27471622 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

消費税増税カウント… New! slowlysheepさん

7883サンメッセ(時… New! わくわく303さん

メモ New! 4畳半2間さん

グリーンズ(6547)---… New! 征野三朗さん

信用取引したい MEANINGさん

もう「内モンゴル」… モンゴル2008さん

前日比△761,153円(… かぶ1000さん

なぜN国の立花氏はま… ペタジーニ昭さん

これはどっちが正し… ossanpowerさん

物件買付。「ボロ物… CASHFLOW101さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Jun 10, 2016
XML
カテゴリ:株式投資全般

 さて今日は久々に 株式投資本オールタイムベストシリーズ です。

 

 

 

 

 

 

 第31位は、千年投資の公理 (パット・ドーシー著、パンローリング社)

 

 

 

 

 

 

IMG_4364.JPG 

 

 

 

 

 

 

 です。この本は原題の THE LITTLE BOOK THAT BUILDS WEALTH が示すとおり、 非常に分かりやすく簡潔に文章が紡がれているのが特徴 です。そして その内容も極めて素晴らしいので、投資初心者の方に強くお勧め したいと思います。また私も含め 長年の投資ジャンキーにとっても改めて「ハッとする」ような鋭い指摘に溢れており、やはり一読の価値がある と思います。ま、一言で言えば 「太鼓判間違いの無い超名著」 ということですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さてこの本を貫く基本的なテーマとなっているのは、

 

 

 

 

 

 

 経済的な堀(economic moat)

 

 

 

 

 

 

という概念です。大きな堀を持つ企業が長年に渡って平均以上の利益を生み出してきたこと、堀の無い企業の多くがいずれ株主に価値をもたらさなくなることを、豊富な実例を元として分かりやすく説得力を持って教えてくれます。

 

 

 

 

 

 

R0150995.JPG

 

 

 

 

 

R0150996.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は総論としてまず目次を見ておきましょう。

 

 

 

 

 

R0150997.JPG

 

 

 

 

 

R0150998.JPG 

 

 

 

 

 

 全体が素晴らしい出来ですが、 特に9章の堀を探す、10章のビックボス、14章のいつ売るかが良い と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでは次回から、この本のベストオブベストの大トロの濃厚な部分を一緒に味わって行きましょう。(続く) 







Last updated  Jun 10, 2016 07:44:03 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.