28051318 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

オススメ経済本第6位 New! MEANINGさん

金麦料理 New! slowlysheepさん

2914日本たばこ産業… New! わくわく303さん

メモ New! 4畳半2間さん

コシダカHD(2157)-… New! 征野三朗さん

前日比△770,117円(… かぶ1000さん

2007/10/5付Yahooブ… モンゴル2008さん

オカダマニラの利益… skyfish1975さん

高級◯貸カンバン。 CASHFLOW101さん

台風19号! reformer21さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Sep 15, 2019
XML
カテゴリ:株式投資全般
​​​​ さて今日は株式投資本オールタイムベスト92位







 実践ディープバリュー投資 (イェルン・ボス著、パンローリング社)









 の最終回第9弾です。









 最期となる今日は心打たれる珠玉の出来だった エピローグ から。








 
 NAV(純資産価値)よりも安くなっている銘柄を探すことで投資候補となる株式を選択していると、多くの興味深い機会に出くわすことになる。ディーブバリュー投資家であるわれわれは、大多数の株式投資家とは異なる角度からそれらの銘柄に向き合っている。



 彼らとは違い、われわれは利益やPER(株価収益率)の水準には特に興味がない。われわれにとっては、大幅なディスカウント、流動性の高い資産、シクリカルな業界、そして実績ある機敏なビジネスモデルが理想である。





 ディープバリュー投資で構成されるポートフォリオは驚くほどの報いをもたらす。
















  
 クオリティはやがて形に表れる。ほかの投資家がそれに気づくこともあろうし、他社が買収を仕掛けてくることもあろう。



 利益を追いかけると、市場が反転したときに確実に損をすることになる。














 ディープバリュー投資の魅力の一つとして、元々低評価なので、会社側の来期の業績予想の数字が悪かった時にも特に誰にも期待されていなかったので株価が暴落しない、ということがあります。一方でその収益性や成長性が評価されて株価が形作られている銘柄だと、予想数字が悪いと瞬時に株価が半値になることもザラにあります。









 利益を追いかけると、市場が反転したときに確実に損をすることになる と言う、ボスの指摘は、鋭くかつ強烈です。








 そしてこの「安全性」や「堅牢性」こそが、ディープバリュー投資手法の最大の魅力なんですね。










 さて、これでこの本の紹介は終わりです。バリュー投資家であれば誰でも本棚の片隅に置いておきたい傑作と思います。未読の方は是非。(終わり)​​​​






Last updated  Sep 15, 2019 07:52:02 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.