000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【ブルーリボンサービスの流儀】                  

PR

Calendar

Favorite Blog

コーヒーとケーキと… インギー1383さん
お元気日記 金の粉さん
おかやま「包」パッ… まつたけ1017さん
岡山県倉敷市のタオ… 小トラ72さん
HOTEI。さんたの玉手箱 HOTEI。さんたさん

Comments

三日月51@ Re[2]:望ちゃんですかぁ(10/17) HOTEI。さんたさん >それより11/3シンフ…
HOTEI。さんた@ Re[1]:望ちゃんですかぁ(10/17) 三日月51さん 妹尾美穂さんのランチコン…
三日月51@ Re:望ちゃんですかぁ(10/17) HOTEI。さんたさん >望ちゃん 我娘とほ…
HOTEI。さんた@ 望ちゃんですかぁ 三日月51さんへ そんなこと聞いたよう…
三日月51@ Re:今度は重利さんですかぁ(10/17) HOTEI。さんたさん 音楽通のHOTEIさんはJ…
HOTEI。さんた@ 今度は重利さんですかぁ 良いですねぇ うらやましいです HOTEI…
三日月51@ Re[1]:熊山(508米)(10/02) HOTEI。さんたさん 山頂にあった熊山神…
HOTEI。さんた@ Re:熊山(508米)(10/02) おはようございます 15だったか22だっ…
三日月51@ Re:さすがにお元気で・・(09/24) HOTEI。さんたさん 山栗にススキ、すっか…
HOTEI。さんた@ さすがにお元気で・・ 台風一過で空気も澄んで 気持ち良かった…

全28件 (28件中 11-20件目)

< 1 2 3 >

桜町中納言

2008.04.18
XML
カテゴリ:桜町中納言
がいせん桜



今年のお花見シリーズに止めを刺すのは、岡山県下最後の

さくらの祭典『がいせん桜まつり』です。



旧出雲街道の宿場町・新庄村、町並みの両側に植えられた

日露戦争の勝利を記念する凱旋桜は137本を数えます。



樹齢百年を迎える古木の中には、桜守りによる保存治療を

受ける痛々しい木もありますが、そんな老木からもたくましく

花開いている姿は感動ものです。



がいせん桜2



松江藩松平家の本陣あとや脇本陣木代邸のある通りには、

石積みの清流豊かな水路が整備されており、軒先の池では

立派な鯉が泳いでいます。



生活用水にもなっている水路のせせらぎは、残したい「日本

の音風景百選」になっているそうです。



がいせん桜3



新庄川沿いの土手に植えられた50本の「ヤエベニシダレ」。

濃紅色のつぼみは今にも開こうとウズウズしているようです。



次の日曜日のメインカーニバルには、例年3万人の人出が

あると聞きました。あいにくの雨模様にも拘らずひと足先に

堪能させてもらいました。






Last updated  2008.04.18 18:11:17
コメント(0) | コメントを書く


2008.04.15
カテゴリ:桜町中納言
近水園1



足守藩主木下家の大名庭園で、小堀遠州流の園池を中心とした

池泉回遊式の築庭方式をとられた庭園は桜の名所でもあります。



木下利玄歌碑



池の鶴島に立つ木下利玄の歌碑には次の歌が刻まれています。

「花ひらをひろけつかれしおとろへに牡丹おもたく萼をはなるゝ」

まだ、疲れても衰えてもいないのに桜の花びらが無常に舞い散る

惜春の近水園でした。



近水園3









Last updated  2008.04.15 18:04:53
コメント(0) | コメントを書く
2008.04.08
カテゴリ:桜町中納言
鶴山公園1



西日本随一の桜の名所、森忠政公の名城「鶴山城」。

津山の友人から今日明日が最高の見ごろとの通報があり、

4年ぶり2回目のお花見に訪れる。



5千本の桜が咲き乱れる幻想世界に酔いしれてしまう。

普段は見上げる桜の木も、ここでは見下ろすことができて

雲に乗ったような気分を味わえる。



「花冷えの 城の石崖 手で叩く」 西東三鬼



鶴山公園2



鶴山公園3



鶴山公園4



鶴山公園6



友人のお奨めで初めて訪ねた「衆楽園」。

女学生がグランドでソフトボール練習をする津山商高に

隣接してあり、街に溶け込んだ気取らぬ庭園は好印象を

与える。



「絲櫻 水にも地にも 枝を垂れ」 山口誓子



衆楽園






Last updated  2008.04.08 17:52:21
コメント(0) | コメントを書く
2008.04.07
カテゴリ:桜町中納言
あいさわ一郎



午前8時、ビブレの前で街頭演説をする逢沢一郎衆議院議員。

雨ニモマケズ、風ニモマケズ、がんばっています。



信号待ちの間に聞いたフレーズには、桜のメッセージが・・・

逢沢議員が会長を務める「さくら振興議員連盟」というのがあり、

さくらを通した心の触れ合いや外国の方との交流を広げている

そうです。



さくらには人を狂わせる側面もあり、くれぐれもご用心願います。






Last updated  2008.04.07 11:48:01
コメント(0) | コメントを書く
2008.04.06
カテゴリ:桜町中納言
妹尾緑道公園



妻の所用で出かけた先で、思いがけぬ「桜の名所」を発見する。

第17回となる「歴史と文化のまち、妹尾箕島ふるさとさくら祭」が

開催されている。



かんばしいつつみの楽園=芳塘園(ほうとうえん)をメイン会場に、

妹尾緑道公園のソメイヨシノがほぼ満開状態である。



「名所に見所なし」とは言うものの、祭り実行委員会の皆さんの

ご苦労も知らぬよそ者が、こうして楽しませていただけることは

大変ありがたく感に堪えません。






Last updated  2008.04.06 20:18:16
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.29
カテゴリ:桜町中納言
内宮



岡山市浜野の事務所から船頭町の現場まで、自転車に乗って出かける。

車で通るたびに何時も気になっていた「内宮」に立ち寄ると、拝殿建て替え

のため整地されている。参道の桜はまだ一分咲きといったところ。



妙勝寺



昨年発見した船頭町にある「妙勝寺」。境内の日蓮聖人の立像に並んで

すでに枝垂桜が満開である。



夢遊C



現場のデザインスクール玄関では、学生の銀賞受賞「夢遊C(むゆう)」の

タイトルがついた作品が目を引く。



八角園舎



帰り道には市立図書館に隣接した国重要文化財「八角園舎」がある。

ここでは知人の世間亭師匠がいつも落語公演をしている。



春日神社



そして、今日の収穫一番は「春日神社」。自転車で通らなければ絶対に

訪れることは叶わなかったであろう価値ある神社。



岡山市の保存樹80数本の内、11本がここにあるという荘厳な鎮守の

森に座している。イチョウ、ケヤキ、ムクノキなどの巨大さは驚きである。

藤棚も見所となっている境内の桜は、こちらもやはり一分咲きくらい。



「『とうとう春がやって来た』春は馬車に乗って」よろしく、春は自転車に

乗って『恍惚として眼を閉じる』べしである。






Last updated  2008.03.29 17:09:20
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.26
カテゴリ:桜町中納言
開花直前



桜の開花情報を見ますと岡山地方は26日に開花済の

表示がされていて、後楽園の標準木にも何輪かの花が

開いたようです。



こちらは会社近くの旭川土手沿いにある、私の標準木

になっている桜です。蕾のピンクが目立つようになって

開花寸前の状況になってきました。



いつも待ち遠しい桜の開花ですが、いざ咲きはじめると

そんなにあわてないでゆっくり咲いてよ、と思ってしまう

のは私だけでしょうか。未練臭いですね。



潔い桜に反して、思い切りの悪い私には親鸞聖人の歌

「明日ありと思ふ心のあだ桜 夜半に嵐の吹かぬものかは」

が自戒の歌としてお気に入りです。






Last updated  2008.03.26 17:43:28
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.17
カテゴリ:桜町中納言
さくら歯科クリニック



今の季節にピッタリの歯医者さんを見つけました。

建物外装まで桜色に統一した歯科クリニックです。



従来、歯科医院の名前は院長の姓を付けるのが

圧倒的に多かったのですがコンビニの数を上回る

歯科医院業界では、このところ花や果物、動物の

名前を付けるのが増えてきました。



ひまわり、たんぽぽ、メイプル、オリーブ、アップル

マスカット、ビーバーなど等。



院長が女性の場合も多いのですが、タヌキさんや

キツネさん、クマさんのような先生があらわれると

驚きそうです。






Last updated  2008.03.17 16:48:37
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.16
カテゴリ:桜町中納言
岡本家墓碑



暑さ寒さも彼岸までの通り、ポカポカ陽気となった彼岸の入りを

前に墓そうじに出かけました。



周辺には梅や椿、それに山桜(?)が咲いています。

墓所にさくらと来れば、小林秀雄の『本居宣長』を連想します。



宣長遺言書の墓碑図解には花盛りの桜の木が描かれています。



「花はさくら、櫻は、山櫻の、葉あかくてりて、ほそきが、まばらに

まじりて、花しげく咲きたるは、又たぐふべき物もなく、うき世の

ものとも思はれず」(玉かつま、六の巻)



宣長ほど桜の歌を沢山詠んだ人もないようです。



我心 やすむまもなく つかはれて 春はさくらの 奴なりけり

此花に なぞや心の まどふらむ われは櫻の おやならなくに

櫻花 ふかきいろとも 見えなくに ちしほにそめる わがこころかな



わが家の墓所内にも桜を一本植樹して、願はくは花のしたにて

春死なんなんぞと思いながら墓石のそうじをしました。






Last updated  2008.03.16 14:14:42
コメント(0) | コメントを書く
2007.10.13
カテゴリ:桜町中納言
宗堂桜



瀬戸町万富にある運送会社の現場へ向かう途中、

廃寺となった宗堂山妙泉寺跡にある宗堂桜に立ち寄る。



雲哲上人の死を悼んだ桜が、花弁の一部を内にまきこみ

結実しなくなったと言われているそうです。

忠義を絵に描いたような伝説であります。



宗堂コスモス



こちらは、整備された駐車場の周りで主を知らぬであろう

コスモスが咲き誇っていました。

清々しい気分で現場に向かうことができました。

忙中閑ありの一コマです。






Last updated  2007.10.13 18:19:30
コメント(0) | コメントを書く

全28件 (28件中 11-20件目)

< 1 2 3 >

Profile


三日月51

Recent Posts

Category

Archives

・2020.02
・2020.01
・2019.12
・2019.11
・2019.10
・2019.09
・2019.08
・2019.07
・2019.06
・2019.05

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.