25030647 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

メモ2 New! 4畳半2間さん

英国相場の下落で離… New! ossanpowerさん

ユニリタ(3800)---ク… New! 征野三朗さん

沖縄。戦跡ツアー。… New! CASHFLOW101さん

オカダマニラの売上… New! skyfish1975さん

日本人もトルコから… New! toms2121さん

第30回袋井クラウン… わくわく303さん

前日比△152,635円 かぶ1000さん

PayPayはなぜPayPay… 偏屈たぬきさん

昔の面白いブログシ… モンゴル2008さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

May 13, 2018
XML
カテゴリ:株式投資全般
​ さて今日は株式投資本オールタイムベスト72位




ファイナンス理論全史 (田淵直也著、ダイヤモンド社)










 の第3弾です。







 今日も第2章から。













 
 効率的市場仮説の主唱者であるファーマは、、、同僚であったケネス・フレンチとともにデータ分析を進め、ついにアノマリー(特定の手法の期待リターンが高くなること)の存在を認めることになる。




 1993年、2人は「ファーマ=フレンチ・モデル」なるものを発表した。これはCAPM(Capital Asset Pricing Model  資本資産評価モデル)の拡張版とも言えるもので、株式の期待リターンは、




1. CAPMが予測する市場ポートフォリオのリスクプレミアムから生まれるものに加えて、


2. 小型株効果

3. 割安株効果


 からももたらされるとした。期待リターンの水準を決定する要因が3つあるので、これをファーマ=フレンチの3ファクターモデルと言う。このうち2と3がアノマリーである。



 これで、グレアム=ドッド村のサルたちが好成績を上げていることも一応は説明できる。



 ちなみに、ファーマ=フレンチ・モデルの応用版として、ファクターをもう1つ増やした4ファクター版なども提唱されている。4つ目のファクターとされるのは、モメンタム効果と呼ばれるものである。













​​ 私は毎年の基本目標として「TOPIX+20%」の成績を上げる事を掲げているのですが、この20%を得るために最も大きな力があると考えているのが 





​ 小型株効果​​






 です。そこに更に優待バリュー、資産バリュー、収益バリュー、モメンタム/トレンドフォロー手法を組み合わせる「集学的戦法」によって目的を叶えようとしているわけですが、それを学術的に言うと、​​








​ ​ファーマ=フレンチの4ファクターモデルをベースに、そこに日本独自の株主優待制度を徹底利用することによって、更なるパフォーマンスの上乗せを狙って戦っている​​






 ということになるわけです。えへへ、物は言いよう、なんだかカッコいいですね。(笑)







Last updated  May 13, 2018 08:25:49 AM
コメント(0) | コメントを書く
[株式投資全般] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.