32872989 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

6312フロイント産業… New! わくわく303さん

征野ファンドの運用… New! 征野三朗さん

メモ 4畳半2間さん

籠の中の鳥 slowlysheepさん

前日比△673,800円 かぶ1000さん

2020年11月のパフォ… らすかる0555さん

11月末PF&運用成績 mk4274さん

運用成績・ポートフ… lodestar2006さん

2020年11月月次 GoldmanSacheeさん

2020年11月の運用結果 snoozer8888さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Oct 28, 2020
XML
カテゴリ:優待株について

 さて今日は当ブログ一番人気の ​2020~21主力株概況シリーズ​ です。

 

 

 


 

 

9位 7932 ニッピ  (東JQS、3月優待) ◎◎◎

 

 


 

 

 

 PF時価総額9位の主力株は、旧大倉財閥グループの名門企業で、ゼラチン、コラーゲン、化粧品等に展開し、最近はiPS細胞開発も手掛けているニッピです。2019シーズンの10位に続いて、2年連続でポートフォリオ最上位の一角の地位を死守し、ここで登場してきました。














 

​​​​​​​​​​​​​​​​​​ ​現在の株価は3620円、時価総額104億円、PBR0.37、自己資本比率は45.8%、今期予想PER2.42(ただし4月の足立区の土地売却による特別利益込み)、配当利回り1.4%(50円)、総合利回り2.8%(50+50=100円、優待品はヤフオク平均落札価格の5000円で計算)で、優待は100株保有で自社商品である「ニッピコラーゲン100」110グラム×3袋です。良くテレビのBSでCMを見かけますね。私は見るたびに「ニッピ、頑張れー。」と思います。(笑)​


































 ちなみに私はニッピコラーゲンをコーヒーに入れて飲んでいます。特に味に変化もなく、入っているのか全く分からないくらいに飲みやすいです。自分に効果が出ているのかはちょっと良く分からないですが、2018年1月に本格的な筋トレを始め、これまでに400回くらいトレーニングをして特に体に大きなトラブルを起こさなかったので、個人的には「全てニッピコラーゲンのおかげ。」と深く感謝しております。(笑)
















​​



 ​さてニッピの良さというのは、バリュー系の投資家の方なら誰でも茫漠と本能的に感じていると思うのですが、一言でいうと、






 ​​指標的に滅茶苦茶安いのに、人気化しそうなカタリスト(株価上昇の起爆剤)が豊富にあって、まるでダイヤモンドの原石みたいにキラキラキラキラと輝いている。​​






 という事です。​













 今日はその魅力を箇条書きで分かりやすくまとめてみます。










​​​​1. ニッピは元々低PBRだが、​東京都及び大阪府において保有する土地の膨大な含み益を考えると 実質的なPBRが更に驚異的に低い こと。 2020年3月末時点での賃貸等不動産の含み益は209億円 もあり、 時価総額が104億円 ととても小さいことも併せ、「資産バリュー株」としての割安さと言う観点から見て「全上場企業中でトップ」のレベルにあること。​​​




(上記データは2020年3月期有価証券報告書68ページより引用)










​ ちなみにしばらく前の四季報オンラインに、​






 ​​含み益を考慮した実質PBRランキング100 ​​






 という素晴らしい記事があったのですが、ニッピは実質PBR0.26で2位でランクインしていました。つまり、資産バリュー投資家としての観点から見た場合には、「ニッピはマジでクソほど安い。」という事ですね。




(上記データは四季報オンラインより引用)














​​​2. 7932ニッピと紳士靴製造の ​7938リーガルコーポレーション はお互いが筆頭株主にもなっている兄弟会社なのだが、前述の通りの膨大かつ含み益たっぷりの不動産の効率的な利用や、複雑な株式の相互保有関係の解消を目的とした MBOの可能性がある こと。 ​マーケットでは「極端な実質低PBRは、MBOやTOBを誘発する」。​ ​これは株式市場の永遠不変の真理の一つである。​​














​3. ニッピには バイオ関連銘柄としての確かな実力 があり、たまにマーケットがそこに着目して株価が急騰することがあること。​









(上記データは会社ホームページより引用)








 
​ ちなみにニッピの持分法適用関連会社の 





 ​マトリクソーム (所有割合25.8%)





 は、再生医療の成否の鍵を握る技術を開発しており、大きな潜在ポテンシャルがあります。​








(上記データは2019年3月期有価証券報告書7ページより引用)





























 ​以上、指標的に超割安なのに、同時に鋭いカウンター攻撃能力をも兼ね備えた、潜在ポテンシャル抜群の「地味株ニッピッピ」を、PF最上位の一角として愛でながら、引き続き楽しくご機嫌で戦っていく所存です。​​​​​​​​​​​​​​​​

​​





2020主力株概況シリーズ 免責事項





2020主力株概況シリーズ は私が主力で勝負している銘柄について、本当にその価値はあるのか、私を投資家としての次のステージに連れていけるだけの力があるのか、「リスク・リワード比」が優れた最強で最上の頑健な銘柄なのか、何か見逃している弱点はないか、戦い続けるのに絶対に必要な「銘柄としての鮮度」が落ちていないか、などを多角的に検討する目的で書くものです。記事内容は一般的に入手可能な公開情報(ただしIRへの蛇の様にしつこい独自の取材内容を含む)に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場と個別銘柄の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当シリーズに基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100.0%御自身の判断と責任の元で行って頂きますよう、伏してお願い申しげます。







Last updated  Oct 28, 2020 05:32:35 PM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.