23841434 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

グリーンクロス(7533… New! 征野三朗さん

前日比▼620,345円 New! かぶ1000さん

関西オフ参加者募集 New! slowlysheepさん

岡田会長タイーホ!… New! skyfish1975さん

大幅下落が気になっ… New! mk4274さん

メモ2 New! 4畳半2間さん

紀伊國屋書店 New! CASHFLOW101さん

すかいらーくHDにま… New! 偏屈たぬきさん

シジャンで食事(306… わくわく303さん

熱くなる人は株式投… MEANINGさん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Aug 8, 2018
XML
カテゴリ:株式投資全般
​ さて今日は、株式投資で最大の難所である、





 ​株の売り時について考えるシリーズ​





 超好評第4弾です。​










 私が次に大切だと考えているのは、
 







​3. 100%正しくあろうとしない。​​








 という事です。株式市場では「絶対的な正解」は決して手に入ることはありません。何故なら、「運用」というのは文字通り「運を用いる」ものなので、必然的に偶然、運に結果が左右されるからです。








 そのため私は、






​​ ステップシステム​​






 という前回も取り上げた前世紀の大投資家であるジェラルド・M・ローブのやり方を基本的に踏襲しています。以下彼の永遠の名著である、投資を生き抜くための闘い からの引用です。




 
(損切りする勇気を持てない場合でも)持ち株の一部だけなら売る気にもなれるだろう。。。 自分の銘柄が明らかな「失敗」を犯したと感じるたびに少しずつ売っていけばいい。 。。この方法は、ある薬が体質に合えば量を増やし、合わなかったら量を減らすという考え方に似ている。




 素晴らしいですね。










 またそれ以外に






 ​​迷ったら半分​​






 という、マーケットの魔術師株式編でスティーブ・コーエンが述べたやり方も意識しています。。以下引用です。






 ​自分が間違ったと思ったり、理由が分からなくても相場が思惑と逆行している場合は、ポジションを半分に切れ。いつでも積み増せるのだから。。。これを 2回やると、ポジションは元の4分の1 になる。するともう大きなトレードではない。。。重要なのは行動を起こすこと。手をこまねいて悲惨な目に遭うトレーダーがあまりにも多すぎる。。。マーケットの動きをコントロールすることは出来ないが、マーケットに対して自分がどう反応するかは自分でコントロールが出来る。​
​ 




 うーん、何度読んでもこれまた素晴らしい文章ですね。











 すいません、少し脱線しました。要は株を売るという難題への取り組み方として、どっちみち100%正しくあることは出来ないのだから、チビチビチビチビとマーケットの状態を観察し続けながら売るのが良いと考えているのです。そしてジェラルド・M・ローブの言った前述の ステップシステム が一番自分のやり方に近いですね。







(続く)






Last updated  Aug 8, 2018 05:02:26 PM
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.