27740970 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

あるもので暮らす New! slowlysheepさん

メモ New! 4畳半2間さん

7412アトム(時価総… New! わくわく303さん

征野ファンドの運用… New! 征野三朗さん

voicyファンフェスタ… CASHFLOW101さん

Yacktman ファンドが… ossanpowerさん

オススメ経済本1位 MEANINGさん

モンゴル人に向けた… モンゴル2008さん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

前日比△3,115,000円 かぶ1000さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Apr 20, 2019
XML
カテゴリ:株式投資全般
​ 今年のここまでの相場を優待バリュー株投資家としての立場から俯瞰すると、一言で言うと、「難しい相場」だなあ、と感じます。









 指標的に目玉が飛び出る程に割安でも上がらない、同じく指標的に割安でかつまずまずの成長力があっても上がらない、総合利回りが非常に高く指標的にも妥当な位置でバランスの良い銘柄でも上がらない、要は、バリュー投資家+優待族的な見地からは「この水準なら十分に安い」と確信を持てる銘柄であっても株価はピクリとも反応しない、そういった状況が続いています。








 ただ改めて考えてみると、アベノミクス下で億り人が量産されたここまでの数年間があまりにも優しくかつ異常だっただけで、今くらいの「爪がちーとも引っ掛からないツルツルの氷柱相場」が日本株市場の通常の状態であるようにも思います。










 また、優待株バブルが既に破裂し、東証1部昇格狙い投資法で何杯でも新米が食べられた素敵な季節も終了した今、私は「手元に強力な武器が、切り札となるジョーカーがない状態」ともなっています。







 そんな中で今一番心掛けているのは、ポートフォリオ上位銘柄に関して、極力業種的な分散を掛けて多様な視点から銘柄を選択することと、後は過去の自分の取引結果を精査して、相性の良い、いいパフォーマンスを上げることが出来たやり方・セクターの投資比率を上げることです。











 自分の昨年2018年の成績は過去最悪の酷いものでした。投資家として間違えることはよくありますし仕方のないことですが、間違ったままの状態であり続けることは致命傷となります。強い決意と覚悟をもって、今年の2019年相場に取り組んでいます。



 ​






Last updated  Apr 20, 2019 07:40:17 PM
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.