34047041 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

X

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

SOMPOHD(8630)---S… New! 征野三朗さん

「ターコイズの空の… New! モンゴル2008さん

メモ New! 4畳半2間さん

5451淀川製鋼所(時… New! わくわく303さん

あんまり上見ちゃい… MEANINGさん

夜桜 slowlysheepさん

日銀って上場してた… fuzzoka085さん

前日比▼4,196,030円… かぶ1000さん

2021年2月のパフォー… らすかる0555さん

運用成績・ポートフ… lodestar2006さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Feb 20, 2019
XML
カテゴリ:株式投資全般
 さて今日は株式投資本オールタイムベスト84位





ファクター投資入門 (アンドリュー・L・バーキン ラリー・E・スウェドロー 著、パンローリング社)









 の第8弾です。​​








 今日は、第5章 収益性・クオリティのファクター から。













 ​
 ​収益性のファクターは、収益性が高い上位30%の企業の年平均リターンから、それが低い下位30%のリターンを差し引くことで算出される。論文ではこれをRMW(Robust-Minus-Weak)と呼んでいる。​













 ​
​ ​売上高から製造原価を差し引いたものを収益性と定義すると、1927~2015年の期間において、最も収益性の高い企業のリターンは、それが最も低い企業のリターンを年3.1%上回るもの であった。​​













 
 収益性のファクターは、クオリティの高い企業のリターンからクオリティの低い企業のリターンを差し引くことで、その特徴をとらえようとするクオリティのファクターへとその適用範囲を広げることが出来る。



​ クオリティのファクターはQMJまたはQuality minus  junkと呼ばれる。 1927~2015年にかけて、クオリティプレミアムは年平均3.8%のリターン を上げてきた。​














 これまでの私の理解は、






 ​収益性の高いクオリティ銘柄への投資は多くの投資家が好むものであり、それゆえに指標的に既に割高な株価水準となっている場合が多く、結果として有効な投資法ではない​






 というものでした。







 その意味で、この収益性・クオリティのファクターが有効であるというバーキン&スウェドローの指摘は自分にとっては「かなり新鮮な驚き」でした。私はこれまで意図的にいわゆるクオリティ銘柄への投資を避けてきたのですが、今後はその方針を少し変更しようと思っています。(続く)






Last updated  Feb 20, 2019 04:52:34 PM
コメント(2) | コメントを書く
[株式投資全般] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:8. 収益性・クオリティのファクター。(02/20)   みム目MO! さん
いつものお節介さんが来ました。

クオリティに関するみきまるさんの認識は間違いありません。
クオリティとグロースの相関は高く、クオリティファクターエクスポージャーの大きい銘柄には割高なものが多いです。

また、クオリティの高い銘柄は事業利益の予想がつきやすいため、割引キャッシュフローモデルの数値が比較的安定しています。これは、クオリティ銘柄に債券性が強いことを示すもので、クオリティ銘柄はBond Proxyとも呼ばれます。
ちなみにバリュー銘柄はBond Hedgeとも呼ばれ、クオリティ銘柄と逆相関をもつ要素があることを示しています。

したがって、金利が低下し続けたここ十数年の間、クオリティ銘柄のパフォーマンスは好調でしたが、去年からの金利上昇を受け、クオリティ銘柄は債券とともに大きく下落しました。

本当に不景気で金利が下落する局面では、債券と同じように株式ポートフォリオの下落を抑制することが期待できるクオリティファクターですが、いつでも安定したパフォーマンスを得られると思うのは危険(債券も金利上昇局面では安全でないのとまったく同様に)です。

また、クオリティのアウトパフォーマンスもグロースやモメンタムと同様にアノマリーであり、リスクプレミアムではありません。したがって、いつ消えてもおかしくないものです。

しかしながら、玉石混合の株式市場の足を引っ張るゴミ株を排除するためのスクリーニングには有用であり(エマージング市場で特に顕著、日本では微妙)、アノマリーではあるがグローバルには定量的なパフォーマンスも良いことから(単に債券を入れるよりも)、MSCIのDiversified MultiFactor Indexに採用されている4ファクターの一つにクオリティが入っています(あとの3つは、サイズ、バリュー、モメンタム)。

バリュー銘柄はいつ潰れてもおかしくないゴミ株が少なくないので、バリューとクオリティを組み合わせることは非常に有益です。
もちろん最初に述べたようにバリューとクオリティのファクターエクスポージャーは逆相関性があるため、両方のスコアがよい銘柄は多くありませんが、むしろ厳選という観点ではある程度絞り込まれてくれるほうが都合が良いでしょうから、キャパシティの問題で集中投資しにくい大規模なファンドならともかく、個人投資家の比較的小規模なポートフォリオであれば、バリューとクオリティの組み合わせは、個人的にはナイスだと思います。

ただし、クオリティといってもROEで見るのとROAまたは負債比率で見るのとでは景色が結構違うこともしばしばあるので、ご注意。 (Feb 20, 2019 08:41:45 PM)

Re[1]:8. 収益性・クオリティのファクター。(02/20)   みきまるファンド さん
みム目MO!さん、こんばんは。



詳細な解説有難う御座います。



バリューとクオリティの組み合わせは面白そうですね。



今後の銘柄選択で意識していきたいと思います。
(Feb 20, 2019 10:50:16 PM)


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.