33364896 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

ODKソリューションズ… New! 征野三朗さん

メモ New! 4畳半2間さん

週間パフォーマンス… New! らすかる0555さん

3559ピーバンドット… New! わくわく303さん

前日比△509,268円(… かぶ1000さん

DMS買い増し・・ mk4274さん

何の助太刀 slowlysheepさん

鬼滅の刃 呪術廻戦… fuzzoka085さん

このブログの意義 MEANINGさん

2021年スタート… Night0878さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Nov 22, 2020
XML
カテゴリ:株式投資全般
​​​ 私は現在、「資金力が突出している3桁億クラスのS級・数十億クラスの超A級の投資家」になることを目指して、文字通り日々死に物狂いで戦っています。









 これが30年前であれば、それは「一人ぼっちのとても孤独な戦い」であったでしょうが、ザ・インターネッツが飛躍的に進歩した今では、「多くの先達」の足跡を詳細に見ることが出来ます。








 
 ただこれは私の経験の範囲なのですが、資金力が突き抜けている投資家の方々が、「本当に勝ち上がった」関ヶ原の戦いがなんであったのか、「真の勝負所の、雌雄を決する頂上決戦で実際に何が起こったのか」を微に入り際にわたり説明してくれている文章をあまり見たことがありません。これだけ情報の渦に溢れている現代なのに、本当に知りたい「台風の目」の24金だけは何故だか、どうしてだか、なかなか手に入らないのです。











 これが何故かというと、名著 マーケットの魔術師 大損失編 で、 ​リンダ・ブラッドフォード・ラシュキ が語っているように、







 ​
 知り合いのプロフェッショナルのほとんどは、損や失敗トレードについては語ることはあっても、成功トレードについては絶対に口にしません。言ってみれば、戦争の古傷を見せ合うのに似ています。市場の剣闘士となる資格を得たことをそうやって証明しているんです。







 という、「暗黙の市場の絶対ルール」があるからです。








 凄腕投資家の多くは、「ドヤることの危険性」を骨身に染みて深く認識されていることがほとんどなんですね。








 
 

 ところでしばらく前に、ずっとその動向をつぶさに追っていた、とある自由億プレイヤーが、プツリと情報更新を突然に中止し、消えてしまったという事がありました。私はその時に、「あっ、彼は、ついに「天空の向こう側」に行ってしまったんだな。」と思いました。










 関ヶ原の戦いを制すれば、誰もが「市場の剣闘士となる資格を得て」無口&貝の様に寡黙になって表舞台からは静かにフェイドアウトして行きます。それが「市場のルール」なのです。。。。。。。

















 、、、、、と、ここまでの記事は実は数年前に下書きしたまま、日の目を見ずにお蔵入りしていた物でした。その後、投資家界では動画配信やツイキャスが盛んになり、その「目玉コンテンツ」としてS級・超A級の投資家が降臨してくれることが多くなりました。













 そして彼らが本当にのし上がった「関ヶ原の戦い」が何であったのかを実際に語ってくれる事例が出てくるようになりました。具体的にはゼッピーに降臨した140億投資家の片山晃氏なんかがそうですね。私も瞬きもせずに目をギンギンに見開いて拝聴しました。 ↓






https://www.youtube.com/watch?v=ddU_GegPT1E










 いやあ、夢のようにいい時代になりましたね。










 ただ、だからといって自分が成功できるとは当然限りません。果たして、「多弁で多動症」の私が、その「ゴール」を達成できる日はいつか来るのでしょうか? (滝汗)​​​






Last updated  Nov 23, 2020 10:33:59 PM
コメント(0) | コメントを書く
[株式投資全般] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.