732052 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シルバーロケッツ

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

ISS

2012年01月04日
XML

ISS

カテゴリ:ISS
毎年の事ですが年末から年始にかけては掃除が大きなイベントに
なっており、終えるまでに結構日にちが掛かります。

幸い今年は年末に4日の休日があったので、比較的余裕をもって
済ます事ができました。
それでもほぼ一日中掃除に費やすため、パソコンもゆっくりと観て
いることが出来ませんでした。

今日ようやく余裕が出来、ISSのチェックをしたら丁度夕方に通過
するところでした。

今年の初撮影です。

北西の方角から、赤い光点がゆっくりと昇ってきます。
DSC_0541.jpg
AiAF3520 F2.8 SS15″ ISO200

街灯が入り込んでいたのに気付かなかったため盛大なフレアとゴーストが出て
いますが、ISSは電線の向こう側を飛んでいます。

頭上を越えて・・・
DSC_0544.jpg
AiAF3520 F2.8 SS15″ ISO200

南東に消えていきました。
DSC_0546.jpg
AiAF3520 F2.8 SS15″ ISO200

直前まで雲が出ていましたが澄んだ夜空になりました。
頭上の通過は18時頃でしたが、夏の20時位の暗さです。

また機会があったらISSを観たいと思います。







最終更新日  2012年01月04日 21時48分26秒
コメント(0) | コメントを書く


2010年12月26日
カテゴリ:ISS
早いもので今年も残すところ数日となりました。

ちょっとしたことでも疲れたり、物忘れが激しくなったりと、歳を取ったな
と感じる近頃のため、とくに年末は何とも言えない寂しさがあります。

そんな今日、久しぶりにISSを観ました。

最近は明け方か夕方の早い時間(17~18時台)に通過していたので、
なかなか見ることができませんでした。

今年一番の寒波襲来で結構寒かったですが、ISSの今年の見納めと
なるため、これまた久しぶりにカメラを持ち出してみました。

DSC_3104.jpg

うす曇のせいか少し滲んで見えました。
雲が押し寄せる中、なんとかISSを観る事ができたので良しとします。

次は澄んだ空になることを期待して帰宅しました。







最終更新日  2010年12月26日 19時49分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年05月16日
カテゴリ:ISS
今日もISSの観測をしました。
ちょっとしたマイブームです。

今日はご近所さんも加わって賑やかに待ちます。
家の高校生の子供もいつもは勉強や塾で見れないので引っ張り出してきてます。

今回は露出オーバーを考えて、ISO200、しかもF2から1段絞ってF2.8でチャレンジ。

いつものようにISSが山の少し上から、薄らとした姿をゆっくりと現します。

最大仰角に近付く頃、見ていたご近所さんが「後ろに付いて来ているのは?」。
よく見るとISSのすぐ後ろに小さな輝点が同調して動いています。

DSC_8794.jpg
焦点距離35mm(35mm版換算52.5mm相当) F2.8 SS11.9″ ISO200

航空機かと思いましたが、明らかに同じ軌道を点滅することなく動いていますので、
ISSと一緒にもうひとつの何かが飛んでいるようです。

そのまま、一緒に夕闇に消えていきました。

DSC_8796.jpg
焦点距離35mm(35mm版換算52.5mm相当) F2.8 SS18.1″ ISO200

帰宅して調べたところ、スペースシャトルのアトランティス号がミッションの最中で、
今日の夜11時頃にISSとドッキングするようです。

ISSとスペースシャトルのランデブーが見れてラッキーでした。









最終更新日  2010年05月16日 21時03分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年05月14日

ISS

カテゴリ:ISS
先日に続き、今日もISSを見に行ってきました。

今日は夜の8時28分頃と、空は暗くなっています。
最大仰角は39°程度と低いので、ちょっと車で広いところまで移動して撮影を
することにします。

北北西から出現し北北東で最大仰角となって消失します。
少し早めに着いてカメラをセットアップ、試し撮りをします。

待つ事しばし。

出現の方向から赤色をした小さな光が動いているのが見えます。
航空機とは異なり点滅しないのでISSと判ります。

しかし、暗い。
前回は金星よりも明るかったのですが、とても暗い。

DSC_8170.jpg
焦点距離35mm(35mm版52.5mm相当) F2 SS71.5″ ISO400 (RAW現像にて露出補正-2)

暗い事を予測してISO400にしていましたが正解でした。

ただ露出時間が長すぎたので、若干空がとび気味でしたので画像調整しています。
経験が不足していますので、設定をこれから探す必要がありますね。

かみさんも一緒に見ていたのですが、前回の明るさに比べ今回はインパクトが小さ
かったためか、「この程度ならもう見ない」と言ってました。

ロマンの分からん奴だ。







最終更新日  2010年05月14日 21時59分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年04月30日

ISS

カテゴリ:ISS
かみさんから、勤めている学校の先生が生徒にISS(国際宇宙ステーション)の見方を
説明していたと言う話を聞きました。

その先生はプリントまでして配っていたそうです。

私も以前に見ようと思った事が有ったのですが、その時は天気が悪くて断念した覚えが
あります。

今回も見れるのか?と思い調べてみると、今日4月30日19時22分は最大仰角70°近く有り
(私の居住地では)、かなりの好条件のようです。

実は昨日の夜、同じ時刻頃に撮影条件の下調べをしておきました。
マニュアル撮影になるので、いきなりは無理だと思ったからです。
昨日は雲が無く、ISO400、F2.8(開放)、SS15″~30″、と言ったところです。

肝心のISSの明るさが判らないのですが、金星よりも明るいとのことでISO400としました。

本番の今日ですが、なにやら雲行きが怪しい。
刻々と通過の時刻が近付きますが、見え始める南西方角はISSが確認できませんでした。

最大仰角から沈む方角は雲が切れていたので、そちらの方向に目を凝らして待ちます。

と、雲の切れ目から明るい光点が動いています。
ISSです。

DSC_7762.jpg
焦点距離24mm(35mm換算36mm相当) F2.8 SS15.7″ ISO400

かなりの明るさです。
これならISO200でも良かったかも。

あまり長秒シャッターを開けていると雲が白くなってしまうため、今日は15″が適当
と判断しました。

もう一枚。

DSC_7763.jpg
焦点距離24mm(35mm換算36mm相当) F2.8 SS18.8″ ISO400

4秒程長いのはISSに見とれていてカウントミスしたためです。

こんなに明るく見えるとは、正直驚きました。
人が乗って周回しているのが、とても神秘的に思えてしまいます。








最終更新日  2010年05月01日 12時18分52秒
コメント(0) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


© Rakuten Group, Inc.