000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

mik.hamaのいい加減にします

全2件 (2件中 1-2件目)

1

インテリア

2018.10.27
XML
カテゴリ:インテリア
ピュアオーディオにおけるリスニングポジションというのは、
BGM的な聴き方でなければ、ただ一点しかない。

そのリスニングポジションに置く理想の椅子は、
突き詰めると頑丈な丸太のようなものなのかもしれない。
しかし、あれは音には理想だろうけど、音楽には不向きである。

今の椅子は、高さもツイーターとメインユニットの中間辺りにピッタリの、
わざと余りリラックス出来ないダイニングチェアを使っている。
これはデンマークのMöbesというメーカーの、
恐らく’60年代~’70年代前半くらいと思われる、
エリック・バックがデザインした椅子で、
チークのフレームにビニールレザーを張ったシンプルなものだ。


両脇の椅子はマホガニーと革のイギリスの椅子だけど、故あって未完の出来損ない。
見た目はカッコいいけど、バラバラになりかけなのを、
なるべく目立たない所に、打ち込んだが最後のネイル釘で補強してある。
マホガニーは硬くて、ドリルで下穴をあけるのが常道だけど、
構造上、ワザと材が膨らむのを期待してそのまま打ち込んである。
手応えが、まるで硬いプラスティックに打ち込んでいるようだった。


机はかなり古くて丸いイギリスのマホガニー製ネスティングテーブル。
ネスティングというのは入れ子の意味で、
丸い本体の下に小さな扇型のテーブルが4つ仕込まれており、
人がいる時にコーヒーなどを置くのに重宝している。






最終更新日  2018.10.27 19:30:10
コメント(0) | コメントを書く


2018.09.15
カテゴリ:インテリア
映画を観る為のマイクロシアター。
AV機器と同じ位に椅子とテーブルは重要であり拘わりたい部分である。

勿論、椅子は重要であるけど、
飲食は好き放題なのでテーブルも長く付き合えるものが欲しい。


マイクロシアターの椅子は、カリモク60のモケットグリーン。
旧国鉄時代や阪急の列車シートみたいな手触りと色合いが実に良い。
いい具合に、映画館の椅子を思い起こす部分もあって映画鑑賞にはピッタリだ。

最近は、これのパクリが出てきて、
オリジナルよりも高価な木材使用云々というのを見るとガッカリする。

硬質で滑らかで重いラバーウッドの感触と質感は元より、
単に廃材と蔑んで、わざわざカリモクがこの材を選んだ事を理解もせず、
今時平気でデザインをパクって、カネしか頭にない連中には、
この椅子の良さは永遠に分からないだろう。


テーブルはハーマンミラー製の有名なイサムノグチ。
シンプルなオムスビ型のガラストップと、
それを2ピースの木のフレームで支えるものだけど、
これもパクリの氾濫で情けない状況になっている。

例えば、木のフレームの色を変えたり、
ガラスの厚みを厚くしたとか、住宅事情で小ぶりに仕上げたとか、
変なバランスのオリジナルデザインを踏みにじった、
恥晒しなゴミを平気で売っているのは何とも情けない。

幾らデザインの著作権が切れたとはいえ、もう少しオリジナルを尊重したいと思うが。

これが自宅に到着した時には巨大な木枠に収められていて、
2人掛かりで運ばれてきたのだけど、中身を取り出した後のゴミが凄い。
その梱包材一式も引き取って貰わないと大変な事になる。


米・ハーマンミラーのイサムノグチ・テーブルのガラス側面には、イサムノグチのサインが入っている。
木のベースには、アルミのプレートが貼られてオリジナルである事を保証する。






最終更新日  2019.03.19 10:12:37
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.