36556946 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

X

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

メモ New! 4畳半2間さん

この迷惑メールの目… New! モンゴル2008さん

九州電力 New! reformer21さん

街角ウォッチどうな… New! slowlysheepさん

TOTO(5332)---ウォシ… New! 征野三朗さん

1726Br.HD(時価総額… わくわく303さん

フロンティアインタ… mk4274さん

GCA上方修正 bluebonnet7385さん

前日比△3,278,800円※… かぶ1000さん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Aug 29, 2018
XML
カテゴリ:優待株について
 さて今日は当ブログ一番人気の 2018主力株概況シリーズ です。

 

 


 

 

3位 3228 三栄建築設計 (東1、2月優待) ◎◎◎

 

 



 

​​ PF時価総額3位の超主力株は、木造3階建て技術に特色を持つ戸建て住宅販売会社の三栄建築設計です。前回は2017年に11位でしたが、今回は最上位の一角としてここで登場してきました。




(2018年4月24日の会社説明会資料より引用)






 ​同じ家は、作らない​





 という当社のコンセプトはたまらなく、最高に魅力的です。何千万円も出して皆と一緒のプレハブの家になんか私は絶対に住みたくないですからね。







 ちなみに三栄建築設計の過去の施工例で自分が一番気に入っているのは、45棟というビッグプロジェクトを、ギリシャの





 ​​​ミコノス島​​​





 をベースとして、1棟1棟は個性的な建物でありながら全体を見事に1つの街として調和させて作り上げた作品です。










(上記写真は会社HPより引用)




 
 これは大変な手間がかかりますし、経済効率最優先の他の戸建てメーカーではとても実現出来ないプロジェクトだと思います。三栄建築設計の家造りへの熱い情熱と高い実現能力が端的に示されていますね。







 そしてもしも自分が分譲住宅を買うとすれば、間違いなくこういうオンリーワンな家が欲しいです。これが私がここを超主力化した最大の理由ですね。











 現在の株価は1865円、時価総額396億円、PBR1.19、自己資本比率は35.2%、今期予想PER5.99、配当利回り2.6%(48円)、総合利回り3.0%(48+8.8=56.8円)で、優待は100株保有でお米券2キロ分、1000株保有でお米券8キロ分です。











 


 

 

 三栄建築設計は、成長力・高い利益率・指標的な割安さの「3種の神器」を併せ持った最高に魅力的な銘柄 







 です。それは過去10年間の業績推移を見れば容易に分かります。また不動産関連には特にマンデベや投資用不動産関連銘柄など業績変動が激しくて不安定なところが多いですが、 居住用の 戸建てメインの三栄建築設計は業績がとても安定 しており、この 10年間で1度も赤字も無く着実に稼 いでいます。



(上記データは四季報オンラインプレミアムより引用)








 更に言うと、多くの不動産関連銘柄が死んでしまったり死の淵にまで追い込まれたリーマンショックもまさかの「増収増益」で切り抜けるなど、ゴキブリ並みの強靭な生命力を持ってもいます。











 ただ
今期に関しては業績の進捗がやや悪く、会社予想には届かず若干未達になるのではないか?と個人的には考えています。会社IRによると、「若干苦戦しているのは事実。ただ当社は毎年第4四半期にまとめて利益が出る傾向が強いので、今期も(予算を)達成するべく全力を尽くしている。」とのことでした。



 

 

 

 

 

 ま、今期業績はイマイチですが、個人的には三栄建築設計は数年単位の長めの時間軸・中期視点で見た場合には極めて高い総合戦闘力があると確信しています。また最近は傘下の1739シード平和の業績も躍進しており、これまた心強いポイントです。これからもPF最上位の一角として楽しくホールドして応援していく予定です。







2018主力株概況シリーズ 免責事項




2018主力株概況シリーズ は私が主力で勝負している銘柄について、本当にその価値はあるのか、私を投資家としての次の「無重力のステージ」に連れていけるだけの力があるのか、「リスク・リワード比」が優れた最強で最上の銘柄なのか、何か見逃している弱点はないか、戦い続けるのに必要な「銘柄としての鮮度」が落ちてはいないか、などを多角的に検討する目的で書くものです。記事内容は一般的に入手可能な公開情報(ただしIRへの蛇の様にしつこくて執念深い独自の取材内容を含む)に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場と個別銘柄の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。私には未来を予見する力は一切ありません。そのため当シリーズに基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100.0%御自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。







Last updated  Aug 30, 2018 12:59:50 PM
[優待株について] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.