32874055 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

メモ New! 4畳半2間さん

6312フロイント産業… New! わくわく303さん

征野ファンドの運用… New! 征野三朗さん

籠の中の鳥 slowlysheepさん

前日比△673,800円 かぶ1000さん

2020年11月のパフォ… らすかる0555さん

11月末PF&運用成績 mk4274さん

運用成績・ポートフ… lodestar2006さん

2020年11月月次 GoldmanSacheeさん

2020年11月の運用結果 snoozer8888さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Oct 21, 2020
XML
カテゴリ:株式投資全般
​​​​​​ さて今日は株式投資本オールタイムベストシリーズです。第109位は、







 ルール (ラリー・ハイト著、パンローリング、2020年)










 です。​









 さてラリー・ハイトと言えば、彼が設立したミント・インベストメント・マネジメントが「運用資産額が10億ドルに達した最初のヘッジファンド」であることで知られ、更にはジャック・シュワッガーによる永遠の名著、 マーケットの魔術師(青本)にも登場しているという、世界最高峰の、真のマーケットウィザード&伝説のトレンドフォロワーです。




​​















 初回となる今日は、とても印象的な第1章 自分を知る から。













 
 私は目立たない子供で、ほかの子供にない能力というものも持ち合わせていなかった。それどころか、私には重度の障害があった。



 私が「普通」でなかったのは、大きな問題が二つあったからだ。一つは目が不自由だったことだ。生まれたときから一方の目は見えず、もう一方はひどい弱視だった。



 子供時代のもう一つの問題は、本のどのページを見ても文字や単語がごちゃ混ぜにしか見えなかったことだ。(みきまる注:ハイトは失読症だった)そのせいで、読書は拷問だった。書くのも苦手だった。



 子供のころはほとんどいつも、ひどく落ち込んでいた。自殺を考えることもあった。



 







 ​トレンドフォロー(時系列モメンタム)手法​ を使うマーケットウィザードの中でも、「世界最高峰の一人」であると一般に広く知られているラリー・ハイトが、実際には大きな障害を抱えそれを乗り越えて成功を収めたということを、私は恥ずかしながらこの本を読むまで全く知りませんでした。






 そして彼はその障害のために数え切れないほどの失敗と挫折を繰り返し、それを糧にして世界有数の富豪となりました。彼の痛快でポジティブな自伝からは、「平凡で取るに足らない存在」である我々市井の投資家が学べる事が星の数ほどたくさんあります。






 続きを見ていきましょう。












 
 
 自分が誤りを犯すこともあると自覚して、失敗を受け入れられるようになれば、パフォーマンスを改善できる。私はひどい失敗をよくしたので、その不確実性に慣れるようになった。



 本格的なトレーダーや何らかの賭けをする人になるには、ある種のずぶとさが必要になる。



 多くの自力解決プランは、自分を変える努力をするようにと教える。しかし、私は自分が今持っているもので解決する必要があると思っている。その配られた手札でプレーすべきだ。自分の欠点をよく知り、それを受け入れるべきだ。それが自分だからだ。髪の色は変えられる。目の色もカラーコンタクトレンズで変えられる。しかし、自分自身や自分のDNAは変えられない。



 正直な人ならだれでも、一時間も費やせば自分の本当の欠点が分かるものだ。そういう人間であるべきだ。










 私はこの本を読んで、「たくさん失敗を犯すことの価値」を学びました。ラリー・ハイトは沢山の失敗をしましたが、その度にそこから教訓を学び、どんどんと打たれ強くなり、投資家に必須の精神的な強靭さ(メンタルタフネス)と、負けた時の回復力の高さ(レジリエンス)を手に入れることが出来ました。そしてそれが彼を世界有数の投資家に押し上げる大きな力となったのです。











 
 私は投資が自分のやりたいことだと分かったとき、一生の仕事を見つけたと思った。なぜだろうか。投資は豊かになる道を提供してくれるからだ。



 また、投資はやりがいのある仕事で、興味深い人々とも出会える。市場はあなたがどこの出身なのかや、学習障害や弱視なのか、黒人か白人かユダヤ人か、やせているか太っているか、ゲイかそうでないかなど気にしない。市場はあなたのことをまったく気にしない。



 ブルックリンの街角で話すように、もう少し話そう。市場はあなたがだれであろうと、関心はない。それどころか、これは重要な事実なのだが、あなたはお金持ちになることができて、市場に何の借りもないのだ。私が投資をとても気に入ったのは、それが真実を追求するもので、ありのままの自分でいられる場所だと分かったからだ。そして、投資はうまくいった。私はお金持ちになりたかったし、実際にそうなった。













 私はこのハイトの素敵な言葉を読んでいて、ふと時空が戻り、20年前に200万円弱の総資産を握り締めてマーケットに夢中で飛び込んだ時のことを思い出していました。





 
 市場の荒海に飲まれ揉まれながら、「ここはとても厳しいけれど、でもすごく居心地がいいところだな。落ち着くな。」と感じたのです。それは、「他の誰かを直接傷つけたりせずに、誰にも迷惑をかけずに、どこまでも孤高に自分の力だけで戦ってお金が稼げる。こんなに素敵な世界は他にどこにもないな。」と思ったからです。









 投資の世界には、「真の自由」があります。きっと、世の中で最も「あらゆるしがらみから解放された、究極のパーフェクトワールド」なんですね。(続く)​​






Last updated  Oct 21, 2020 05:31:24 PM
コメント(0) | コメントを書く
[株式投資全般] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.