27456029 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

メモ2 New! 4畳半2間さん

信用取引したい New! MEANINGさん

CIJ(4826)---金融… New! 征野三朗さん

もう「内モンゴル」… モンゴル2008さん

あさくまで食事(275… わくわく303さん

神戸物産売却【2019… slowlysheepさん

前日比△761,153円(… かぶ1000さん

なぜN国の立花氏はま… ペタジーニ昭さん

これはどっちが正し… ossanpowerさん

物件買付。「ボロ物… CASHFLOW101さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Jul 11, 2019
XML
カテゴリ:株式投資全般
​​​ しばらく前の事ですが、「正統派&超実力派」で歴戦の凄腕バリュー投資家であるたーちゃんさんが、以下の様なツイートをされていました。






10年前の相場低迷時に投資仲間と議論してた銘柄が凄いという話になった。
--
神戸物産
ワークマン
日本商業開発
セリア
ゲンキー
アークランドサービス
CTS
パラカ
などなど
テンバガー以上になっているものばかりで、どれを選んでいても放置すれば金持ちになっていたという事実。

— たーちゃん@逆神アッパーカット (@yhdgj675) 2019年7月9日










 こうしてみると確かにその後大ブレイクした銘柄のオンパレードであり、同時にこれらの銘柄を手掛けて実際に大きな資産を築き上げた投資家の方々も続出しました。











 そして私は、「そういえば​ ゲンキー  は自分も10年近く前に超主力株として戦ってたんまり稼がせてもらったなあ。でも、後の銘柄は縁がなかったなあ。」などと勝手に楽しく余韻に耽っていたのですが、その時にふと、











 ​10年後の2019年現在も、日本株市場には「10年で10倍」を目指せそうな潜在ポテンシャル抜群の銘柄が多い​​











 ことに気付きました。












 2009年が日本株市場での中長期投資の大チャンスだったように、世界基準で見た場合の指標的な割安感が際立つ2019年現在の日本株市場にもまた「2度とない」程の素晴らしい投資機会が溢れている様に思うのです。











 そこで「10年で10倍」を目指せると私が考えている銘柄について、今日はプレゼンテーションをしてみたいと思います。ただ「誰が見ても10年で10倍になりそう」な銘柄であれば、既に今の市場で高く評価されているはずであり、私がこれから出す銘柄は全て「何らかの欠点がある」ものがほとんどとなります。











 また取り上げている銘柄は全て既に私の主力株であり、ポジショントーク満載の「夏の夜の夢」の様な、お楽しみ企画ということを御了承下さい。それでは始めましょう。












6425 ユニバーサルエンターテインメント





 フィリピンで総事業費3000億円以上の巨大カジノリゾート、 「オカダマニラ」​ を手掛ける。施設は開業後3年目にして未だあちこちで工事中というスケールの大きさながら、ようやく黒字化が見えるところまで漕ぎ着けてきた。



 オカダマニラの収益化&キャッシュマシーン化で5倍、また世界レベルのカジノリゾートを既に運営している「唯一の日本企業」であり、もしも日本でのカジノリゾート運営に絡むことが出来れば更に2倍で、合計10倍があり得ると夢想している。





 ただ様々な訴訟やトラブルにまみれた企業でもあり、ネット上では「汚物まみれのダイヤモンド」、「血だらけの宝石」、「絶対触るな、超危険」とも称されている。夢見がちで楽観的な私達「ユニバホルダー」の未来に待ち受けているものは、自らの大量の鮮血か、それとも喜びの涙か、、、、?















8699 澤田ホールディングス





 モンゴル最大手銀行である「ハーン銀行」を保有。少子高齢化で経済の縮小再生産が続くここ日本とは違い、新興国で経済発展著しいモンゴルでは銀行業は成長産業。実際、2010年3月期と2019年3月期を較べると、売り上げは4倍、純利益は9倍にもなっている。



 また筆頭株主(保有比率25.9%)で会長さんでもある澤田秀雄氏は、海外旅行大手の9603エイチ・アイ・エスを一代で築き上げた「日本を代表する稀代の起業家」の1人である。





 そして彼の新たなチャレンジである澤田HDは現在「成長期で伸び盛り」の状況であり、澤田氏の「将来を展望する力と目利き力」を存分に楽しめる環境下にある。​そして澤田氏が巨大な成功を収めても尚「アニマルスピリッツ」を全く失っていないことは、先日の 3258ユニゾHD への大胆な敵対的TOBでも良く分かる。



 ただし、澤田HDには「株好きでも知られる沢田秀雄氏の財布」という一面があり、株主還元姿勢に非常に乏しいことから万年不人気&割安放置の状態が続いている。














2780 コメ兵




 名古屋の大須発祥で全国展開を進めているリユースショップ。商品の充実度、接客態度の際立った良さ、店内の活気と清潔さ、どれを取ってもフルマークに近く、個人的には「リユース業界で総合戦闘力最強」と高く評価している。



 経済低迷が長く続く日本では、この「失われた30年」の間に多くの価値観が変わりました。その1つが「中古品への抵抗感の薄れ」だと思います。そしてこういう今の時代に、「中古品なんだけど、その商品の全てがラグジュアリーでかつとってもお得」というコメ兵の 「バリュー消費」 的な企業コンセプトはとても良くあっている様に思っています。



 「時代がようやくコメ兵に追い付いてきた。ここからの数年で、コメ兵はもっともっともっと伸びることが出来る。全国を制覇し、リユース界のユニクロになれる可能性がある。」と、個人的には考えています。​





 









 皆様も、「この銘柄も10年で10倍、あり得るよー。」というところがありましたら、是非私にも教えてください。






Last updated  Jul 11, 2019 07:46:38 PM
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.