222517 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

mik.hamaのいい加減にします

全3件 (3件中 1-3件目)

1

旅行

2020.02.15
XML
カテゴリ:旅行
バックパッカーをしていた頃は、ミレーの青いリュックに色んなものを詰め込んで、
そいつをそのまま機内に持ち込んで、時には前の座席下に押し込んで足を乗せて寝ていた。
これは特に、エコノミーでも前席との間に余裕がある、
アエロフロートのイリューシン62に当たった時にはありがたかった。

その頃は、まだアーミーナイフは勿論、
複数のカメラや小型三脚も簡単に持ち込めたので、
預けた荷物のターンテーブルの前に並ぶことも無く、
さっさと税関へ行けたので、かなり時間の節約ができたのだ。

所が、金属製の道具類は勿論、液体に関する規制が煩くなると、このやり方が出来なくなった。

仕方なく、預けても大丈夫なように鍵付きのハードケースを選んだのだけど、
最初に探し出したのが、ゼロハリバートンのカメラ用トランクで、
行きつけだったカメラ屋さんの閉店セールで、
埃を被って放置されていたのを半額以下で譲って貰ったものだ。
これは旅行用トランクと言う事で、
中に隙間なく詰められたスリット入りのスポンジは全て捨てて使っていた。


ゼロハリバートンの始まりは、
テキサスの油田地帯を行き来していた、アール・P・ハリバートン氏が、
1938年に、頑丈で埃や水から中身を守るためのアルミ製のカバンを、
航空機エンジニアに委託したのが始まりで、
カリフォルニアのバンクーバーにハリバートン・ケース社を設立する事になる。

1940年頃に映画スターのマレーネ・ディートリッヒが、
4つのゼロハリ―バートンと一緒に旅行をしている写真を撮ると、
ハリーウッドとの繋がりが出来て、映画スター御用達となり、
以来300を超える映画やTVの小道具として登場する事になる。

実際にアルミカバンを製造していたズィロルド・カンパニーは、
戦後の1946年になると構造的安全性を上げる為に、
高強度のアルマイト処理と、今では商標登録もされている、
ゼロハリバートンのアイコンとも言うべきダブルリブデザインを発表。
社名をゼロ・コーポレーションへと名前を変えた。

翌年にはヴォーグ紙にイラスト入りで紹介されて、ブランドを確立させていく。

1952年に、ゼロ・コーポレーションはハリバートン・ケース社を傘下に収めて、
1959年にはハリバートン部門をゼロ・ハリバートンに統一する。

ゼロハリバートンのカバンはその後、ハリウッド映画との繋がりは相変わらずのようで、
アポロ計画の月の石の運搬や、米大統領のすぐ傍で核ボタンをお伴させたりして、
今でも昔のイメージそのままの、憧れだった豊かなアメリカを象徴するような存在である。

2006年以降になると、日本のエースが商標・販売権を持っていて、
アメリカのソルトレイクシティ工場に加えて、北海道の赤平にも生産拠点を持つようになった。


最初に入手したゼロハリのカメラトランクは、
その内側がアルミの地肌そのままというのがお気に入りだったけど、
ある日、旅先で見つけたネイティブアメリカンがデザインした、
三日月をモチーフにしたステッカーを貼ってみると、
旅先の夜にトランクを開けると中々の雰囲気である。

全て内側なので、当人しか見られないというのがミソ。
(大きさ= 縦:320 横:520 厚さ:160 <mm>)


ゼロハリのアルミカバンの次は、もう少し大きい容量の物が必要になり、
アルミケースで少し安価で軽量だったリモワのケースを選んだ。
一番最初に買ったのは、1950年から続いているトパーズシリーズの、
大き目で銀色の4輪トロリー(470X710X250)だけど、
数回使っただけで殆ど出番は無くなってしまった。


リモワの歴史は古く、パウル・モルシェック氏とハインリッヒ・ゲルツ氏により、
ケルンのべシェルガッセで1898年に馬具の生産から始まったようで、
サットレライ(=馬具職人」<ゲルツ & モルシェック>として、
後のフィルゼングラーベン18で創業。
1900年以降は、レーレルガッセ30に移転すると、
スーツケースや帽子ケースに加えて自動車用のケースも販売。

1904年にはギルバッハに生産拠点を移し、1908年にはGmbHへ改組。
アーヘナー・シュトラッセにあるエンジンメーカーのカールエバハルトハーゲンから、
ケルン・ユンカースドルフの会社と住宅を取得する。

1930年に、息子のリヒャルト・モルシェック氏が引き継ぐと、
リヒャルト・モルシェック・ヴァーレンツァイヒェンの、
各々頭の2文字からROMOWAとなり、1931年に特許庁へ商標登録。

リヒャルト氏は、堅牢で頑丈なケースを目指して色々な素材を試すうちに、
1937年にユンカースのJU-52などの航空機からジュラルミン製のケースを考案する。

大戦中には、アーヘナー・シュトラッセの工場も破壊されたが、
アルミニウムが残り、以降は金属ケースのみ製造する事になり、
1950年には、いよいよリーレン(=溝)デザインを取り入れた、
今に続く商標登録もされている補強リブ入りのアルミケースのトパーズが登場。

1972年にはリヒャルト氏の息子で19歳のディーター・モルシェック氏が入社。
彼の趣味である写真の為に、1976年には防水防塵のフォトケースが登場。

1981年にディーター氏が会社を引き継いで、
1986年にマティアス ブリュッケン シュトラッセオッセンドルフに移転して、
1990年の後半には、アルミと比べて1/4軽量のポリカーボネート製の軽量ケースを考案。
2000年にはポリカーボネート製の商品を販売。

2008年にリモワは40万個のケースを販売して、
その内の2/3はポリカ―ボネートのサルサシリーズだったが、
2013年になると、アルミ製が45%と伸長してきている。

現在の生産拠点はドイツ以外にも、チェコとカナダでも行われている。


手持ちのリモワで一番出番が多いのは2つで、
2輪キャスターが付いた青いプラスチックの筐体で、
4隅をアルミで補強してあるタイプ(410X620X230)。

この2輪を引っ張りながら、一緒にタスキ掛けでぶら下げているのが、
ピッコロという小型のアルミトランク(220X350X150)。
このサブトランクは、時々一回り小さいゼロハリのミニトランク(230X300X120)も使うけど、
どうしても圧倒的にリモワの方が出番が多い。

ピッコロは外観の割に結構モノが入るので、
レンジファインダーの銀塩カメラを始め、すぐ必要な身の回りのものを入れて機内に持ち込み、
ホテルに着いたら簡易の手提げ金庫という役割も果たしてくれる上に、
場合によっては足置きや椅子になってくれるので、とても重宝している。


ゼロハリバートンとリモワは対照的な存在で、ゼロハリバートンは剛、リモワは柔。

ゼロハリは筐体を指で押してもびくともしないし、凹むと戻すことは困難。
お蔭で、外圧により限界を超えて変形すると開閉が困難になる事があるそうで、
修理はプロに任せるしかない。
手持ちの写真機材トランクも大分角が凹んでしまったりしているけど、
まだ修理が必要な状態にまでなっていない。傷や凹みは勲章みたいなものだ。

リモワの筐体は指で押すとヘナヘナだけど、
必要な部分はステンレスで補強してあったりするのでかなり頑丈。
多少の外圧もしなやかな外板が吸収してしまうらしく、
大分傷が付いたと思っても意外にシャンとしている。
特にポリカ製はリモワの軽量で頑丈であるという、
その思想の進化版であるなと実感できる。

ただ、どちらも人気があるために偽物も多く、割高でもちゃんとした所で買った方が安心。
更に中古となると、ネットの個人売買では真贋もあやふやになってしまうのが怖い。
空港で見掛けるゼロハリ/リモワは少なくないけど、
この中で偽物は一体どの位の割合なのだろうかと考えてしまう。






最終更新日  2020.02.20 17:21:58
コメント(0) | コメントを書く


2020.01.18
カテゴリ:旅行
時々、東京へ行きたくなる。
ただ、諏訪人には夏の暑さが辛いので、
7~9月はオフシーズンと言う事で冬に行くのが一番多い。

まず地元を9時台発のあずさに乗ると、2時間ちょっとで新宿に到着する。
新宿駅からアルタ方面に向かい、アルプス堂のジャンク・カメラを覗いてから、
直ぐ近くのゴールドラッシュでハンバーグのブランチ。
そこから時々は、紀伊国屋へ向かい化石を覗いたり、
本を漁って宅配便で送る事もある。


新宿からは、ICOCAを使って次の目的地へ向かう。
ICOCAは、一枚をロディアのメモパッドの後ろに仕込んで置いて使い、
度数が少なくなったら予備と入れ替えて時間のある時にチャージする。

交通系ICカードは最近ではコンビニでも使えるけど、
普段はクルマなので、電車に乗る時しか使う事は無いのでスマホアプリは不要。
以前、ガラケー時代は携帯電話でSUICAを使っていたけど、
携帯が壊れた時の対応となると、JR東の電話が全然繋がらないので、
手続きがメールや紙で出来ないのが面倒なので止めた。
加えて、元からへそ曲がりなのでICOCA。


旅は一種のスポーツオリエンテーリングという認識なので、
どこへ行っても、とにかく歩く事がメインとなるので携帯の歩数計機能は必須。

そして、日中歩き回ってから日が落ちてきて銀塩写真の撮影が難しくなると、
予約してあった宿に潜り込んでシャワーを浴びて居酒屋を探すのがお楽しみだ。


東京の定宿は長い事、銀座を抜けて晴海通りを歩き、
勝鬨橋を渡った、更に先の突き当りにあった「浦島」という安ホテルだった。
まだ大江戸線も無くて駅からは実に遠かったけど、
行き帰りの散歩が楽しくて、夜になると屋台が来たりして中々の風情で良かったのに消滅。

次の宿は東銀座の「プレッソイン」だったけど、
いつの間にか外国人が増えたと思っていたら宿泊料金が高騰したので止めた。
次が再び勝鬨橋を渡った先の「ビュック」で、
「浦島」よりは銀座に近いけど、相変わらずJR銀座駅からは大分離れている。
それでも銀座ライオン辺りなら徒歩でゆっくり通えるし、
何より近場の築地界隈に潜り込んで一杯やるというのには好都合のロケーション。

「ビュック」は、「浦島」同様に吞んだ帰りには、
夜の勝鬨橋とその下を往来する屋形船を鑑賞するという大事な目的も果たせて、
ライトアップされたスカイツリーと東京タワーが同時に見られる嬉しい場所だ。

それでも築地界隈は、火事と移転問題辺りから面白くなくなって行く事も無くなった。


今では、駅からも近くて神田川の川縁あって、
東京の川と屋形船を鑑賞できる安宿を見つけた。
ここら辺は日が落ちると一段と風情が増すので、
通常は呑みに行く時は置いていく銀塩カメラを連れ出して歩くのも楽しい。


(写真は全て銀塩写真/ベッサR3M+Lキヤノン50mmf1.4)

神田川に掛かる、ネオン風LEDで縁取りされた柳橋の下を、
ひっきりなしに屋形船が往来する。
仕事場の墨田川へ向かったり帰ってきたりしているのだろう。

ダダダダ…、という川面を伝わってくるエンジン音が少しずつ近づいてきて、
暫くするとザーッと波を立てながら船が現れる。
それから通過した後でも暫く聞こえている、
川岸からのザーンザーンという柔らかい波打ちの音が何とも心地いい。


恐らく仕事中の屋形船。夏は嫌いだけど夏の屋形船には憧れる。
やはり、昼よりも夜の方が断然良い。


ここから合流先の隅田川まで直ぐという神田川河口は、屋形船の基地と言う事らしい。
この写真の右手に泊まっている宿が見える。


生ビールが安い。大坂の新世界でさえ安くて200円だったと思うけど。


回らない寿司屋さんに入って、夜一人で寿司をつまむ。
やった事が無いのは、いい大人でなければ似合わないからだ。


ビルの一角の裏窓の一つに明かりがついていて、
窓辺の4人の人影を暫く見ていたのだけど微動だにしないのが不思議だった。


銀塩写真は夜の撮影には三脚とレリーズが必要だろうけど、
明るいレンズとASA200の安フィルムがあれば、手持ちでも結構写真は撮れる。
最初の3枚の写真は、手近な構造物にカメラを押し当てて、
固定した状態でスローとバルブを使う。






最終更新日  2020.02.03 09:53:38
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.09
カテゴリ:旅行
新潟県は、長野県の隣であるけど諏訪からは物凄く遠いイメージがある。

新潟というと、佐渡へはクルマでキャンプの為に何回か訪れた事があって、
電車では大糸線で糸魚川と、まだ信越本線が健在だった頃に直江津に行った事位しかなかった。


青春18切符の期限が近づき、どうやら大嫌いな夏の暑さも収まってきたので、
新潟の地図で言うと普通電車で出来るだけ上の方へ、
行けそうな所へ行って見ようと思ったのである。

せっかくなので、越後一宮・弥彦神社を目指し金属加工で有名な燕三条に宿を予約。
実際に行って見ると、電車旅だと思っていた以上に遠いなというのが実感だけど色々と面白かった。


信越本線の代わりに長野県側は第三セクターのしなの鉄道に代わり、
新潟県側はえちごトキめき鉄道になっていたのも新鮮。
18切符は使えず、大人一人1500円が必要。
面白いのは妙高高原駅を境に、長野県側にはリンゴ畑が続いていたのが、
新潟県側に入った途端に田んぼがずっと続くというように綺麗に分かれている。

もう一つは、個人宅には雪下ろしの為に屋根に上がる梯子が装備されているのも、
改めて日本というよりは、世界でも有数の豪雪地帯である事を認識させてくれた。


諏訪人の感覚だと、他にもあるかもしれないけど新潟と言えば米と酒と魚である。
燕三条の居酒屋では、サッポロのビイルに、日本酒は五十嵐川と鶴齢を呑んで、
魚を食い、最後におにぎりを食って歓喜。

帰りに寄った長岡駅のぽんしゅ館は面白かった。
新潟物産の博物館である。もし電車の乗り換えでここに居たら1時間位見ておいた方が良い。

ついでに荷物が増える事も間違いないので覚悟も必要だ。
諏訪は、比較的新潟の酒も流通してる方だと思うけど、
見た事のない酒を2本購入してきた。良く分からないのでラベル買いである。


サッポロの新潟限定ビイル。これはサッポロファンには外せない。
地ビールのエチゴビールは諏訪で簡単に手に入るけど、これは無い。


宿の近くにあった燕三条の物産展(道の駅)も面白い。
色々買いこんだけど一番面白かったのがこの鋏だ。
信玄公の武田家と縁のある諏訪人でも、謙信公は首を垂れて敬愛する対象である。

この鋏のモチーフは、川中島で信玄公の軍配を切りつけた名刀・小豆長光らしい。
刃紋まで再現してあって中々の出来栄え。

昔、子供の頃に夜店で刀の形をしたペーパーナイフ見たいのを買ってもらった事があるけど、
それとは次元が違う、㈱フチオカ謹製の日本製である。


掛け台までオプションで用意されているのが笑ってしまうけど、こういうのは好きだな。






最終更新日  2019.03.15 10:25:56
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.