24492599 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

労働力投入のし過ぎ… New! CASHFLOW101さん

昆布とわかめ New! slowlysheepさん

メモ2 New! 4畳半2間さん

エコス(7520)---グル… New! 征野三朗さん

前日比△1,966,227円… かぶ1000さん

SUMCOが作って… toms2121さん

キム委員長がモンゴ… モンゴル2008さん

DEPOで買い物(3028… わくわく303さん

再度、日経マネー掲… reformer21さん

日本株が超割安だと… 偏屈たぬきさん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

May 11, 2018
XML
カテゴリ:株式投資全般
さて今日は株式投資本オールタイムベストです。第72位は、






ファイナンス理論全史 (田淵直也著、ダイヤモンド社)




 です。










 100年分の投資理論をコンパクトにオーバービューしてくれる小粋な一冊ですね。











 さて、私達「市井の個人投資家」はアカデミックな象牙の塔に住んでいるわけではありませんが、一通りの投資理論をざっくりと理解していることは「投資家としての基本」であり大切なことです。ただ投資理論に関する本というのは数式だらけで小難しく、更に読み手への配慮に著しく欠けるものも多く、ちょっと秘密ですが私の本棚の「4軍」にも多くの本が役に立たず、埋もれて眠っています。











 ただこの本は、得てして難解になりがちな「現代ファイナンス理論」を、細かい技術論や難解な数式に走らずにその本質的なところだけを分かりやすくズバッと平易な日本語表現で解説してくれており、類書と較べて突出して良い本であると考えています。












 今日は初回なので、まずは目次をざっくりと見ておきましょう。










 全体が素晴らしいですが、特に第2章と第5章が良いと思います。





















 それでは次回から、この本のベストオブベストの大トロの部分を一緒に見ていきましょう。(続く)






Last updated  May 11, 2018 07:40:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
[株式投資全般] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.