27410424 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

人間の機械化 New! slowlysheepさん

8013ナイガイ(時価… New! わくわく303さん

メモ New! 4畳半2間さん

スペースバリューHD(… New! 征野三朗さん

ハルハ河戦争、戦勝… モンゴル2008さん

前日比△761,153円(… かぶ1000さん

なぜN国の立花氏はま… ペタジーニ昭さん

まだ30代だし、こ… MEANINGさん

これはどっちが正し… ossanpowerさん

物件買付。「ボロ物… CASHFLOW101さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Jul 19, 2019
XML
カテゴリ:株式投資全般
 さて今日は株式投資本オールタイムベスト第90位








裁量トレーダーの心得 初心者編 (デーブ・ランドリー著、パンローリング社)











 の第2弾です。












 今日は珠玉の出来である第1章を見ていきましょう。

















​​ 
​株価は上昇よりも下落の方が速い​



 と言うのは経験からも真実だと感じます。名著 マネーの公理 で著者のマックス・ギュンターは「船が沈み始めたら祈らずに海に飛び込め。」と言いましたし、 株の公式 で林則行は「売りの本質は飛び降り。ファンダメンタルズよりもテクニカルが売り場を速く察知してくれる。」と述べました。つまり、 私たちバリュー投資家もテクニカル的な物の見方を学ぶことは大切 なんですね。​​























 ​
 ​株は感情によってトレードされている。現実に基づいてトレードされているわけではない。。。大手機関からアマチュアトレーダーまで、株の売買は恐れと強欲、つまり感情に基づいてなされている。​



 → あまり言及されることはありませんが実にその通りですね。
















 ​
 ​けっしてナンピンをしてはならない。​
​ 



→ 良い投資本では必ず出てくるフレーズですね。


















 ​
 ​必ず勝てる投資手法=聖杯は存在しない。どのシステムでも損失は免れない。​




 → これこそが市場の永遠の真実ですね。マーケットは常に変わり続けている。だから私たち投資家は常に学び続けなくてはならないんですね。


















 ​
 ​自分のことをトレンドフォロワーと考えていない人でさえ、実はポジションを取っているときにはトレンドフォロワーの手法に従っている。。。少なくともポジションを取っている間はトレンドに従うしかない。。。市場にいる間はトレンドに従うしかない以上、いつもトレンドに従ったほうがよい。​





​→ この表現は考えさせられますね。私自身は逆張り志向の強い投資家なのですが、それも将来の何処かの地点では株価が反転し、今までの大きな下落をばねとしてリターンリバーサル(RR)を発現し、更に フレッシュモメンタム 効果によって株価が大きく上昇することを期待しているからです。つまり、言われてみると、 どこかでは自分が想定していたトレンドが発生しないと利益にならないのは事実 なんですね。
















  いやあ、いい本ですね。(続く)






Last updated  Jul 19, 2019 06:02:09 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.