23546608 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

6238フリュー(時価… New! わくわく303さん

配当落調整金で儲け… New! 偏屈たぬきさん

日経新聞の今日の朝… New! toms2121さん

メモ New! 4畳半2間さん

ニッピ(7932)---株主… New! 征野三朗さん

2歳児を連れた子は南… New! mk4274さん

ジム鈴木。特種工作… New! CASHFLOW101さん

余命2カ月といわれたら slowlysheepさん

週間パフォーマンス … らすかる0555さん

なんだこりゃ? ペタジーニ昭さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Jan 10, 2018
XML
カテゴリ:株式投資全般

 さて今日は、株式投資本オールタイムベスト18位 & 永遠の名著である




投資を生き抜くための戦い(ジェラルド・M・ローブ著、パンローリング社) 




 の久方ぶりの第7弾です。

 

 

 

​ 










 今日は、ローブの考える「なぜ買うか」を見ていきましょう。これらは本当に素晴らしい内容であり、私は頻繁に読み返しています。









​1. 自分にとって大金と思える額を投資する自信がなければ、別の銘柄を探したほうがいい。あなたの選択が正しいときには、自分の目的を達成できるような大きな利益を期待できるはずだ。​





→ 




 マックス・ギュンター 




 の




 ​「システムを打ち負かす唯一の方法は、勝負に出ることだ。心配になるような金額を賭けろ。」 





 という金言にも通じる、心に残る名言ですね。











2. 期待しているような値上がりが起こるためには、現在の株価には反映されていない何かを予見できなくてはいけない。みんなにもあなたと同じことが見えているときには、利益は生まれない。






​→ 私もPF上位で戦っている銘柄に関して、「ほとんどの投資家が気付いていないが、自分には見えている有力なカタリストがあるか?」を常に自問するようにしています。 他の投資家の方と同じ物を見て、同じ考え方をし、同じ行動をすれば、そこには利益はない からですね。​











​3. 私は「いったん撤退して生き延びたあと、日を改めて挑戦する」という考え方を支持する。。。損失の上限を設定しておくことは、保険料を払うのに似ている。​







→ 私もリスク管理の観点から損切りは迅速かつある程度機械的に行いますが、チャンスがあると思えば柔軟に同じ銘柄にも再参戦するようにしています。















Last updated  Jan 10, 2018 09:04:08 PM
コメント(0) | コメントを書く
[株式投資全般] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.