336564 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

マラソンの小部屋-ミカンとリンゴは食べ飽きない!

PR

Freepage List

Recent Posts

Comments

ミカン_@ Re:おつかれさまでした(07/15) o cさん ----- ありがとうございます。 …
ミカン_@ Re[1]:OSJおんたけウルトラマラソン、参戦(07/15) しゃおらいさん ----- ご無沙汰していま…
ミカン_@ Re[1]:OSJおんたけウルトラマラソン、参戦(07/15) ryuji1962さん ----- ありがとうござい…

Keyword Search

▼キーワード検索

2009.07.19
XML
カテゴリ:スポーツ・ジョグ
初体験してきました。
コニカミノルタランナーズ24時間リレーマラソン in舞洲スポーツアイランド

18日12時スタートで1周1.7kmのコースを周回する。
鯖街道などでご一緒させもらったryuji監督率いるホラポスチームに加えてもらっての参加。
ホラポスは今年2チームエントリーの大所帯。
キャンプサイトにはランナー29名(14名と15名の2チーム)とシェフスタッフ、応援団の総勢40名近くが集結。
大会の様子は、ryuji監督、はじめホラポスチームの亀オヤジさんサプリママさんのり姉さんocさんnomu3まもるさん和尚さん のサイトに報告されるでしょう。

では簡単に:
朝から快晴で、テントを設営するだけで、汗だく。設営後はコースの下見を兼ねて初参加の面々で歩いて1周。坂あり、砂利道あり、180度折り返しありの癖のあるタフなコース。
タスキを受け取ってから最初に砂利道の登りがあり、そこを頑張りすぎると後が失速するので、抑え気味に入るようにとのアドバイス。
ryuji監督の「棄権しないように!みんなでタスキを繋ごう」の目標を掲げてスタート。
大体、2時間に1回順番が回ってくる。
14名チームの最後なので、スタートから2時間近く、やきもき。どんな走りになるか分からない。
タスキを受け取り走り出す。抑え気味と言い聞かせて、坂を上り、折り返しまではじっくりと。折り返したからの登り基調のコースを頑張り抜けば、後は下り、そしてキャンプ場のリレーゾーンに続く。
ベストは最初のランの6分58秒。ヘロヘロになりながらも次のランナーにタスキを渡す瞬間は笑みがこぼれる。
走り終わってキャンプ地に戻ると「お疲れさん!」の声がかかり、シェフスタッフの手料理をいただく。しばしの飲み食いしながらの休息。
1周ランを3~4回、その後、夜間の部は2周ランを続け、明け方からは、また1周ランに。
5周ランするまもるさん、3周ランするランナーさんもいてくれ、その分他のランナーが休める。夜間は寝ているランナーは起こさず起きているランナーで繋いでいく。
夜中には、大阪名物たこ焼きやもオープンして、走った後の楽しみもランと同様途切れない。
午前4時を過ぎると、空が明るくなってきた。
2日も曇天からお日様がのぞき、暑くなった。自分のラストランは11時過ぎだった。

自分の周回数は監督さんの記録帳に記載。多分11回くらいかな?
1.7km x 4(初回:6分58秒くらい)
3.4km x 4
1.7km x 3

それからは、コース脇に立って頑張って走っているランナーさんたちにハイタッチの応援をしながら、24時間を待つ。
23時間50分から、ランナー交代ができなくなり、それぞれのチームのラストランナーたちがコース上を周回する。チームのラストランナー、サプリママさんと深ちゃんを迎え、皆でゴール地点に集合。そしてカウントダウン、10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、0!

ホラポスの皆さん、ありがとうございました!
飲んで食べて、そして走っての楽しい大会でした。







Last updated  2009.07.25 09:54:37
コメント(0) | コメントを書く
[スポーツ・ジョグ] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.