250191 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

贅沢な質素生活

PR

Calendar

Comments

mika*coco*@ Re[1]:こんなふうに育てたい(07/29) さち*さん お楽しみディでお会いした方で…
さち*@ Re:こんなふうに育てたい(07/29) ふと、ねねやさんのタロット占ってほしい…
mika*coco*@ Re[1]:うれしいプレゼント(04/24) どんげさん お久しぶりです。 「どんげさ…
どんげ@ Re:うれしいプレゼント(04/24) みかさん、お久しぶりです。開店おめでと…
mika*coco*@ Re[1]:サロンの場所が変わります(11/20) kekeさん 開業と言っても、週に2回サロン…

Freepage List

2014.12.19
XML
うずまきクッションの説明書 首がすわるまでの赤ちゃん編

上2枚の写真
生まれてから首がすわるまでは、
子宮の中にいたときの姿勢が赤ちゃんにとってストレスがないそうです。
お尻のあたりが丸くCの字になっている、こんなイメージでしょうか。
うずまきクッションを真ん中にくぼませるように巻き、そこへ赤ちゃんを寝かせます。
注意点は赤ちゃんの頭・おへそ・足先までがまっすぐになっていることです。
さらにおひな巻きにしてあげると、安心感が増しますね。

真ん中2枚の写真
うずまきクッションをお母さんの腰の当たりに巻きつけます。
その上に赤ちゃんを乗せて授乳。
お母さんが前かがみにならないように、高さを調節してください。
低い時はさらに座布団などを挟み込むといいですね。
その時もあかちゃんの頭・お尻・足先がねじれていないことが大切です。

下2枚の写真
うずまきクッションを二つ折りにして、お腹を入れて授乳もできます。
赤ちゃんが寝てしまったときにはこちらの方が動かしやすいですね。
でも、巻きつけたほうが腰痛防止になります。
更に添い乳のときにも使えます。
広げると長くなるので、枕にしてもう一方は足の下に入れてください。
うずまきクッションがない場合でも、
添い乳のときはひざとかかとのしたにクッションや座布団を入れると腰痛防止になります。

baby01

baby02

baby04






Last updated  2014.12.19 21:46:03
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.