20756903 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Rakuten Profile


みきまるファンドさん

優待バリュー株に全てを賭けています。

フォローする

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

7512イオン北海道(… New! わくわく303さん

ヤーマン上方修正&… New! mk4274さん

メモ New! 4畳半2間さん

テノックス(1905)---… New! 征野三朗さん

西安回族街・回民街… New! モモンガ2006さん

台湾旅行から帰って… toms2121さん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

前日比△281,900円 かぶ1000さん

ふらつき slowlysheepさん

アークランドサービ… Night0878さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Jul 17, 2017
XML
カテゴリ:株式投資全般
 さて今日は株式投資本オールタイムベスト第54位





投資される経営、売買される経営 (中神康議著、日本経済新聞社)





 の第3弾です。














 
日本の投資家には短期投資家が多い。 。。アメリカやドイツと比べたときの日本の機関投資家の投資期間の短さが指摘されています。平均的な投資期間は半年程度。














 
「短期投資家ばかりで心が折れそうになる」とおっしゃる経営者もいらっしゃいます。残念ながらこれが日本の株式市場の実態。


 日本では長期にわたって運用を委託してくれる金主が少ない。 。。 日本の株式市場で長期投資家が少ない理由は、こうした金主の行動特性によるところがある。















 
日本で長期投資が難しいもう1つの理由は、長期にわたって業績を上げている企業がそもそも少ないという問題。


 90%以上の企業が持続的な成長を遂げてきたとは言いづらい。


 少し厳しい言い方になってしまいますが、 全上場企業の3分の2は「株主価値破壊企業」 だった。















 
投資家は、付加価値が薄いという宿命のなか、 短期売買の誘惑に耐え長期投資をしていれば報われたのかというと、残念ながらそうではなかった。 。。それがこれまでの日本企業の実像だったのです。



 運用会社としては長期の資金の出し手がいないから長期投資がしづらい、経営者としては長期投資家が少ないから長期的な経営がやりづらいという、言ってみれば 「短期投資の連鎖」が今の日本には存在 している。














 うーん、これらの指摘は深くて鋭いですね。中神氏の言う通りで日本には長期投資の文化もないし、また長期投資が報われるという確かな実感もありません。そして私自身もかつては長期投資を志向していたものの、現実の日本株市場ではそのような「高尚な理念」は糞の役にも立たない、むしろパフォーマンスの妨げになるということが身に染みて分かっているので、もう10年以上もの間、2~3年単位の時間軸で利益を狙う「中期投資家」を標榜しています。とても残念なことですが、









日本株市場では「長期投資家として戦う」と言うのは全く現実的ではないし、お花畑の夢物語にすぎない








んですね。(続く)






Last updated  Jul 17, 2017 10:03:06 PM
コメント(2) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.