31384301 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

8013ナイガイ(時価… New! わくわく303さん

期ズレで下方修正 New! MEANINGさん

アドソル日進(3837)-… New! 征野三朗さん

メモ New! 4畳半2間さん

2020年7月のパフォー… らすかる0555さん

18時間 slowlysheepさん

第359回 米国株、5… ウォール街からさん

前日比▼1,238,200円 かぶ1000さん

7月末運用成績&PF mk4274さん

運用成績・ポートフ… lodestar2006さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Jun 28, 2020
XML
カテゴリ:優待株について

 さて今日は 2019~20主力株概況シリーズ です。

 

 

 

 

 

40位 5902 ホッカンホールディングス (東1、3月優待) ◎◎

 

 

 

 

 

 PF時価総額40位の上位銘柄は、食缶業界3位のホッカンホールディングスです。前回2019年は47位で登場していましたが、その指標的な割安感と、自分の大好物の「缶詰優待」銘柄であること、後述しますが優待改善を含めた株主還元拡大志向が鮮明になっていること、などを総合的に評価して更に買い増ししたため、ホッカン史上初のポートフォリオTOP40入賞を果たしてきました。

 

 








 








 

  尚、缶詰優待というものがどれほど素晴らしいものであるかについては、過去の大人気記事である、






 

​​ ​缶詰優待株、私的ランキング ベスト4!!!!  2019年版​ ​​

 

   





 を是非今すぐにご覧下さい。





 


 

 さてそんな素敵なホッカンHDの現在の株価は1826円、時価総額245億円、PBR0.43、自己資本比率36.0%、今期予想PER5.30、配当利回り2.7%(50~90円)、総合利回り4.4%(50+30=80円)で、優待は100株保有で3000円相当、1000株保有で6000円相当、2000株保有で8000円相当の缶詰詰め合わせです。





 
 ホッカンHDの優待制度は2020年3月の優待権利通過後となる5月26日に「後出し」で下記の通りに改善されました。後出しで優待改悪をする銘柄と言うのはザラにありますが、逆に改善をして来る所と言うのは珍しいので、鮮烈な印象を持ちました。

 




​ 






 ​それでは具体的に優待品を見ておきましょう。2019年の2000円相当の100株優待品(下記左)と5000円相当の2000株優待品(下記右)です。​















 

 

 今日は優待品の実際の使用例を1つだけ御覧戴きましょう。

 

 

 

 

 

 ホッカン優待の帆立グラタン。

 

 

 

 






 




 

 

 

 

 

 


 

 

 ホッカンHDはとにかく指標的に見て安いのが魅力です。何しろ、グレアムのミックス係数 はたったの2.28ですからね。ただし、過去の業績推移にはやや波があり、また財務状態も鉄板と言うほどではありません。








(上記データはかぶたんプレミアムより引用)








 ま、いずれにせよ、これからも現行の優待制度が続く限りは、楽しくホールドして応援していく予定です。








2020主力株概況シリーズ 免責事項




2020主力株概況シリーズ は私が主力で勝負している銘柄について、本当にその価値はあるのか、私を投資家としての次のステージに連れていけるだけの力があるのか、「リスク・リワード比」が優れた最強で最上の頑健な銘柄なのか、何か見逃している弱点はないか、戦い続けるのに絶対に必要な「銘柄としての鮮度」が落ちていないか、などを多角的に検討する目的で書くものです。記事内容は一般的に入手可能な公開情報(ただしIRへの蛇の様にしつこい独自の取材内容を含む)に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場と個別銘柄の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当シリーズに基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100.0%御自身の判断と責任の元で行って頂きますよう、伏してお願い申しげます。







Last updated  Jun 28, 2020 09:19:41 AM
コメント(0) | コメントを書く
[優待株について] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.