40431293 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile

みきまるファンド

みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

携帯会社の比較 New! fuzzoka085さん

サンデーアフタヌーン New! slowlysheepさん

エフティグループ(27… New! 征野三朗さん

メモ2 New! 4畳半2間さん

7819粧美堂(時価総… New! わくわく303さん

英傑大戦好調 mk4274さん

なぜバヤンウルギー… モンゴル2008さん

2022年7月のパフォー… らすかる0555さん

運用成績・ポートフ… lodestar2006さん

2022年7月月次 GoldmanSacheeさん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Jul 25, 2015
XML
カテゴリ:株式投資全般
 さて私にとっての株式投資本のオールタイムベスト4位はマーケットの魔術師(ジャック・D・シュワッガー)です。

 

 

 

 

R0141776.JPG

 

 

 

 

 

 

 本書の初版がアメリカで刊行されたのは1989年で今から四半世紀前のことです。またマーケットの魔術師シリーズはこの青本を第一作として今までに白本、桃本、紫本と第4弾まで出ています。そしてその4冊全てが素晴らしい本であり私のオールタイムベスト25に全てが入賞する出来栄えでもあります。ただそれにも関わらず今でも多くの方が、この最初の青本を「投資家人生最高の1冊」と賞賛し、同時に「シリーズ最高傑作」と呼ぶのは、この本の中にマーケットで打ち勝つための「普遍的な真理」が多く散りばめられているからでしょう。

 

 

 

 

 

 

 著者のジャックDシュワッガーは本の中で、「市場の真実は時代が変わっても普遍。。。市場は人間の本性を反映するものである。。。人間の感情は一世紀前も、一世紀後も変わる事はない。」と述べています。この本の魅力は時代を超越しています。今から100年後でも間違いなく名著であり続けているでしょうし、仮に未だに読んでいない投資家の方がいらっしゃたら、それは「投資家としての基礎的素養に欠ける。」ことと同義といっても全く過言ではないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 この本は1ページ1ページが珠玉の宝物のような奇跡の1冊なのですが、その中でも私が最も気に入っているのが1970~1980年代の最高のトレーダーと呼ばれたエド・スィコータの、

 

 

 

 

 

 

年をとったトレーダーはいる。大胆なトレーダーもいる。しかし、年をとって大胆なトレーダーは非常に少ない。

 

 

 

 

 

というフレーズです。

 

 

 

 

 

 

 そしてそこに辿りつくために必要なことを問われたスィコータは、「1に損切り、2に損切り、3に損切りだ。」と述べました。私もスィコータの金言を常に胸に抱きながら、「自分は年をとっても大胆なトレーダーでありたい。」と強く願っています。

 

 

 

 

 

 

 

  スィコータの話に代表されるように、この本では 「損切りの大切さ」 が様々な角度から繰り返し語られます。それはこのインタヴュー当時のアメリカのマーケットがそれほど好調なものではなかったという時代背景もあるでしょうが、どこか「生き残りのディーリング」にも通じるような、凛とした緊張感が全編に張り詰めていることがこの青本を名作にしたのだろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 そしてもう一点は、凡百のありふれたそして悩み多きトレーダーだった著者が、マーケットでの超一流の魔術師達に会うことによってたくさんの発見をし、投資家として成長していく過程が描かれており、本書を読み進めていく事によって著者と一緒に読者である自分も成長していけることがこの本をあり得ない次元の神本にしたのだと感じています。本当に素晴らしい本です。触れる度に新しい発見がありますし、これからも自分の目が見えなくなるまで、いつでも本棚の手の届くところにおいて一生読み返していくことになるだろうと思いますね。




 続く

 







Last updated  Feb 16, 2017 10:57:31 PM
[株式投資全般] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.