27169273 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

myポートフォリオ【7… New! slowlysheepさん

ノモンハン戦争の現… New! モンゴル2008さん

イチネンHD(9619)-… New! 征野三朗さん

メモ2 4畳半2間さん

キムカツで食事(306… わくわく303さん

前日比△3,798,508円… かぶ1000さん

山本太郎 MEANINGさん

海。 CASHFLOW101さん

ハローワークに行っ… mk4274さん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Apr 24, 2018
XML
カテゴリ:株式投資全般
​ さて今日は株式投資本オールタイムベスト71位







リスクの心理学 (アリ・キエフ著、ダイヤモンド社)










 の第7弾です。










 今日は 第8章 大きなリスクを取る から。















 
 ​大半のトレーダーは十分なリスクを取っていない。。。大きなリスクを取るとかなりの確率で報われることがわかっていない。​


 トレーダーを名乗るのであれば、ある程度のリスクを取らなければならない。




→ 私がここまで投資家として大成することが出来ていないのも、結局のところはリスクを十分に取って来なかったからです。キエフ博士のこの真っ直ぐな指摘が心に刺さります。









 
 目標に即したリスクを取り、それによって発生する損益の大幅な増減にも耐える気概を持つことが重要である。



 トップレベルのトレーダーは、利益のほとんどをわずか3%の売買から稼ぎ出す。この「3%ルール」を日々のトレーディングと両立させるには、ぶらぶらと歩き続ければよい。落とし穴を避け、チャンスを探しながら、損益のボラティリティを管理していけばよいのだ。優秀なトレーダーはチャンスを見つけたら、すぐに飛びつく。




​​​→ 



 ​日々の投資では、損切りを確実に徹底し、市場を広く見て色々なことを考えながら、楽しくほっつき歩いていればいい、そして飛び切りのチャンスを見つけたらすぐさま両手で掴み取ればいい、思いっきりバットを振ればいい ​





 ということですね。それにしてもこのキエフの「ぶらぶらと歩き続ければよい」と言う表現は面白く、かつ適切だなと思いました。何故なら、過去に自分が掴んだビッグチャンスの多くも、市場でウロウロしていてたまたま偶然に出会ったものがほとんどだったからです。この キエフ本の魅力の一つは、説明がとにかく具体的でかつ納得しやすいこと なんですね。やっぱり、 世界一のトレーダーのスティーブ・コーエンが自社で「永久雇用」した実力は並みじゃない ですね。​​​








 
 ポイントは投資金額を大きくし、損失は出来るだけ小さく留め、可能な時には自分の目標に合ったリスクを取るよう心がけることだ。



​​​ 損失が出たら早々に手じまうというだけでは十分ではない。 その一方で、 利益の出ているポジションを大きくしなければならない。 思い通りに事が進んでいる3%の売買で、利益を最大化することにエネルギーを集中する のである。​​​




​→ この最後の一文が、現在の私の最大の課題です。リスク・リワード比が優れていて自分が確信を持てる銘柄には思い切って大きな金額を張らなくてはならないことは十分に分かっているし、実際に実行できてもいるのですが、その ポジションが思い通りに動き出した時に、株価が上がったという情報をポジティブに捉えて更にオラオラでドンと買い乗せすることが自分は依然として苦手 であり、それが克服すべき山なんですね。​
 






(続く)






Last updated  Apr 24, 2018 08:13:53 PM
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.