31410806 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

ペイパルHD(PYPL)---… New! 征野三朗さん

3167TOKAIホールディ… New! わくわく303さん

消臭効果のある夏の… New! slowlysheepさん

前日比▼1,431,000円 かぶ1000さん

期ズレで下方修正 MEANINGさん

2020年7月のパフォー… らすかる0555さん

第359回 米国株、5… ウォール街からさん

7月末運用成績&PF mk4274さん

運用成績・ポートフ… lodestar2006さん

下っぽい fuzzoka085さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

May 31, 2020
XML
カテゴリ:優待株について

さて今日は久々に ​2019~20主力株概況シリーズ​ です。​

 

 

 

 

 

34位 5283 高見澤 (東JQS、6月優待)◎◎

 

 

 

 

 

 PF時価総額34位の上位銘柄は、長野県地盤で電設、建設資材中心に石油製品や自動車販売なども手掛ける高見澤です。2018年は35位、2017年は36位で登場していたので、ほとんど変わらない位置での3年連続のPF上位入賞となりました。

 



















 

 

 現在の株価は1790円、時価総額31億円、PBR0.30、自己資本比率は28.3%、今期予想PER4.30、配当利回り1.4%(25円)、総合利回り2.2%(25+15=40円、優待品は私がネットで調べたところでは約3000円の商品だったのでそれで換算。)で、優待は200株保有で信州特産品もしくは自社加工品(なめたけの瓶詰め)です。







 このなめたけは高見澤の特産事業部で製造販売しているもので、
「日本一の産地として有名な長野県中野市の採りたての新鮮なえのき茸を、信州産丸大豆を使った杉涌天然醸造醤油でじっくりと煮込んだ贅沢ななめ茸」です。これは率直に言って味わい抜群です。それがどのくらいかと言うと、100円ショップで売っているなめ茸の大体7倍くらいは美味しいです。

 


































 

 この高見澤の優待なめたけは途轍もなく美味しいので毎年楽しみにしています。今日は実際の料理例をいくつか御覧戴きましょう。

 

 




 

  高見澤優待なめたけの和風パスタ










 高見澤優待なめたけのオムレツ











 

 高見澤優待なめたけのお茶漬け

 

 

 

 




 

 高見澤優待なめたけとキムチの冷奴












 

 なめたけが瑞々しくて食感も良く、どれも抜群に美味しかったです。






 

 









 

​​​  さて、高見澤は指標的に極めて割安ですし、マイルドではありますが一定の成長力もありますし、過去の業績も安定していて2003年6月期以降は一度も赤字もないですし、地味ですが非常に良い銘柄と思います。










(上記データはかぶたんプレミアムより引用)











 尚、ここで個人的なメモ書きを兼ねて、高見澤に関するちょっとしたポイントを列記しておきます。








1. 過去10年間で売上高が大きく伸長している(2009年6月期380億円→2019年6月期643億円)が、この理由はIRによると、「この数年でM&Aを行ったため。」とのこと。









2. 業績予想に関して、「固めに出していますか?」という質問に対しては、「当社にはその傾向はあります。」とのこと。








​​

 

 ま、いずれにせよ、超低PBR(0.30)の今の株価位置であれば、高見澤は​PF上位銘柄として特に戦闘力不足という事は無いと考えており、今後の業績推移をしっかりと見ながら、これからも抜群のなめたけ優待を楽しみにホールド継続の予定です。​






2020主力株概況シリーズ 免責事項






2020主力株概況シリーズ は私が主力で勝負している銘柄について、本当にその価値はあるのか、私を投資家としての次の、1つ上の無重力のステージに連れていけるだけの力があるのか、「リスク・リワード比」が優れた最強で最上かつ頑健な銘柄なのか、何か見逃している弱点はないか、戦い続けるのに必要な「銘柄としての鮮度」が落ちていないか、死んだ目の魚になっていないか、などを多角的に検討する目的で書くものです。記事内容は一般的に入手可能な公開情報(ただしIRへの蛇の様にしつこくて執念深い独自の取材内容を含む)に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものではありません。また市場と個別銘柄の未来がどうなるかは誰にも決して分からないため記事内容の正確性は保証しません。私には未来を予見する力は一切ありません。将来を透視できる「魔法の水晶玉」は残念ながら持ち合わせておりません。そのため当シリーズに基づいて投資を行い、損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100.000%御自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。









Last updated  May 31, 2020 10:28:22 AM
コメント(2) | コメントを書く
[優待株について] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:2019~20主力株概況34位、高見澤。(05/31)   MEANING さん
あ、高見澤良いですよね。
僕も持っています。

もう買いたいと思えるような銘柄の少ない日本市場で、買いたいと思える株価の数少ない企業です。



なめたけは色々種類がありますが結局普通の味のやつが一番好きです。 (May 31, 2020 03:50:58 PM)

Re[1]:2019~20主力株概況34位、高見澤。(05/31)   みきまるファンド さん
MEANINGさん、こんばんは。




高見澤は期初に超保守的な業績予想を出して株価暴落→その後の実際の業績推移が良くてじり高というパターンが良くあるので、コロナの影響がありそうな来期もそうなる可能性があると思っています。




私は何度か買い増しも検討したのですが、結局のところ今の順位に留めています。 (May 31, 2020 09:49:26 PM)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.