35484753 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

X

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

ダイキン工業(6367)-… New! 征野三朗さん

メモ New! 4畳半2間さん

嫌いなものから取り… New! slowlysheepさん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

9273コーア商事(時… わくわく303さん

ワクチン接種率が高… モンゴル2008さん

日銀買わない fuzzoka085さん

前日比▼1,768,600円 かぶ1000さん

アミューズ(4301)… lodestar2006さん

第362回 「ニンフレ… ウォール街からさん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Aug 20, 2017
XML
カテゴリ:株式投資全般
さて今日も株式投資本オールタイムベストシリーズです。第56位は、






出来高・価格分析の完全ガイド (アナ・クーリング著、パンローリング社)













です。








 辛口で知られる監修の長尾慎太郎氏は前書きの中で、





「マーケットは常に操作されている」という概念モデル が、結果として彼女を的確な方向へと導いた。。。 本書のトレード手法は私が若いころに好んで使ったトレード手法の1つとほとんど同じ もの。。。 書籍に書かれたことでそれが多くの人の知るところとなったことは少しだけ悔しい 気がするが、 自信をもってお勧めできる技術 であることは疑う余地がない。





 と激賞しました。






















 彼女(著者は女性です)の投資手法は、マーケットは常にインサイダー(大口投資家・マーケットメーカー)によって操作されているという前提の下で、






VPA(Volume Price Analysis:出来高・価格分析) 






 というテクニックを用いて市場に対峙するというものです。









 彼女は言います。 「このテクニックは使われ始めて100年以上たつが、過去の伝説的トレーダー(具体的には ジェシー・リバモア など)は全員がこのテクニックを使ってきた。にもかかわらず、今日ではこの非常に効果的な分析テクニックを無視する(あるいは知らない)トレーダーが多い。。。 




 VPAはとてもパワフルで、いろいろな意味で「理にかなっている。」
 

 VPAはどんな市場にも、どんな時間枠にも適用でき、どんな投資対象にも使える。
















 出来高は隠すことが出来ない。(超名言)















 さて、私自身はコテコテのファンダメンタルズ派のバリュー投資家であり、いわゆるテクニカル分析を実際の投資で使用することはほとんどありません。ただ著者がこの本の中で提唱している、







 チャートと出来高を組み合わせて考える VPA=出来高・価格分析 という概念は確かに実に「理にかなっている」







 と感じる部分があります。









 そしてもう一点、今まで数百冊の投資本を貪り読んできた、そして既に大抵の投資理論では眉一つ動かすこともない「真正ジャンキー系投資家」であるこの私にとっても、







この本の読書体験は極めて新鮮だった







 ことを正直に告白しておきます。バリュー系、テクニカル系を問わず、また短期・中期・長期を問わず、ありとあらゆるタイプの投資家にとってこの本は、






斬新で鮮烈な知的興奮を与えてくれる






 と思います。










 さて今日はこの本の目次を眺めておきましょう。
















 4章・5章・6章・9章が出来が良く、中でもVPA(出来高・価格分析)の真髄を解説した第5章が飛び抜けて素晴らしいと思います。(続く)






Last updated  Aug 21, 2017 08:05:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
[株式投資全般] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.