31874700 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

In other words, jus… New! MEANINGさん

移動再開 New! slowlysheepさん

ホームセンター再編… New! mk4274さん

2882イートアンド(… New! わくわく303さん

日本電計(9908)---主… New! 征野三朗さん

メモ 4畳半2間さん

モンゴル語の危機!? モンゴル2008さん

ブログ再開 タシームバーグさん

前日比△2,716,328円… かぶ1000さん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Jul 6, 2020
XML
カテゴリ:株式投資全般
 さて今日は株式投資本オールタイムベスト105位





 順張りスイングトレードの極意 (荻窪禅著、彩流社、2020年)










​ の第3弾です。






 今日は、第1章 まずは生き残ること から。






 ​
​実力が上がればパフォーマンスも上がるとは限らない​












  ​
​​ 要するに、 必ずしも「実力」が素直に成績に反映されるのではなく、どこまでいっても完全には「運」の要素を排除できないのが相場 なのです。



 また、ある程度自分のやり方なり手法なりが通用していたとしても、ある日突然それらが通用しなくなってしまうのが相場の実相です。それこそがトレードの難しさの最大の原因でもあって、どんなに上達しようとも、またいつまで経っても安心できるようにはならない厳しい世界なのです。というより、むしろ「これで大丈夫。ついに勝てるトレーダーになれた。」と安心し増上慢になってしまうのがトレーダーとして非常に危険なことであったりするのです。​









 この荻窪禅さんの指摘の正しさは身をもって実感します。例えばほんの数年前までは、「東証1部昇格狙い投資法」 は非常に有力なやり方であり、昇格基準を満たすために株主数の増加を目指して株主優待制度を新設した東証2部銘柄を狙い撃ちしてたんまり買って、後は寝て待っていれば高確率で利益を上げることが出来ました。





 
 ただこのやり方は株雑誌やメディアであまりにも喧伝されて広く知れ渡ってしまったために、今ではその効力をすっかり失いました。私の投資成績が2018年、2019年と2年連続で悪かったのも、「伝家の宝刀」として長年通用していたやり方が神通力を失くしてしまい、その代わりの新しいやり方を模索し続けているせいでもあります。






 ただ、これが「株式市場の真実」です。マーケットと言う迷路は、朝起きるたびにリセットされて地図が少しずつ書き換えられていきます。 永遠に通用する手法などはない、だから私達投資家は永遠に学び続けなくてはならない ということですね。(続く)






Last updated  Jul 6, 2020 02:28:47 PM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.