35512726 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

X

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

6282オイレス工業(… New! わくわく303さん

朝型と夜型 New! slowlysheepさん

イオンディライト(97… New! 征野三朗さん

前日比▼3,113,100円 New! かぶ1000さん

メモ2 New! 4畳半2間さん

指数の大幅な上昇は… New! fuzzoka085さん

澤田HDへのTOB、これ… モンゴル2008さん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

アミューズ(4301)… lodestar2006さん

第362回 「ニンフレ… ウォール街からさん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Jul 15, 2018
XML
カテゴリ:株式投資全般
​​ さて今日は株式投資本オールタイムベストです。第76位は、





ワイコフの相場大学 (リチャード・ワイコフ著、パンローリング社)









 です。​​









 リチャード・ワイコフ(1873~1934)










 は、以前にも書いたように ジェシー・リバモア と同時代を生き抜いた投資家&ジャーナリストであり、 モメンタム投資家の始祖 と言っても良い偉大な人物です。そして彼の影響は、アナ・クーリングのVPA(価格出来高分析)やウィリアム・オニールの CAN-SLIM投資手法 にもはっきりと見て取れます。










 つまり、彼の一連の著作は、株式投資界におけるまさに古典 なんですね。
















 さて今回は、ワイコフの著作の中でも最も洞察の深い、ワイコフの相場大学(ストックマーケットテクニック2)を見ていくことに致しましょう。前回紹介したストックマーケットテクニック基礎編の続編ですね。










 まずは訳者まえがきから。






 
 本書には、長年の経験と研究に裏打ちされたさまざまのトレード手法が散りばめられている。それは、現代の高度な技法の原点といえるようなものである。



 ワイコフの説明は具体的で、ユーモアにあふれ、親しみやすい。だが、古典と言われるだけあって、その奥はきわめて深い。












 さて、それでは本文に参りましょう。(続く)


​​






Last updated  Jul 15, 2018 10:06:26 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.