34025781 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

X

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

あんまり上見ちゃい… New! MEANINGさん

4635東京インキ(時… New! わくわく303さん

征野ファンドの運用… New! 征野三朗さん

メモ New! 4畳半2間さん

モンゴルの航空便再… モンゴル2008さん

夜桜 slowlysheepさん

日銀って上場してた… fuzzoka085さん

前日比▼4,196,030円… かぶ1000さん

2021年2月のパフォー… らすかる0555さん

運用成績・ポートフ… lodestar2006さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Jul 24, 2015
XML
カテゴリ:株式投資全般

 さて私にとっての株式投資本オールタイムベスト3位は、オニールの成長株発掘法(ウィリアム・オニール、パンローリング社)です。私が最初に買ったのは初版ですが、現在では第4版が出ており本屋さんで貪る様に立ち読みしたところ、かなりバージョンアップして更に良くなっているので買い直しました。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 グロース株投資家の方にとっては常識の「CAN-SLIM投資手法」を生み出したことで有名な「永遠のスタンダード」ですが、低PBR銘柄至上主義で「ゴリゴリの原始的バリュー系優待族」だった私にとっては最初に読んだ時には、「あぁ、グロース系の本なのね。うーん、うーん、これは自分の投資手法には取り入れるのが難しいなあ。」という感じで一読して速攻でサヨナラし、本棚の3軍の所にポイっと突っ込んでその後ずっと埃をかぶったままという状態でした。

 

 

 

 

 

 

 ところが時が流れ、「んんん、おかしいな。これはどうも単純なバリュー投資一辺倒だけでは十分に勝てないぞ。市場と言うのはどうもそんなところじゃないんだな。」ということにようやく気付き、壁にぶち当っていた時にこの本を読み返し、目からウロコがぼろぼろと落ちたのでした。有効な投資手法というのは色々とあるわけですが、CAN-SLIM手法には時を超える力がある、永続的な普遍性があることを遅ればせながら知ったのです。そして世界に誇る摩訶不思議な株主優待制度が広まっているここ日本市場の独自性に完璧にフィットさせた、改変オニール変法である、

 

 

 

 

 

 

 YOU-CAN-SLIM手法

 

 

 

 

 

 

 を独自開発して今に至っています。

 

 

 

 

 

 

 私が死ぬほど苦手としていた「優待グロース株」をなんとかPFに取り込むことが出来るようになったのはまさに直接的にオニール先生のおかげです。本当に最高の1冊ですね。







Last updated  Oct 31, 2017 10:33:35 PM
コメント(4) | コメントを書く
[株式投資全般] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.