35868226 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

X

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

インスタグラムと連… New! 楽天ブログスタッフさん

味わう New! slowlysheepさん

6623愛知電機(時価… New! わくわく303さん

征野ファンドの運用… New! 征野三朗さん

メモ New! 4畳半2間さん

コロナ隔離日記(8… モンゴル2008さん

前日比▼1,957,000円 かぶ1000さん

涼しい fuzzoka085さん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

いわゆる消化試合2 MEANINGさん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Aug 25, 2020
XML
カテゴリ:優待株について

さて今日はゴール目前の 2019~20主力株概況シリーズ です。

 

 

 



 

55位 7614 オーエムツーネットワーク (東JQS 1・7月優待) ◎

 

 



 

 PF時価総額55位の上位銘柄は、2292エスフーズ傘下の食肉小売業のオーエムツーネットワークです。2018~19シーズンは53位だったので、相対的にはあまり変わらない立ち位置で今年も登場してきました。

 




 

 

 現在の株価は1319円、時価総額96億円、PBR0.67、自己資本比率は80.7%で有利子負債は0、今期予想PER11.53、配当利回り1.8%(24円)、総合利回り2.3%(24+6=30円)で、優待は年2回、1・7月に100株保有で自社オリジナルギフト商品の30%割引販売

















 

  プラス年1回7月に、500株保有で3000円相当、1000株保有で5000円相当の自社取扱商品(ハム・ソーセージ)もしくはアウトバックステーキハウスで使える食事券です。










 

 

  私はこの数年は、アウトバックステーキハウスの食事券を戴いています。















 

 




 それではアウトバックステーキハウスの実際を見ていきましょう。




















 

 私はこれまで色々と食べたのですが、今までのところではこのハンバーグ・ステーキが一番美味しいと思いました。結局、自分はとても「安く出来ている人間」なんですね。(汗)















 見て下さい、この断面図。 凄い「肉密度」でした。 ♬










 
 ちなみに、この食べ放題のパンがまた美味い。

 

 



 

 



 

​ ま、OM2ネットワークは現状指標的に十分に割安ですし、優待内容も上記の如く素晴らしいですし、PF上位銘柄として全く不足の無い極めて良い銘柄であると認識しています。というかここは、







​「食肉小売業」として見てもまずまず安いですが、「外食優待株」として捉えると破格に安い​






 という言い方もできると思います。これからも優待を楽しみにホールド継続の予定です。








2020主力株概況シリーズ 免責事項



2020主力株概況シリーズ は私が主力で勝負している銘柄について、本当にその価値はあるのか、私を投資家としての次のステージに連れていけるだけの力があるのか、「リスク・リワード比」が優れた最強で最上の銘柄なのか、何か見逃している弱点はないか、戦い続けるのに必要な「銘柄としての鮮度」が落ちていないか、などを多角的に検討する目的で書くものです。記事内容は一般的に入手可能な公開情報(ただしIRへの蛇の様にしつこくて執念深い独自の取材内容を含む)に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場と個別銘柄の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。私には未来を予見する力は一切ありません。そのため当シリーズに基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100.0%御自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。







Last updated  Aug 25, 2020 07:30:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
[優待株について] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.