000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ももちゃん日記~元気で陽気な愛犬みーちゃんと、飼い主ももちゃんの日常です。

PR

X

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

カテゴリ未分類

2012/11/27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
窓にピタッとシート
121115.jpg

少し前から、朝の寒さは、
全くの”冬”と言った感じではないけど、
”秋”は、完全に通り越してしまっているナ
と思う。

最近では、プチプチにのりがついた
(と書かれてあった)「窓にピタッとシート」
と言うものが売られており
面白そうだったので、早速、家のサッシにも
貼ってみた。
部屋の中が、想像以上にあたたかくなり
かなり満足。

剥がれやすいように見えなくもないけど
粘着力が強過ぎても、不要になった時の
後始末が大変そうだから、丁度良いのかな。

これで少しは、省エネ効果を期待出来るかも。

本格的な冬は、すぐそこまで来ていて
ちょっと憂鬱。
札幌時計台.jpg

121127.jpg




飽きないもの

外国のミュージシャンによるカバー曲の特集を
やっていたのか、ユーミンの「翳りゆく部屋」が
ラジオで流れる中、ガレッジセールのゴリさんが
「世界に通用するような曲が作れるのはすごい・・」
みたいな内容の事を話していた。

”な~んかいい感じだ”
と思いながら、その場を離れ再度戻って来ると
今度は、

「♪誰も皆 悲しみを抱いている
だけど素敵な明日を願っている
臆病風に吹かれて 波風がたった世界を
どれだけ愛することが出来るだろう?♪♪」

だって!! いいな~。」
などと言っていた。

確かに、”いつ聴いてもミスチルっていいな”
と感じつつ、「HANABI」が終わるまで、
キッチンの椅子に座り聴き入ってしまった。

かつては大好きだったEXILEも、
最近は、”どこに向かおうとしているのだろう?”
みたいな事は、時々思ったりもするけど、
あまり興味がなくなった。

”飽きないものと飽きちゃうものとの違いって
何なのだろう?”
と、考えてしまった。

そして、この後、何気にCDの人気ランキングを
チェックしてみたら
偶然にも・・

1位
ミスチルの「(an imitation) blood orange」
2位
ユーミンの「日本の恋と、ユーミンと。」
3位
EXILEの「EXILE BEST HITS -LOVE SIDE/SOUL SIDE」
と言った順位となっており、驚きだった。

>> CDランキング11月27日(火)更新
(集計日:11月26日)


シンクロとは、ちょっと違うけど、
たまたま、ラジオをつけて耳にした曲の
アーティストやふと思い浮かべた人達の
アルバムが、ベスト3に並んでいたと言うのは
とても面白い。




タヌキ

どうやら、家には、タヌキがいるらしい・・

家の前に、かつて祖父母が利用していた
二階建ての古い物置があるのだけれど、
築70年近くになる位、古いものであるため
窓なども、今では完全に壊れている状態。

そこから、犬でも猫でもない動物が
出て来たのを、しっかり確認した人物が
いると言うわけで・・

その人は、
「突然、アライグマが出て来て眼が合った!」
みたいな事を言っていたのだけれど、
こんな所に、アライグマが生息している筈は
ないので、おそらくタヌキだろうと言う事に
なったのだ。

この辺は、確かに田舎ではあるけれど、
山ではないし、一応関東平野の一部でも
あるので、タヌキがいるって事も
本当は信じられないのだけど、
実際には、ゴルフ場の奥の茂みなどに
いるらしい。

最近、夜、みーちゃんが吠えている事が多く
近所迷惑になるので、とても気になっていた。

理由は、このタヌキさんだったらしい。

タヌキは雑食性なので、何でも食べるようだ。

”住みついてしまったら、どうしよう?”
と思ってしまう。

そこで、

ドリトルAちゃんをつかまえて

「最近、タヌキさんが来て困ってるんだけど
どうしたら帰ってくれると思う?
出来たら、タヌキさんに聞いてもらえると
嬉しいんだけど・・」
とお願いしてみたところ

「壊したら出て行くって。」
と、すぐに返事が返って来たのには
本当に驚いた。

さらに、
「壊さなくても出て行ってもらうのには
どうしたらいいのか聞いてみて。」
と言ってみると、今度は
「『壊さなければ、絶対に出て行かない』
って言ってる。」
と。

「それは困った。でも有難う。」
と言うと、
「うん。」
と、何事もなかったかのように
おもちゃで遊び始めたAちゃん。

不思議な感覚には慣れたつもりだけれど
やはり驚きは隠せないと言うのが本音。

何故かと言うと、Aちゃんには、
「タヌキさんが来て困ってる」と言っただけで
物置にいるとは、一切話していなかったからだ。

「壊したら出て行くって。」
と言うタヌキの言葉(笑)は
物置を壊すと言う意味にも受け取れるので。

う~ん。
やっぱり、ふ・し・ぎ・・





これは、レッサーパンダです。
121127レッサーパンダ2.jpg

121127レッサーパンダ.jpg


オオカミ

121127オオカミ.jpg


ハイエナ

121127ハイエナ2.jpg

121127ハイエナ.jpg


シマウマ

121127しまうま.jpg


カエル

みーちゃんではありません。

121127カエル.jpg











Last updated  2012/11/28 12:25:18 AM
コメント(0) | コメントを書く


2006/04/16
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日咲いていた花


楽しいワン



お昼ねしたいヨ





動物園の近くに住みたい!


今日、
みーちゃんは、狂犬病予防接種の日だった。

本当は、
いつもより静かにしていなければいけないのに、

日曜日は、
大好きな人達に、たくさん会える日なので、
はしゃいでしまって大変な1日だった。

明日、熱出たりしなければ良いのだけれど。

大好きな場所にも連れて行ってもらえたので、
とてもご機嫌な1日だったようだ。

いつもより、ずっと早く眠ってしまった。

寝顔に、癒される。

ただ見ているだけで。

動物って、とても不思議な存在。

動物園の近くに住みたい!





「マトリックス・リローデッド」


「マトリックス」って、
難し過ぎて、良く分からない。

でも、観ていると、それなりに面白いのは
何故なんだろう?

昨晩、「マトリックス・リローデッド」
最後に近いところだけ観た。

「マトリックス」「の全ての入り口にアクセス可能な人物
“キー・メーカー”
私は、ちょっと気に入っている存在。

過去に、二回位観た事があるのだけれど、
やはり、ひじょ~に難しくて、

”どう言う事??”
と疑問に感じながら、いつも観ている状態。


過去に、機械と人間の間に戦いがあって、
機械側が勝利して、
人間は、機械の支配下に置かれる立場になり、

尚且つ、脳内の電流をエネルギー源として使われる
サイバー人間?のようなものになってしまった

しかも、機械側が利用出来ない人間以外は、生き
残れなくて・・

サイバー人間に、共通の夢を見させるようにしむける事で、
現実世界で生きている様な感覚を与え、

精神面で、安心感のようなものを感じられるよ
うにする。

その仮想現実が「マトリックス」 

「マトリックス」の創造者は、
アーキテクト(設計者)というプログラム。


初代「マトリックス」が失敗に終わり
崩壊してしまった為に、

新しいマトリックスを作るのだけれど、
結局、こちらも崩壊してしまう。

そして、更に、次の「マトリックス」
を作る事に成功する。

その時に、知恵を貸してくれたのが、
オラクル(預言者)と言う
(プログラム)事なのかな

「“選択”という行動を与えると、
99.9%(99%だったかも?)の人間が
プログラムを受け入れる」

みたいな事を言っていたのが、
ちょっと面白かった。

これによって、
「マトリックス」の寿命を大幅に
延ばすことに成功したのだけれど、

また、そこで新たな問題が発生する。

「選択」という解決法は、システム上に
矛盾を発生してしまう事があるのだそうで、

それが、アノマリーの発生。

そのまま放置すると、「マトリックス」
の崩壊に繋がってしまう。

その対策として、
アノマリーを一括管理する場所
「ザイオン」が誕生する。

そして、
アノマリーも計算に入れた新しいものへと
バージョンアップして行く。

救世主の役割は、
アノマリーをシステム中に組み入れる為に、
自身をソースに分散して、

「マトリックス」
リロードする事


その為には、
ザイオンも、一度リセットしなければならない。

これをしないと、「マトリックス」は崩壊し、
そこに接続された全ての人間も滅びてしまう。

それは、全人類が絶滅してしまうと言う事。


右のドアは、ソースへと続くドア→リロードすることで
「マトリックス」の崩壊を防げる。

左のドアは、元の世界へ戻るドア。

全ての前任者達は、右のドアを選び、
「マトリックス」リロードし、ザイオンを再建する
道を選んできた訳だけれど、

ネオは、トリニティを救う為に、
左のドアを選んでしまった。

・・・・・・

本当に、良く分からない。

未だに、的世界。


でも、つい引き込まれてしまう。

本当は、どう言う物語なのか・・

正しい内容を知りたい・・




今日、聴いた音楽


HY「Confidence」

ちょっと、いい感じ。

canvasとか・・










Last updated  2006/04/17 01:00:04 AM
コメント(14) | コメントを書く
2006/03/17
カテゴリ:カテゴリ未分類

新素材?




近くまで、工事が済んでいると言う事を聞いたので、

”出来る事なら、「光」に変更しよう。”
と思い、調べてみたら、ダメだった。


田舎は、悲しい。

2km離れた地域までは、大丈夫なのに・・


仕方ないので、とりあえず、
12M50Mに変える手続きをした。

そして、14日。

”少しは、快適になるかなぁ。”などと、期待しつつ、
モデムセットアップを始めた。

IPアドレスデフォルトゲートウェイ等が、
正しく設定されているかどうかも確認。

ネットワーク設定は、問題ないらしい。

ガイドブックが、あったので、知識は不要。
数分で済んでしまった。

次は、メールソフトの方も、チェック。

アカウント設定のテストも、うまくいったので、
早速、インターネットに接続。

な~んか、前より遅くなった感じ・・

気のせい? 

数日前から、メール受信が、おかしかったので、
プロバイダが提供しているメールサービスの画面を開いてみた。

『・・プロバイダのメールサーバかもしれません。加入しているプロバイダのサイトに“お知らせ”等はでていませんか?もしくは、ミケスヌちゃんのメールボックスの不調。メールボックスの中身に不具合が発生することもアリです。・・』


と言うイプサム307さんのご指摘通り、

『迷惑メールフォルダ内のメールの一部に不具合が発生しておりました。対処方法などの詳細につきましては以下をご参照ください。ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。』

みたいな記載があった。

対処方法は、こちらからと、リンクが貼られていたので、
たまりにたまっていたメールを削除し、リンクアドレスをクリック。

すると、

”ページを表示できません。
検索中のページは現在、利用できません。Web サイトに技術的な問題が発生しているか、ブラウザの設定を調整する必要があります。 ”


の表示。


”何故?”

他のページを開いても、皆同じ。

メールソフトを起動し、送受信を試みる。
エラーメッセージが出て、こちらもダメ。

”ネット接続出来ない・・。”

仕方ないので、今度は、
付属の”おまかせセットアップ CD”と言うのを利用し、
再度セットアップ。

パソコンの自動診断 → パソコンの設定→
モデムの接続 → インターンネットへの接続→
メールの設定で終了

と進むのだけれど、

最後の”メールの設定”画面が、いつまでたっても終らない。

数分かかる場合があります。”

との事なのだけれど、
数分どころか、1時間近く、放置しておいてもダメだった。

次の日。

サポートセンターにTELしてみたところ、

12Mだったのを、50Mに変更した事で、
信号が不安定な状態になっているのが原因だと思われるので、
1日かけて、調整してみますとの事。
それでもダメなら、再度連絡を。”


と言う事になった。


昨晩は、目が覚める程、大きな音がするだった。

”ついてないなぁ。何故、今、なの??”
と。

ダニエル・パウター
「バッド・デイ~ついてない日の応援歌」 聴きたい気分。
   
以前、
購入したばかりのFAXを、で壊した事が、
思い出される。
知人も、「で、モデムを壊された。」
と言っていた。

調整が済むまでは、
モジュラーケーブルも、アダプターも外してはいけない。”

と言われているので、とても迷ったのだけれど、
大丈夫な事を願いつつ、そのままにしておく事に決めた。

そして、今日。

ネット接続も、メール送受信も出来た。

あとは、メール問題を解決しなければ・・

ネット接続が出来ないと、やはり、困ってしまう。
いつの間にか、そんな生活になっていたと言う事に、
改めて気付かされた。


それから、
夜中に、一生懸命お仕事をされていらっしゃる方々の事を思い、
感謝の気持ちでいっぱいになった。

一度、の影響が心配で、
電話機のある場所まで行ってみたのだけれど、
(AM5:00頃)

モデムの後ろのランプは、異常な状態のままだった。

それが、AM7:30頃には、正常なものに変わっていたのだ。

”お疲れ様でした。”

と一言言わせて頂きたい。

そんな気分。





ハル 哲学する犬

ハル 哲学する犬

は、蓮池 薫さん


「最初に わたしは この「ハル」を読んで、
人の心を豊かにしてくれるやさしい言葉の いっぱいつまった、
とても素敵な本だと感じました。

その感動は 翻訳の過程で ますます強くなりました。
とても楽な気持ちになれたし、ほのかな幸福感にも浸れました。
こんな気持ちを自分だけでなく、身近な人にも伝えたくなりました。

・・・・・・」

との事。

その言葉に惹かれ、買ってしまったのが、この本。

まだ、少ししか読んでないけれど、癒されます。

挿絵のワンちゃんも、可愛くて。








Last updated  2006/03/17 11:44:30 PM
コメント(12) | コメントを書く
2006/03/13
カテゴリ:カテゴリ未分類

黄梅・沈丁花

春が来た





サラサラストレート

ストパーをかけた。
これで、一ヶ月と少しは、朝が楽。
寝起きのままでもOKな位に、
サラサラストレート状態だ。

”何で、こんなに艶が出るのか?”
と思う程、光っている。
眩しい!

でも・・
髪が、すご~く痛む。

手入れが楽で、
見た目も、嬉しくなる位、整うのだけれど、
髪の悲鳴が聞こえて来そうな気がして、

ストパーをかけるのには、
とても決心を必要とするのが常。

それと、時間がかかるのも、困ってしまう点。

トリートメントをプラスすると、
4時間を越えてしまうから。

美容師さんには、
「せっかちですねぇ。」
と笑われてしまうのだけれど、

4時間以上美容院で過ごすと言うのは、
こちらにも、かなりの決心が必要だと思う。

気遣って、色々と話しかけて下さるので、
それなりに楽しく話題も尽きないのだけれど、
ちょっと長過ぎ。

古いものでも良いから、映画が観られたりするとか
・・

そう言うのが出来たらいいのに。





今期ドラマ


連続ドラマは、あまり見ない。
見たとしても、一つ位と言うのが、常だった。

時間曜日を、いつも気にしていなければならないのが
面倒だと言うのが、一番の理由。

録画したとしても、
次の回までに、見終えておかなければ意味ないから、

そう言うのは、多分無理だと思うし・・。

でも、今回は、

「アンフェア」
「神はサイコロをふらない」
「輪舞曲」


を、毎回と言う訳ではないけれど、見ている。

「時効警察」「喰いタン」

こちらも、一話完結みたいな感じなので、
気が付いた時は、必ず。

一つに絞り込む目的で、
チェックしてしていたつもりだったのに、

それぞれに、良さがあって、
選ぶ事が出来ずに、今日まで来てしまったのだ。



「時効警察」は、何もかもが可笑しくて、

「喰いタン」は、
食べ物食べると言う事について、
かなり色々な事を考えさせられる内容だったと思う。

「食育」と言う言葉を連想させる。
と言うか、そんな感じ。

「神はサイコロをふらない」

”10年前になりたかった自分に、今なっていますか?”

と言う言葉には、ドキリとした。

毎回、号泣と言うのではなくて、
じんわりと涙が出てくる。

そんなドラマ。

深刻な話なのに、暗く感じられないのは、
小林聡美さんだからなのかな?

彼女以外の人が、演じていたら、
もっと重くて悲しいドラマになっていたような気がする。


こんなにテレビを見たのは、初めて。

ちょっと、疲れた。




モデムの不調?

インターネットは、問題なく出来るのに、
メールの送受信が、変な感じ。

システムの完全スキャンをやってみた。

システムの状態は、”問題ありません”
との事。

ウィルス定義ファイルは、いつも更新しているし、
電子メールスキャンも、有効にしてある。

モデムの不調?

でも、ネットは出来るのだから・・

明日は、原因究明の日になりそう。








Last updated  2006/03/14 12:53:16 AM
コメント(8) | コメントを書く
2005/07/13
カテゴリ:カテゴリ未分類

おやすみなさい



みーちゃん用に、
ササミジャーキーを作った。

すご~く美味しそうな香りがしたので
食べてみる。
味付けしてないただのササミなので、
あまり美味しくはない。

みーちゃんにあげた。
大好評!! だ。
ほんと~に、嬉しそう。
ニコニコしているように見えるので
こちらも、つられて笑ってしまう。

笑顔の伝染。
そんな感じかな。

みーちゃんは、嬉しい時、
ほんと~に 嬉しそ~な顔をするから。


これでは、飼い主の方が、
まさに、パブロフの犬状態だ。

でも、条件反射とは、やはり、
ちょっと違うのかも知れない。

条件反射的な笑顔と言うのは
気持ちがこもっていない笑顔。
そんな気がするから。

イメージとしては、
マニュアルにのっとった形式的
「いらっしゃいませ~。」
そんな時の笑み。

勿論、本当に心のこもった
「いらっしゃいませ~。」の方が、
遥かに多いと言うのが現実だと
思うけど。



「そうそう、その笑顔なんだよ。
それを見ると、また、仕事頑張ろう!
って気になるんだよねえ。
有難うございます。」

と、美容師さんから、言われた事がある。

輝くような笑顔で。

一瞬、何の事を言われたのか、
分からなかった。
その笑顔って、どの笑顔?
何の事???

髪が、スッキリして、嬉しかったので、
帰り際に、

「これで、当分、朝が楽。
有難うございました。」

と、普通の事を言っただけなのに。

本当に、嬉しく思っていたから、
きっと、みーちゃんと同じように
うれしそ~な顔してたのかも知れない。

”もったいな~いお言葉”
そう思った。
有難過ぎで、恐縮してしまう気分だけれど、
やはり、とても嬉しい。

私の方も、
美容師さんの輝くような笑顔を見て
幸せ気分になった。


笑顔は、
言葉を超える時があるのかも知れない。

気持ちが通じ合えるような笑顔。

そう言うものに出会えた時、
人は気持ちが動くのだと思った。

パブロフの犬を連想させるような
笑顔ではない本物の笑顔に。







Last updated  2005/07/13 11:50:18 PM
コメント(8) | コメントを書く
2005/05/31
カテゴリ:カテゴリ未分類

お休みしよう

ほんと~に、ブラシみたい。
グラスが、洗えるかも?



ブラシの木



距離は、分かっていた。
5.5km。

あと、1km・・・
と言う事は、ここを右折すれば良い訳だ。
目的地まで、丁度その位だと思うから。

右折しながら気付いた。

”突当りを右折” だと教わった。
その突当りが、
今までのコースの中に出て来なかった
と言う事実に。

”突当り”は、一体、
どこへ!?


結局、
20分で到着する所に、
倍近くの時間をかけ、
やっとの思いで辿り着いた。

”本当に、怖かった。”

迷っていると、突然目の前に
4車線道路が出現したのだ。

そのような所へ、
入り込んでしまったら最後、
どこまで行ってしまうのか、
自分でも分からない。


”私は、誰なの?”
までは行かないけれど、

”ここは、どこ???”
状態になる事は、確実だ。

いつ、帰宅出来るのかを
予想する事すら出来ない。

とっさに、左折した。

全ての道が、
半時計回りに出来ていれば、良いのに

と、心から願う程、右折が苦手なのだ。

”グルグル、左渦巻状に運転していれば、
いつの間にか、目的の場所に到着”

何と、素晴らしい!事だ。
本気で、そう思う。

1kmが、そんなに長いなんて・・


後で、分かった事なのだけれど、
正しい右折の場所(突当り)
3本前の信号を、曲がってしまったらしい。



1kmが、そんなに長かったなんて・・・・・
ほんと~に、知らなかった。
驚いた。










Last updated  2005/05/31 09:39:44 PM
コメント(6) | コメントを書く
2005/05/17
カテゴリ:カテゴリ未分類

さくらんぼの赤ちゃん
大人になった?


昨日のみーちゃんのくしゃみを見て、
思い出した事があった。

夏の或る日、信号待ちで止まっていると、
右側の車線に、軽トラが、停車した。
荷台に、豚さんが乗って、こちらを見ていた。

”何て、可愛いのだろう!”
と、嬉しく思った。

子供の頃、実際に、触らせてもらった経験が
あるし、「ベイブ」を観てから、それ程、月日が
経っていなかったので、
”こんな所で、本当に子豚を見られるなんて、
何てラッキーなのだろう!!”

と、本当に、嬉しかった。

真夏だったので、冷え冷えにする為、窓は
もちろん、締め切り。
ほんと~に可愛かったし、こちらをじっと
見ているので、
”あけちゃおうかな~ ”
と思った、その瞬間、
窓いっぱいに、水のようなものが飛んできた。

何が起きたのか分からなかった。
子豚の向こうに、人が隠れていて、水鉄砲か
何かで、水をかけた??
そんな事が、ある筈ない。
荷台に、人が乗っては、いけないと思うし・・・・・???
色んな思いが、頭の中を駆け巡る。

”豚さんは?”と言うと、
何事もなかったかのように、じっとこちらを見ていた。

でも、さっきの顔と、どこか違ってる・・・・・

鼻の穴から、水のようなものが、垂れている・・


と言う事は、この水は、豚さんの”鼻水?!”

”危機一髪!!”
”不幸中の幸い”
”神様、有難うございました!”


である。

あの時、(”あけちゃおうかな~ ” と思った)
ボタンの上まで、指が行っていたのだった。

危うく
顔に、”いただきま~す” をしてしまうところだった。

帰宅して、すぐに、カーシャンプーで、洗ってみた。
だいたいは、綺麗になったのだけれど、
真夏で、ウィンドーが、カラカラに乾燥していたせいも
あるのかな?
灼熱の太陽で、焼き付けられてしまったかのように
小さなこびりつきが、頑固に張り付いてしまっていて、
何回こすってみてもダメだった。


雨が降っても、だめだった。
もう一度、洗ってみた。
だめだった。


ガソリンが、なくなりそうなので、GSへ行った。
店員さんが、いつものように、ウィンドーを、
ピカピカにしてくれていた。
”ア~ッ どうしよう!”と思った時には、
例の箇所を拭き去った後だった。

”ごめんなさい。”と思った。
でも、もし、その前に気付き
「豚の鼻水が、ついているので、ここは結構です。」
と言ってみたところで、信じてはもらえないかも
知れないし
”変な人だ。” と、反対に怖がられただけだった
かも知れない。
と思った。

豚に、鼻水をかけられた事がある人なんて、
この辺では、きっと私位に決まってるから。


”本当に、ごめんなさい。”
と思いながら、帰宅した。

こびりつきは、少しだけ小さくなったように
見受けられたが
やはり、ガラスに、張り付いたままだった。







Last updated  2005/05/18 12:13:41 AM
コメント(4) | コメントを書く
2005/05/05
カテゴリ:カテゴリ未分類


(時間がないので、
使いまわし (T_T))


ちょっと、まって!



~今日のわんこ~

何故かって言うと・・


こ~んな顔しかしてくれなかったから
    ↓

こ~んな顔しか・・



色々、やってみたい事があったのに、
GWで、ゴミの日が、2日も、ダメになってしまったから、
明日の朝は、とても、大変だと言う事に、今気付いた。

大きな袋が、3つ。
もしかしたら、もっとかも?


~今の飼い主の気分~

(使いまわしである)



やってられないね!


日ごろから、
ビタミンB群のサプリを飲み、
ゴミ出し時に、全力疾走しても、
足がつらないよう、気をつけてはいるが、
時間的な面で、情け容赦がないと言う事に
変わりはない。

と言う事で、夜更かしは中止。
ちょっと、がっかり。








Last updated  2005/05/06 09:56:53 AM
コメント(6) | コメントを書く
2005/04/30
カテゴリ:カテゴリ未分類

それ、ください


”金縛り・・原因は睡眠不調”


と、新聞に書かれてあった。

福島大学の教授をされている福田さんと言う方が、
金縛り現象の研究に取り組まれていらっしゃるとの事。

私も、中学生の頃、3回位、体験したことがある。
”睡眠中、はっと気づくと、体が動かない。
物音。人の気配。だれかが胸の上に乗っている。”

と書かれてあった。
そうそう、その通り。

それに加えて、私の場合は、
首を、じわりじわりと絞められているような気がした。
息遣いのようなものさえも感じ取る事が出来た。

必死で、手を、ふりほどこうとするのだけれど、
自分の腕が、手が、全く動いてくれない。
誰なのかを、確かめようと思い、目を開こうとする
のだけれど、恐怖の為なのか、それも出来ない。

”もう、ダメ!!”と感じたところで、
ふっと、胸の上から、人が、いなくなり、目が覚める。
本当に、怖かったので、未だに忘れることが出来ない。

”金縛りにあった本人は、目覚めているつもりだが、
実際には、眠ったまま。
そして、「金縛りの時に見たり聞こえたりするものは、
脳が作る幻覚や幻聴です。」

との事。
”医学的には、「睡眠まひ」と言う生理現象だとある。”
”体は、眠っているのに、脳の一部だけが活動した状態に
なる。体を動かそうと言う意思があっても、体には
伝わらない。この時、金縛りや幻覚が起こりやすい。
・・・・・
胸の圧迫感をおぼえることも多い。
「人が乗っている」と感じる理由だ。”
と。
原因としては、
”睡眠のリズムが乱れているためで、
若い人に多く、4割の人が、一生に一度は体験する
とされる。”

との事だった。

一人暮らしの時に、何の知識もなく、そのような状態に
なったら、本当に、恐怖だろうなあと思う。


原因を知っていれば、対処が出来て避けられる恐怖も
あるのだ。

”規則的で深い眠りを取り戻すことが大切だ”
あった。









Last updated  2005/05/01 12:12:01 AM
コメント(4) | コメントを書く
2005/04/26
カテゴリ:カテゴリ未分類




みーちゃんの回りだけは、
いつも
ゆっくり時間が流れてる。
そんな感じ
おやすみなさ~い


入れ子構造の夢をみた。
夢の中で、”○△な夢を見たんだよ。”
と人に話している夢。

話さずには、いられない位、感動した。
本当に嬉しかったのだ。(夢の中で)~





すご~くかわいくて、おしゃれ~な感じの立方体
(一辺が、100mm位)を、床に置き、
斜め45度上方から、軽く踏み潰したような
形状の容器を、頂いた。
とても、嬉しかった。
やはり、
すご~くかわいくて、おしゃれ~な感じだったから。
かな?

開けてみると、ドッグフードが、ぎっしり詰まっていた。
すご~く、嬉しかった。
でも、ここで終りでは、なかったのだ。

ドッグフードを、容器から取り出し、フタをしめた。
再度、開けてみた。
そしたら、何と何と、最初の時と、同じように、
ドッグフードで、いっぱいになっていて・・
もう、”驚きと喜びで、いっぱい!”って感じ。

何度も何度も、やってみた。
期待を、裏切られることは、なかった。

♪ ポケットをたたくと、ビスケットが・・ ♪
と全く、同じ現象が起きたのだ。

本当に、心から感動してしまった。

それで、誰かに話さずにいられなくなってしまって・・
と言う訳だ。



夢から覚めて、思った。



”犬でもないのに、何故??”って。


柿の花を、しみじみ見たのは、初めて
小さな花でした。

柿の花






Last updated  2005/04/26 09:49:02 PM
コメント(2) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.