000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Rakuten Profile


みきまるファンドさん

優待バリュー株に全てを賭けています。

フォローする

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

メモ New! 4畳半2間さん

今日の優待銘柄売却… New! Night0878さん

グリーンズ(6547)---… New! 征野三朗さん

中電工 過去のエン… New! toms2121さん

前日比△1,140,200円 New! かぶ1000さん

7918ヴィアHD(売却… New! わくわく303さん

無知の知 slowlysheepさん

地に足のついた投資… MEANINGさん

人生は有限だ-借金… 偏屈たぬきさん

大前研一「超訳・速… モモンガ2006さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Mar 13, 2017
XML
カテゴリ:株式投資全般
さて今日は株式投資本オールタイムベストシリーズです。第45位は、





価値の探求者たち (ロナルド・W・チャン著、金融財政事情研究会)




です。
















 この本は12人の著名なバリュー投資家へのインタビュー集なのですが、それぞれの投資家の特徴を徹底的に、そして生き生きと、更に特筆すべきことにコンパクトに僅かなページで見事に表現しています。











 登場している12人は下記の通りです。















 全体が素晴らしいですが、特にウォルター・シュロス、トーマス・カーン、ウィリアム・ブラウン、ジャン・マリー・エベヤールのインタビューが凄いと思います。









 この本のような著名投資家へのインタビュー集というのは良くありますが、驚くほど残酷に「著者の投資家としての力量」が表れ出ます。具体名は書くのを避けますが、特に日本人著者による類本にはとんでもなく酷い出来のものも多くあります。









そんな中でこの本は、著者のロナルド・W・チャンが自ら香港で資産運用会社を創設しているだけあって、











 「凄腕バリュー投資家」の描出力が抜きん出ています。間違いなく超名著と言ってよいでしょう。それでは次回から、この本で登場する投資家インタビューの中の「ベストオブベスト」の部分だけを一緒に見ていくことにしましょう。






Last updated  Mar 13, 2017 07:46:43 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.