が必要なためK18、チャームはPt900です。プラチナは初めて扱いましたが、思っていたより柔らかく、磨いている最中に合口が簡単に曲がってしまうのには驚かされました。チャームの丸環の合口はろう付けしてありますが、プラチナはバーナーでは融けないため、リングさえ融かしてしまわなければろう付け(ホワイトゴールドろうによる)は簡単です。
想像していたよりも上手く出来たので、満足な仕上がりです。






最終更新日  2006年07月23日 11時27分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年02月25日
カテゴリ:アクセサリ
久しぶりの更新です。残念ながら銀粘土ではありません。ワックスによるホワイトゴールドとサファイアのリングです。最後にロジウムめっきをしてあります。ワックスで作れる花のレパートリーが少ないので、これ以外のデザインはちょっと難しいです。






最終更新日  2006年02月25日 17時28分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年09月25日
カテゴリ:アクセサリ
銀粘土ネタではないので控えめに報告させていただきます。今年もパールジュエリーコンテストに出品しました。手持ちの銀粘土がなくなったのでワックスによるキャストでリングを1点制作、出品したところ特別賞をいただくことが出来ました。(作品の写真は撮り忘れてありません。地味なリングです。)彫金教室の先生も喜んでくださり、なによりかみさんが自分のことのように喜んでくれたのがとても嬉しかったです。この場を借りて、お世話になった方々にお礼申し上げます。






最終更新日  2005年09月25日 19時59分07秒
コメント(10) | コメントを書く
2005年04月10日
テーマ:銀粘土(1642)
カテゴリ:アクセサリ
最近銀粘土での作品造りが減りましたが、コンテストだけは出品を続けようと思っています。で、今年もアートクレイのコンテストに出品しました。彫金の教室(道具購入等含む)で予算を使い果たしているため、銀粘土の材料が少なくて済むリングは決定事項。テーマが「伝える」と、またしても難解な・・・。毎度悩ませてくれます。で、造ったのが写真の物です。出品票には、制作意図などそれらしく書きましたが、ここでは恥ずかしいので触れません。素材は650、厚めの甲丸リングからひたすら彫りだしました。焼成前は17号位だったのが焼成後は10号位に・・・。むちゃくちゃ縮みます。大き目のリングのつもりだったのがしょぼくなっちゃいました。しかも丸いはずだったのが四角に変形している。芯金を通して、レリーフが潰れないよう少しずつ木ハンで叩きなおします。お決まりのクラックを油性ペーストで修正して何とか見られる様に。けど、完成後かみさんに見せたら「指抜き」みたいと言われたのはショックでした。彫るの大変だったのに。
artclay-2005






最終更新日  2005年05月09日 15時16分49秒
コメント(6) | コメントを書く
2005年01月03日
カテゴリ:アクセサリ
先日のパールジュエリーコンテストの賞状、副賞(パール)が年末に作品と共に贈られてきました。今年は結構な人数が入賞されましたが、みんなに送られているのかな。太っ腹な内海村(今は名前変わっています)。
pearl






最終更新日  2009年01月24日 13時55分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年08月21日
カテゴリ:アクセサリ
8月20日、内海村主催のパールジュエリー・デザインコンテストの結果が発表されました。なんとか作り上げた作品を1点出品していましたが、ぎりぎり引っ掛かって賞を頂くことができました。やはりうれしいです(家内とは、上位に入賞できたらデジカメを更新してもらう約束でしたが今回は叶わず・・・ちょっと残念)。作品は新作にUPしてあります。次回はもっと上を目指してがんばるぞ!






最終更新日  2004年08月21日 12時11分09秒
コメント(4) | コメントを書く
2004年06月06日
カテゴリ:アクセサリ
銀粘土とは直接関係ありませんがジュエリーショウに行ってきました。(いきさつは妻のmikakomiffyの日記で)
作品ではシルバーしか扱ったことがないのですが、多くの作家の先生方も出展されるし、(数千万円のジュエリーも展示されるので)幅を広げるためにも勉強として見に行くことにしました。作家の方々は手作りを謳った、大量生産品とは異なった個性的な作品を数多く展示されていました。雑誌などで見かける先生が直接作品の説明をされており、偉ぶった感じがないところが好感が持てました。普段入れる店には置いていない高額な商品を実際に見るのは初めてで、それを購入する人を見るのも初めての経験でした。知らない世界がジュエリーでつながっているのだなぁ、と感じつつTシャツと短パンで行かなくて良かったと思った一日でした。






最終更新日  2004年06月06日 18時42分48秒
コメント(2) | コメントを書く
2004年05月09日
テーマ:銀粘土(1642)
カテゴリ:アクセサリ

焼成前の粘土を削ると粉が飛び散るのが気になっていたのでリューター用の防塵BOX(アートクレイ製)を購入しました。以下インプレッションです。
材質は透明な塩ビ系(と思う)の厚さ0.5mmの板を切り抜いたものです。折り曲げて箱状に組み立てるのですが、材質に粘りがありそうで以外や切り欠き部からパキッと割れたりします(注意していたにも拘らず2箇所割れたのでセロテープで補修)。組み立てはそれ程難しくありません。
使用での問題点は、1)透明なのですがムラがあり対象物が見難い、2)入り口が狭くリューターが当たる。1)は正面を切り抜いて透明なアクリル板を両面テープで貼り付けて対応、2)は入り口を上側に大きく切り抜いてリューターとの干渉を避けました。はさみで切り抜くのがやり易いと思います。底には折った広告を敷いて、粘土かすを集めやすくしています。
これで、くしゃみをすることなくリューターが使えるようになりました。次はリューターを更新したいな・・・。

box


銀粘土専門店 グラスロードカンパニー
プロ用ルーター プロ用ルーター






最終更新日  2004年05月09日 10時22分28秒
コメント(1) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.