25093315 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

2時以降に買えた株 New! toms2121さん

メモ New! 4畳半2間さん

4004昭和電工 今季… New! ソンキンさん

ベネフィットジャパ… New! 征野三朗さん

前日比▼469,800円 New! かぶ1000さん

速報。アパマンショ… New! CASHFLOW101さん

サンセイランディック New! MEANINGさん

優待戦線の競争激化… New! 偏屈たぬきさん

CHOJIROで食事(8163… わくわく303さん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Aug 6, 2018
XML
カテゴリ:株式投資全般
 さて今日からは4回に分けて、そのとても難しい「株の売り時」に関して、私が現時点で考えていることをざっくりとまとめておきます。








 まず、一番大切だと思っているのは、








​​​1. 前もって自分で勝手に「目標株価」を決めない​​。損は切って、利益は放置しておく。​







 ということです。










​ これはどういうことかというと、上がり始めた株と言うのは「モメンタム(勢い)」を手に入れているのが大きなポイントなのです。そして、






 モメンタム投資にはバリュー投資と同等以上の有効性がある






 ことは既に証明されています。一度上がり始めた株はそのファンダメンタルズを超えて遥かに空高く上昇していくことがあります。そして、どこまで上がるかは決して誰にも分からないのです。​



 





 それを自分の都合で勝手に決めた目標株価に達したからと言ってあっさりと売却するというのは、





​ せっかくゲートに入った勝ち馬を撃ち殺すようなもの​ (ザンガーの言葉)




ですし、だからこそ、




 ​価格目標を設定することには問題がある。最も良い銘柄は結局、たいていだれの予想をもはるかに超えて大きく上げるもの。​ (ミネルヴィニの言葉)





 でもあるわけです。









​​ つまり、持ち株が上がり始めたら、もう割高だなと思ってもモメンタムを発揮しているうちはグッと我慢してホールドを続けなくてはならないということなんですね。







 これが何故大切かというと、誰にも正確な未来を見通すことが出来ないという「究極の複雑系」である株式市場では、単純に考えると 





 ​勝率は50%





 しかないからです。





 ​半分の確率で負ける以上、トータルで勝つためには、「勝つときには大きく勝つ」ことが絶対に必要​





 なんですね。​​










​ 私はこの考え方を




 ​バリュー→モメンタム戦略 ​





 不人気な時期にバリュー株としてそっと静かに買い、株価の上昇局面をグロース株として圧力強く楽しくホールドし、ついにモメンタム(勢い)が失われたときに売却し、ポッケに札束をねじ込んで風の様に去る戦略




​​ と定義しています。









 そしてその一方で、見込みと違って値下がりした銘柄については適切な損切りを徹底していくことが大切です。なぜなら 損失は利益の2.5倍のダメージがあるというのが相場心理学の教え であり、それを放置することは投資家としてのIQ(知能指数)とEQ(心の知能指数)に大きな損傷を与えるからです。まさに古いウォール街の格言である、 「損は切って、利益は放置しておけ。」が正解 ということなんですね。






 この点に関して、名著 ​システムトレード基本と原則 の中で、著者のブレント・ペンフォールドは、



​​
 トレーディングで成功するための本当の秘密はただひとつ。損失を管理すること。 。。勝ちトレードはほとんど無視してよい。それらは普通、問題にならない。利は伸びてめったに損にならない。成功するためには、損失の管理にすべてのエネルギーと決断力を集中する必要がある。




 との鮮烈な名言を残しました。「損は潔く切る。そして利益は引っ張るだけ引っぱる。」これが株式投資で「最も大切」なことなんですね。



(続く)​






Last updated  Aug 6, 2018 08:11:41 PM
コメント(0) | コメントを書く
[株式投資全般] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.