31911213 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

10月サロンFUJIYAMA… New! slowlysheepさん

カブコム超絶改悪! New! mk4274さん

イントゥイット(INTU… New! 征野三朗さん

メモ2 New! 4畳半2間さん

2599ジャパンフーズ… New! わくわく303さん

前日比△1,472,455円… かぶ1000さん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

In other words, jus… MEANINGさん

モンゴル語の危機!? モンゴル2008さん

ブログ再開 タシームバーグさん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Aug 8, 2020
XML
カテゴリ:株式投資全般
​​ さて今日は株式投資本オールタイムベスト106位






相場師マーク・リッチ (ダニエル・アマン著、パンローリング、2020年)








 の第5弾です。​








 今日は、第3章 ユダヤ人の運命 から。
















 小柄で、訛りがあり、ユダヤ人だった




 十二年のあいだに十二の学校に通ったことをマーク・リッチは覚えている。難民で一人っ子だった彼は、そのためさらに友だちをつくるのが難しくなった。独りでいることが多くなり、それが習慣になって、ついには孤独癖という個性になった。リッチは以後ずっとアウトサイダー -エスタブリッシュメントに属さず、属したいとも思わない人間ー でありつづける。彼はたえず自分の力を証明して見せて、”何ものにも潰されないぞ”という態度をとりつづけた。













​ 投資家と言うのは実に孤独なものです。あらゆる判断を100%自分自身で下さなくてはならず、その生じる結果に対しても当然100%の責任を取らなくてはなりません。ただその分、どこまでも孤高に、自由に戦うことが出来ます。そしてその、 





​「孤独という自由」を楽しめるくらいでないと投資家には向いていない​





 という言い方も出来ると思います。​




 







 ​
​ 敗北にはどう対処するのかとわたしが聞いたとき、リッチは「少し泣いてから先へ進む」と答えた。​






 



 このリッチの、「敗北への対処法の、シンプルで短い言葉」には強く胸を打たれました。







 投資家は負ければ誰でも傷つきます。














 ​敗北したら、泣いて辛い感情を思い切り放出し、リセットした上でまた勇気を持って前に進むしかない​













 本当にその通りですね。(続く)​​






Last updated  Aug 8, 2020 08:29:19 AM
コメント(0) | コメントを書く
[株式投資全般] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.