116236 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

三笠の山に出でし月かも・・・・・日本はいい国だ

PR

全1件 (1件中 1-1件目)

1

お笑い

January 14, 2008
XML
カテゴリ:お笑い
 最近、お笑い(漫才)の世界で、特に若手が最も目指している選手権が、毎年12月に行われる『M-1グランプリ』だ。
 2001年からはじまった、まだまだ新しい選手権だが、歴代の優勝者を見ても、第1回の”中川家”を筆頭に、”ますだおかだ”、”フットボールアワー”、”アンタッチャブル”、”ブラックマヨネーズ”、”チュートリアル”と本当に実力があり、そこそこ面白い漫才コンビが優勝してきている。また優勝者はそれが1つのステータスと評価されることによって、テレビ等への出演が更に増えることもあり、年々、優勝を目指し出場者が増えている。

 さて、誰もが目指すこの『M-1グランプリ』の昨年度の優勝者が、”サンドイッチマン”。
 吉本興業ではなく、東京のフラットファイブを言う事務所所属の漫才コンビ。私も今回のM-1で、はじめて彼等の漫才を見たし、名前も知った。

 やはりM-1優勝の効果は大きく、年末年始、テレビで何度か”サンドイッチマン”の漫才を見た。(もともとは全くスケジュールが入ってなかったと思う。)
 ”サンドイッチマン”は、少しなつかしめの正統派しゃべくり漫才で、ネタはそこそこ面白い。
 まあ、少し売れ出してからが、本当の実力のみせどころで、こんな面白いネタが続くか、また漫才以外でも、面白さが出せるかが、生き残れるかのポイント。

 前にも書いたが、最近は、若手でそこそこ面白い漫才が増えた。最近の漫才コンビの中では、少し異質に見える”サンドイッチマン”だが、先ずは今年1年応援したいと思う。






Last updated  January 15, 2008 12:07:17 AM
コメント(9) | コメントを書く


全1件 (1件中 1-1件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.