25046225 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

英国も米国もすった… New! ossanpowerさん

6282オイレス工業(… New! わくわく303さん

持ち株数を減らさず… New! toms2121さん

Gnarly Head Pinot N… New! slowlysheepさん

メモ2 New! 4畳半2間さん

コラボス(3908)---柱… New! 征野三朗さん

前日比▼2,221,219円… New! かぶ1000さん

新外国人労働者ビザ… New! モンゴル2008さん

伊藤園ロング・ショ… New! siozatouさん

相場観 New! GoldmanSacheeさん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Apr 15, 2018
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
​ さて今日は株式投資本オールタイムベスト71位





リスクの心理学 (アリ・キエフ著、ダイヤモンド社)









 の第6弾です。







 
 今日は 第6章 ハイリスク・トレーダーを解剖する から。















 
 トレーディングにおいては頑なな態度を取らず、柔軟に取り組まなければならない。



​ 自分の知性は利益を上げるために使わなければならない。たとえその結果、自分が凡庸なトレーダーに見えてしまうとしても、利益を優先すべき なのである。​



​ ハイリスク・トレーディングに手を染めているトレーダーは、自分の現実をトレーディングの場に持ち込んでいる。失敗はしたくない、人と違うことをしたい、安値で買いたい、一番乗りになりたい、市場コンセンサスの裏をかいてやりたいといった現実 だ。​



​ 自分がなぜこの銘柄でポジションを持ったか、具体的な理由を言えるようにしなければならない。 もしその理由がいえないのなら、単に人と違う事がしたいという理由で保有し続けたりせず、早々にポジションを解消しなければならない。​



​​​ 一番乗りになりたい一心で相場が転換する前にポジションを持ってしまうトレーダーは、一歩下がって相場の転換を待つようにすべき だろう。 自分が望んでいない方向に動いている相場に関わって痛みを感じるよりも、手を出さない寂しさを感じているほうがよい、と考えても良い だろう。



 痛みを感じるならその行為は正しくないという具合に、痛みを行動の適否のバロメーターとして利用する のだ。​​​


 








​ これらのキエフの指摘は胸に深く沁みます。私は逆張り思考の極めて強い投資家ですが、逆張りしたいがための安易な逆張りをしてはいけない、あくまでも他の投資家が悪材料に対して過剰反応し過ぎているという確信が持てる場合に限定しなくてはならない、ということなんですね。言い方を変えると、





​「市場心理に対しての逆張り」が大切なのであり、好材料に対して市場が過小反応した場合には順張りが「逆張り思考」の発露であることもあり得る​






 わけです。









 またもう一つ、「痛みを行動の適否のバロメーターとして利用」すればよいという指摘も、具体的で素晴らしいと思いました。





 

 
​ 人とは違うことがしたいという理由だけで逆張りのポジションを取らない ようにする。。。人とは違うところを見せたいという気持ちを捨てる。特に、 ​市場参加者の大多数の判断が正しい時にはそれに逆らわない​ 様にする。​



 相場の転換点を狙ったトレーディングには手を出さないようにする。一番乗りになりたいとか後れを取りたくないという理由から非常に早い時期にポジションを持つこともやめる。



​​ ニュースには早めに対応する。  株価が下落しているときには早々に手じまって損切り を行う。​「ダブリング・ダウン」などのナンピン買いは厳禁。​​​












​ 非常に実践的で素晴らしいアドバイスですね。この中では特に「非常に早い時期にポジションを持つ」癖が自分にはあり、それは端的には4~5年前から既に6425ユニバーサルエンターテインメントを主力にしていたことに現れているのですが、こういった期待値の低い投資行動は年間パフォーマンスを大きく押し下げるので、 「適切な時期にバスに乗り込む」ことを今後更に徹底していきたい と考えています。​






Last updated  Apr 15, 2018 11:31:06 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.