000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Rakuten Profile


みきまるファンドさん

優待バリュー株に全てを賭けています。

フォローする

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

丸ごと食べる New! slowlysheepさん

購入候補銘柄 New! わくわく303さん

メモ2 New! 4畳半2間さん

5月に配当と優待の… New! toms2121さん

【2017持ち株分析】… New! タシームバーグさん

ビックカメラ(3048)-… New! 征野三朗さん

前日比△938,400円 New! かぶ1000さん

極意その四十「独り… MEANINGさん

3892 岡山製紙・FY16… uki5496さん

BABYMETALの凱旋と旅… 偏屈たぬきさん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

fortune

Rakuten Card

Mar 14, 2017
XML
カテゴリ:株式投資全般
さて今日は株式投資本オールタイムベスト第45位





価値の探求者たち  (原題 THE VALUE INVESTORS ロナルド・W・チャン著、金融財政事情研究会)





の第2弾です。














 今日からはこの本に登場するバリュー投資のレジェンド達を個別に見ていきます。




 そして初回はもちろんウォルター・シュロス(1916~2012)です。















 シュロスは、







バリュー投資の父であるベンジャミン・グレアム








の直接の教え子&投資の片腕であり、世界一の投資家として有名な 







ウォーレン・バフェット







と同じ部屋で働き、一緒に企業の清算価値を調べていたという「バフェットの兄貴分」のまさに伝説の投資家です。そして、バフェットによる







「グレアム・ドッド村のスーパー投資家」という彼のニックネームはあまりにも有名






ですね。










 「現代に生きるレジェンド」だったシュロスは2012年2月19日にニューヨークのマンハッタンでその95年の栄光の生涯を終えました。この本に収められた彼のインタビューは彼の体調が急変する直前の2012年の年初に行われたものです。まさに「奇跡のインタビュー」と言っても良いですし、この1章だけで十分にこの本を買う価値があるでしょう。













 「 マーケットで生き残ることは、戦場で生き残ることと本質的に同じ ことだ。 できるだけ損失を出さないようにして生き残ることさえできれば、結果的にはいくらかの財産が出来ている ものさ。。。人生は短いものだから、自分に自信をもって、嫌いなことに時間を使うのではなく、好きなことに粘り強く取り組めばいい。それが財産を生んでくれるのさ。。。私はグレアム・ニューマン社にいた時と同じ投資手法を用いていた。すなわち、ネットーネット株((正味流動資産-総負債)>時価総額 を探していた。。。」













 ヴィンテージワインの様な琥珀の味わい。 。。95歳のシュロスの言葉は最高ですね。




 時代は変わり、今のアメリカにはもうグレアム基準のネットーネット株は存在しません。古典的に分かりやすい割安株は死滅してしまったのです。ところが私達日の丸投資家が戦うここ日本では「失われた25年」のおかげで未だにネット-ネット株がゴロゴロと存在しています。本当に有難いことですね。













 「 私の平均的な株の保有期間は4年から5年 だ。。。 株を買うときには、まるで日用雑貨を買うような感じであるべき だ。。。 私は株と言う商品を在庫に持っている日用雑貨屋のオーナー だ。在庫の株は配当を払ってくれることがあるから、 れるまで少々時間がかかっても平気 だ。待っていれば、そのうちにだれかが良い価格で在庫を買おうといってくれる。私はそのときに株を売ればいいだけだ。」













 シュロスのような時間軸で、そして彼の言う日用雑貨屋のオーナーのような気持ちで、このネットーネット株天国の日本株市場でバリュー投資に打ち込めば数年単位で見ればインデックスに負けるわけはありません。でも、多くの投資家は分かっていてもそれが出来ず、目の前の利益確保に血眼になり、値動きの良いファンダメンタルズ劣悪なクソ株を「自分より馬鹿に高値で売りつければいい。」とばかりに、近視眼的な消耗戦に明け暮れているのが実情なんですね。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  Mar 14, 2017 07:30:03 AM
コメント(2) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.