27478691 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

ビーグリー(3981)---… New! 征野三朗さん

消費税増税カウント… New! slowlysheepさん

7883サンメッセ(時… わくわく303さん

メモ 4畳半2間さん

信用取引したい MEANINGさん

もう「内モンゴル」… モンゴル2008さん

前日比△761,153円(… かぶ1000さん

なぜN国の立花氏はま… ペタジーニ昭さん

これはどっちが正し… ossanpowerさん

物件買付。「ボロ物… CASHFLOW101さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Oct 31, 2018
XML
カテゴリ:株式投資全般

 いやあ10月が終わりましたね。ポートフォリオの損傷が極めて激しく、防戦一方で、とても長く感じる、実に疲れる1か月でした。気分的にはとてもハロウィーンどころではなかったですね。(滝汗)

 

​​​ 












 さて早速今月の成績ですが、対2017年末比で-14.6%となり、先月の-6.7%からは大幅に悪化しました。







 今月は私が専門としている中小型の優待バリュー株が全体に軟調だったこと、また自分のポートフォリオ上位に不動産関連が多くそれらが特に激しく下落したことから非常に厳しい結果となりました。










 不動産関連に関しては投資用不動産関連は既にほとんど処分済みで、居住用不動産、特に戸建てや中古住宅再生系などの一次取得者向けの銀行の融資姿勢の変化を極力受けにくいところに絞って戦ったのですが、それでも全く駄目でした。









 さてこれで今年2018年も6分の5が終わりました。これまでのところ、大変残念なことに
対ベンチマークでも過去10年で最悪の成績となっています。






 正直ここまで来ると、とにかく資金・リスク管理に集中して何があっても年末までクラッシュせずに生き残れるようにすることが一番大切という状況となっており、現在は視点を切り替えてそこに集中して戦っています。ま、いずれにせよ、引き続き最後まで気持ちを切らさず丁寧に頑張ります。







 それでは皆様、来月もよろしくお願い申し上げます。​​​










Last updated  Oct 31, 2018 06:19:46 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.