28032243 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

メモ New! 4畳半2間さん

4929アジュバンコス… New! わくわく303さん

エコス(7520)---利幅… New! 征野三朗さん

前日比△770,117円(… かぶ1000さん

適温すぎる国 slowlysheepさん

2007/10/5付Yahooブ… モンゴル2008さん

オカダマニラの利益… skyfish1975さん

高級◯貸カンバン。 CASHFLOW101さん

オススメ経済本第5位 MEANINGさん

台風19号! reformer21さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Oct 3, 2018
XML
カテゴリ:優待株について
​​ さて今日は 2018主力株概況シリーズ です。しばらく前にブログ限定で「先行公開」していた銘柄ですが、順番が回ってきたので再度アップします。 公文式のプリントの復習 の様なものと思ってお付き合い頂ければ幸いです。勿論、原稿は前回発表時からは更に練り直して、より面白くかつ分かりやすくなるようにブラッシュアップをかけています。





 

15位 3258 ユニゾホールディングス (東1、3月優待) ◎◎◎



 

 

 

​ 保有全643銘柄中で時価総額15位の主力株は旧日本興行銀行(興銀)系の不動産会社のユニゾホールディングスです。ここの旧社名は常和ホールディングスで、2009年6月の上場後からしばらくの間、超主力(PF3~5位程度)の一角として戦ったことがあり、久方ぶりの主力参戦となりました。












 ユニゾHDは、旧興銀系という毛並みの良さと、銀行からの融資の引き出しやすさを存分に生かした、超アグレッシブでやんちゃかつ全くリスクを恐れない「脳の恐怖中枢の欠落した」イケイケな営業姿勢を貫いており、個人的には非常に好みの、大好きなタイプの銘柄です。







 ただこの数年オラオラで物件を買いまくったせいで金利負担が激増(2018年3月期で、1年間で約67億円)してしまい、お金が回らなくなって公募増資を連発しており、しまいには株価がPBR1倍以下でも平気で両手で手づかみで「おかわり」するという節操のなさで、





(上記データは第41期有価証券報告書18ページより引用)







 それがマーケットから「怒り心頭」で嫌気されて株価が超暴落し、それで私は今回縁があって再び主力の一角として戦えることとなりました。(笑)















 現在の株価は2214円、時価総額758億円、PBR0.73、自己資本比率14.1%、今期予想PER7.50、配当利回り3.6%(80円)、総合利回り5.0%(80+30=110円)で、優待は100株保有で、​

 

 

 

 

1. 3000円相当のUCギフトカードと






 







 

 

​​​​​2. 株主優待券5枚(ヤフオク平均落札価格は1枚100円。なのでほぼ無価値と判断し、ここでは0円換算)などです。














 ユニゾホールディングスへの主力参戦の理由は以下の通りです。









1. グレアムのミックス係数(PBR0.73×PER7.50=5.48)が非常に低く指標的に割安 で、かつ同時に 極めて高い成長力 を併せ持っている。





(上記データは四季報オンラインプレミアムより引用)
















2. 保有不動産に1773億円もの含み益があり、元々低PBRではあるが実質的なPBRが更に低い。 IRによると、「物件に関しては、検討に検討を重ねて、当社の基準を満たすもののみを選び抜いている。」とのことで、その効果が出ているものと個人的には思っています。





 (上記データは2018年7月27日の、2019年3月期1Q会社説明会資料より引用)





 膨大な有利子負債(2018年3月末で6209億円)に伴う金利負担が重い(2018年3月期で約67億円)のは事実だが、





​​​
(上記データは第41期有価証券報告書42ページより引用)​​​​​
 



 いざとなれば、保有物件売却で何とか凌げるレベルではある。またIRによると、「金利上昇に対して対策をしていかなくてはいけないことはもちろん認識している。現在金利の固定化を図っており、現状9割以上がそうなっている。」ということでした。










 
 以上をまとめると、ユニゾHDは背伸びをするだけして、成長痛でそのまま志半ばにして死にかねないくらいに超積極的な経営をしている。「今後金利が跳ね上がったらガチで一体どうすんだ。」という懸念は当然にあるが、逆に言うと、「もしもこれからまだ数年現在の超低金利環境が続くのであれば、極めて大きな成長と利益が手に入る。」ということにもなる。ハイリスク・ハイリターンの典型的な銘柄であるが、マーケットでは、






 ​一般に危険に見え、鋭く投資家の意見が対立するところにしか利益は隠れていない。​






 のも事実であり、私はそこによちよちと踏み込んだということです。最大限の緊張感を持ち、業績推移をしっかりと見張りながらホールドしていく予定です。。。。。。








​、、、追加情報​







 ユニゾHDは 2018年10月2日、新規投資計画の修正を発表 しました。これまでの超イケイケの投資計画を改めて、ややアクセルダウンしています。また、






 ​当面は公募増資を行わず、投資活動によるキャッシュ・インフローの範囲内で資産の取得を行う​ 





 という方針も明示されました。ま、 これまで散々大暴れしてきたので、このあたりで小休止 ということですね。私もホルダーとしてちょっと一息ついています。​​​​
(笑)​​









 柔軟かつ合理的で良い経営判断だと思います。また、 「ユニゾは安いには安いんだけど、株価に関係なく増資爆弾が降って来るから、危なくて買えないんだよな。」 と考えていた投資家の方も多数いたでしょうから、 非常にポジティブなニュース だったとも考えています。




​​

2018主力株概況シリーズ 免責事項






2018主力株概況シリーズ は私が主力で勝負している銘柄について、本当にその価値はあるのか、私を投資家としての次の、1つ上の無重力のステージに連れていけるだけの力があるのか、「リスク・リワード比」が優れた最強で最上かつ頑健な銘柄なのか、何か見逃している弱点はないか、戦い続けるのに必要な「銘柄としての鮮度」が落ちていないか、死んだ目の魚になっていないか、などを多角的に検討する目的で書くものです。記事内容は一般的に入手可能な公開情報(ただしIRへの蛇の様にしつこくて執念深い独自の取材内容を含む)に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものではありません。また市場と個別銘柄の未来がどうなるかは誰にも決して分からないため記事内容の正確性は保証しません。私には未来を予見する力は一切ありません。魔法の水晶玉は残念ながら持ち合わせておりません。そのため当シリーズに基づいて投資を行い、損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100.000%御自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。







Last updated  Oct 3, 2018 07:49:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
[優待株について] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.