28351401 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

メモ2 New! 4畳半2間さん

日本エス・エイチ・… New! 征野三朗さん

2008/6/17付Yahooブ… New! モンゴル2008さん

因果論の正体 New! slowlysheepさん

7272ヤマハ発動機(… わくわく303さん

前日比▼1,834,000円 かぶ1000さん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

銘柄分析 第十弾 9… MEANINGさん

教会購入。「ボロ物… CASHFLOW101さん

ポートフォリオ(令… 偏屈たぬきさん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Nov 7, 2019
XML
カテゴリ:株式投資全般
​​​​​ さて今日は株式投資本オールタイムベスト93位








 ザ メンタルゲーム (ジャレット・テンドラー バリー・カーター著、パンローリング社 2017年)











 の第7弾です。









 今日も珠玉の出来である 第3章 感情 から。
















 
 感情のスペクトラム



 感情はスペクトラム(連続体)の状態で存在しており、蓄積されていくにつれ、その激しさを増していく。本書でカバーする4つの主な感情―怒り、恐怖、モチベーション、自信ーもまた、スペクトラムを持っている。



 怒りはちょっとしたイライラから始まって、正気でない猿並みティルトにまで至る。



 恐怖は不確実性に始まり、恐怖症にまで達する。



 モチベーションは怠惰から始まり、やる気が湧いてどうしようもない段階まで存在する。



 自信は全く自信がない状態から、自信過剰のポーカー神的状態まで存在する。





 感情が蓄積していくのをより上手く認識できれば、臨界点を超えないように処理することも上手く出来るようになり、感情を完全にコントロールし続けることが出来るのである。













 ​個人的には、このテンドラーの指摘が本書中で一番の収穫でした。






 ​​​感情というのは連続体であり、投資家は自らの感情がどのレベルにあるのかを常に意識しモニタリングし続けることによって、それをコントロールしやすくなる​​​






 ということなんですね。​









​ ​
 ​疑念、不安、恐怖、恐怖症は不確実性の積み重なった結果である。​
​​














 この表も素晴らしいと思いました。








 ​私達投資家にとって損切りが大切であるのも、自らの感情がコントロール不能になってしまう恐怖や恐怖症のレベルにまでそれを放置するとあまりにも危険だから​







​ です。






​ 自らの「感情」を守るためには、早めに「恐怖の芽を摘む」ことが肝要






 なんですね。(続く)​

​​​​​






Last updated  Nov 7, 2019 07:34:03 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.