31384449 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

8013ナイガイ(時価… New! わくわく303さん

期ズレで下方修正 New! MEANINGさん

アドソル日進(3837)-… New! 征野三朗さん

メモ New! 4畳半2間さん

2020年7月のパフォー… らすかる0555さん

18時間 slowlysheepさん

第359回 米国株、5… ウォール街からさん

前日比▼1,238,200円 かぶ1000さん

7月末運用成績&PF mk4274さん

運用成績・ポートフ… lodestar2006さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Jul 1, 2020
XML
カテゴリ:株式投資全般
​​​ さて今日は株式投資本オールタイムベスト104位







 トレーダーの心理学 (アリ・キエフ著、パンローリング、2006年)











 の第15弾です。







 今日も最終章の第10章 マスターになる から。
















 
 ポジションを見直す



 注目しているトレードが利益率の高い賭けであることを確認する。 ​もしその銘柄をトレードしている理由がなければ、手仕舞うか、少なくともポジションを小さくする。​



​ 燃えかすのような銘柄を理由もなく保有していることは、破綻への処方箋 でしかない。​











 私はちょっと秘密なのですが、「主力株概況シリーズ」の下書きを書いていて、「これはちょっととてもポートフォリオ上位では持てないな。」と気付いて、ポジションを大幅に圧縮することがよくあります。書いてみて初めて、いつの間にか劣化していて既に主力で戦うに足るポテンシャルがないことが分かる場合があるのです。







 そしてそういったものは当然に、「ボツ原稿」となります。たまにポートフォリオの下位銘柄で妙に力の入った長文の記事を出すことがありますが、こういうのは「昔のデッドストック」の再利用であることが多いんですね。(笑)









 それにしても、キエフの







 ​燃えかすのような銘柄を理由もなく保有していることは、破綻への処方箋​​





 
 と言うのは良い表現です。彼の言葉と言うのは、「異常に説得力があり、常に胸にスーッと染みわたってくる」んですね。






  さて、皆様のポートフォリオの片隅にも、「目を背けて見ないようにしている」燃えカスのような銘柄が潜んではいないでしょうか。そして貴方の投資成績が上がらない原因は、まさにその銘柄のせいではないでしょうか?





 (いよいよ最終回第16弾へと続く)


​​​






Last updated  Jul 1, 2020 08:15:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
[株式投資全般] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.