194904 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【ブルーリボンサービスの流儀】                  

PR

Calendar

Favorite Blog

コーヒーとケーキと… インギー1383さん
お元気日記 金の粉さん
おかやま「包」パッ… まつたけ1017さん
岡山県倉敷市のタオ… 小トラ72さん
HOTEI。さんたの玉手箱 HOTEI。さんたさん

Comments

三日月51@ Re[2]:望ちゃんですかぁ(10/17) HOTEI。さんたさん >それより11/3シンフ…
HOTEI。さんた@ Re[1]:望ちゃんですかぁ(10/17) 三日月51さん 妹尾美穂さんのランチコン…
三日月51@ Re:望ちゃんですかぁ(10/17) HOTEI。さんたさん >望ちゃん 我娘とほ…
HOTEI。さんた@ 望ちゃんですかぁ 三日月51さんへ そんなこと聞いたよう…
三日月51@ Re:今度は重利さんですかぁ(10/17) HOTEI。さんたさん 音楽通のHOTEIさんはJ…
HOTEI。さんた@ 今度は重利さんですかぁ 良いですねぇ うらやましいです HOTEI…
三日月51@ Re[1]:熊山(508米)(10/02) HOTEI。さんたさん 山頂にあった熊山神…
HOTEI。さんた@ Re:熊山(508米)(10/02) おはようございます 15だったか22だっ…
三日月51@ Re:さすがにお元気で・・(09/24) HOTEI。さんたさん 山栗にススキ、すっか…
HOTEI。さんた@ さすがにお元気で・・ 台風一過で空気も澄んで 気持ち良かった…

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >

桜町中納言

2010.04.07
XML
カテゴリ:桜町中納言
鶴山公園2010

ずいぶん前から母親と交わしていた鶴山公園の桜まつり見物の約束を、6人兄弟の末の叔母を伴って果たすことができた。今年喜寿を迎える母親は冥土の土産ができたと大喜びだったが、倅としては嬉しいような反面寂しい気持ちがした。

マジックショーを横目に見ながら登る階段は老母には少しキツイかなと心配したものの、頂上からの眺めは絶景だから元気を出して行ってみようと促がすと、案外軽く応じて頑張ってくれた。雲海を見るような満開の桜に、空を飛んでいるようだと感嘆の声を上げてうっとりとしていた。

復路の急な下り坂では、叔母の一言により照れることなく手を差し伸べたのだが、子供が手をつなぐような気やすさで握り返されてこちらがドギマギしてしまった。まだ背負ってその軽さに驚いたことはないけれど、それに近い感傷にひたってしまった。また一緒に訪れることを祈るしかない。






Last updated  2010.04.07 17:36:04
コメント(2) | コメントを書く


カテゴリ:桜町中納言
吉備の中山登山道

吉備津神社から吉備津彦神社への往復約4キロの道程をウォーキング。○○街道と呼ばれた山沿いの道は結構な車の通行量で歩き難い。吉備津彦神社境内に一本だけある桜は満開で、隣接した吉備の中山登山口にある桜たちも艶を競っていた。今宵も張り巡らされた提灯に明かりが点ることだろう。






Last updated  2010.04.07 08:28:09
コメント(0) | コメントを書く
2010.04.02
カテゴリ:桜町中納言
半田山植物園の桜は五分咲きくらいです。三十数年前にここで開いた夜桜見物では、傾斜地のため酔っ払って転げたような記憶があります。酒盛りをするには不適切な高台の桜の名勝地です。

半田山植物園1
<花壇のチューリップは一分咲き>

半田山植物園2
<ビッグツリーの枝垂れ桜>

半田山植物園3
<隣のカメラマンに倣って狙った構図>






Last updated  2010.04.02 17:56:31
コメント(0) | コメントを書く
2010.03.30
カテゴリ:桜町中納言
近水園2010/3

北区足守にある『近水園』の桜は一分咲き。木下利玄の生家を復元中。4月4日(日)には桜まつりが開かれる。






Last updated  2010.03.30 17:11:36
コメント(0) | コメントを書く
2009.04.16
カテゴリ:桜町中納言
がいせん桜

次の日曜日に予定されているカーニバルを前に、満開の開花情報が出された新庄村の「がいせん桜」をもう一度見たくなって、思い切って出かけた。

高速道を降りる手前で寄った蒜山高原SAの桜情報には、すでに「散りはじめ」の表示がなされていて、今年はずいぶんと開花時期が早かったのが分かる。

雨模様の天気のせいか気温は9℃と岡山市内より10℃近く低い。それでも平日にかかわらず桜に惹かれた人出はかなり多い。

青葉が目につくようになった葉桜は、満開を待つころの華やかな雰囲気と違って、清々しい季節の到来を予感させる新鮮な趣きが漂う。

老桜の太い幹を労わるように撫でながら、「今年もきれいに咲かせてくれたんじゃなぁ~」とつぶやくおばあちゃんの姿が印象的だった。






Last updated  2009.04.16 18:02:52
コメント(0) | コメントを書く
2009.04.11
カテゴリ:桜町中納言
養護学校桜並木

雨天の少なかったこの春は、桜の命も心なしか長く、存分に楽しませてくれました。写真左手は西養護学校前の川沿いに咲く桜並木、右手はトレーニングに通う健康づくりセンターの新緑の並木です。

突き当たりの正面に映る薬局のミドリ十字がプラスに見えて、桜並木+新緑並木のナゾ掛けにも思われます。ミドリ十字といえば非カネツ(加熱)製剤によるエイズ感染です。桜への思いのカネツ(過熱)は新緑の季節への欠かせざるステップかもしれません。






Last updated  2009.04.11 18:41:23
コメント(2) | コメントを書く
2009.04.06
カテゴリ:桜町中納言
旭川さくらみち

毎年春になると保健所に提出する報告書があり楽しみにしている。ご存知のとおり岡山保健所は旭川土手沿いの好立地で、「さくらみち」の満開の桜見物に絶好のスポットにある。

ノロノロ運転が続く北行きの車列に入っても一向に苦にならない。お馴染みの光景に「いつもと同じ春」を迎える有難さと難しさを感じる。

一昨年のお花見会では焼肉ばかりに目が行って岡山城は視界に入らなかったが、土手から見やると桜雲の間に聳え立つ天守が威容を誇っている。

吹く風に早くも舞い散る花びらが、全開した窓から入ってきて風流この上ない。ブルーシートに宴をはるのも楽しいけれど、車窓からの束の間のお花見も桜を愛でるには変わりない。






Last updated  2009.04.06 18:20:22
コメント(0) | コメントを書く
2009.04.02
カテゴリ:桜町中納言
姫路城

世界文化遺産に登録された国宝姫路城へ花見遊山に出かけた。大手門より入城し菱の門を潜って、美しい曲線美を見せる石垣「扇の勾配」、播州皿屋敷で有名な「お菊井戸」を見やりながら天守閣をめざす。城内の桜は五分咲きといったところ。

本丸にたどり着くと、その堂々たる大天守の迫力に圧倒された。さすがに天下の名城、壮麗な城郭は比類なき傑作であり、70万坪に及ぶ敷地は途方もなく広大である。姫路市の中心にあってその存在感は絶大である。

切手や写真でよく見る西の丸からの眺望がもっとも美しい。百間廊下の窓に映える桜と天守を千姫もこうして眺めたのだろうか。御国替えが宿命の大名たちも競って入封を願ったのではないだろうか。

西の丸






Last updated  2009.04.02 17:50:52
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.14
カテゴリ:桜町中納言
浜野の桜

13日、福岡市では桜(ソメイヨシノ)の開花を観測したと発表され、全国で一番早い開花宣言がなされた。統計開始以降の同市で最も早い開花となった模様である。

写真の花開いた桜は、会社近くの自分の標準木としているソメイヨシノに寄り添ってたつ樹で種類は分からない。今年は例年よりも早咲きが予測されているので、観桜のスケジュールも早めなくてはいけない。






Last updated  2009.03.14 14:49:13
コメント(0) | コメントを書く
2008.05.12
カテゴリ:桜町中納言

ま夏日の 日のかがやきに 桜の実

   熟みて黒しも われは食みたり (斎藤茂吉)



「さくらんぼ」や「桜の実」は夏の季語なんですね。

花を愛でた春から、早くも初夏への移ろいです。



さくらんぼ



さくらんぼの主成分は糖質で、カロチンやカリウム、

鉄分がたくさん含まれています。

なかでも鉄分は、他の果物と比べて群を抜いており、

貧血や疲労回復、冷え性に効果があります。

カロチンとカリウムは、ナトリウムの排泄を促進して

高血圧を予防します。



野鳥の皆さん、今年は少しお裾分けをしてくりやれ!






Last updated  2008.05.12 20:25:15
コメント(0) | コメントを書く

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >

Profile


三日月51

Recent Posts

Category

Archives

・2020.01
・2019.12
・2019.11
・2019.10
・2019.09
・2019.08
・2019.07
・2019.06
・2019.05
・2019.04

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.