33989050 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

X

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

7810クロスフォー(… New! わくわく303さん

夜桜 New! slowlysheepさん

既存コロナ4種の季… New! ossanpowerさん

クアルコム(QCOM)---… New! 征野三朗さん

メモ2 New! 4畳半2間さん

日銀って上場してた… fuzzoka085さん

前日比▼4,196,030円… かぶ1000さん

2021年2月のパフォー… らすかる0555さん

運用成績・ポートフ… lodestar2006さん

2021年2月の運用結果 snoozer8888さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Jan 22, 2021
XML
カテゴリ:株式投資全般
 さていよいよ明日1月23日に全国発売となる新著







 みきまるの「名著」に学ぶ株式投資 (みきまるファンド著、パンローリング、2021年)














 ですが、今日はその「あとがき」を先行紹介したいと思います。








 その理由ですが、






​「株式投資に関する名著をたくさん読んでいると、こんなにいいことがあるよ。実際に凄く役に立つんだよ。」​






 という分かりやすい実例となっているからです。それではどうぞ。(尚、アドリブで今書き直したので、一部内容が本と異なる部分があります。ご了承ください。)







 ​​
 この本の原稿を書いている2020年は株式市場激動の一年となりました。2019年末に中国武漢で確認された「謎の新型肺炎」が、「新型コロナウイルス」として瞬く間に世界中に広がり、広範囲に及ぶ流行病、パンデミックとなったからです。





 マーケットはこの「新たな脅威」に対してパニックを起こし、日本を含む世界中の市場が暴落しました。ただその後は各国政府が超金融緩和政策を取ったこと、ワクチン開発が進展しているというニュースが出たことも奏功して冷静さを取り戻し、アメリカなどの一部の国では逆にバブル的な水準まで上昇したりしています。




​ 2020年初めの段階で新型コロナが世界中を席巻してマーケットに大きな影響を及ぼすことを予測できた投資家は誰もいませんでしたし、コロナパニックの真っただ中でその後のマーケットの力強い回復を予想する専門家もほとんどいませんでした。つまり、 「マーケットの未来を正確に予測することは誰にもできない」 のです。それが「市場の真実」なのです。​





 このように、「マーケットはいつだって波乱万丈で予測不能」なところなわけですが、それでは我々投資家はその状況で生き抜き、乗り越えるためにどうすればいいのでしょうか?





​​ 私は 「過去の名著から学び続ける」ことが正解 だと考えています。これまでに多くの大投資家たちが、市場の真実を詳細に語ってくれています。 「未来は過去と全く同じ形では決して現れないけれども、でも韻は踏む。」 ものなのです。​​






 具体例を1つ出しましょう。2020年3~4月にマーケットを襲った「新型コロナショック」は凄まじいものでした。そして「いつでもニコニコフルインベストメント」が信条の私のポートフォリオも当然に甚大なダメージを受けました。瞬間最大風速では年初来でー40%近いパフォーマンスにまで落ち込んでいたのです。






​ でもそんな中でも私は、「ま、でも、マーケットはいずれ回復するだろうな。」とある意味では他人事みたいに気楽に呑気に考えていました。






 それが何故かというと、本書で紹介したケン・フィッシャーの ​「投資家が大切にしたいたった3つの疑問」​ の中で、​​​感染症の歴史にその名を残す、悪名高いスペイン風邪(インフルエンザ)が猛威を振るい続けた時期に株式市場が素晴らしい動きをしたということを元々読んでいて知っていたからです。





 ​史上最大の流行病が多くの人の命を奪っているさなか、米国株市場の1918年が+25.56%、1919が+20.67%と、素晴らしいパフォーマンスだったことを知識として持っていた からです。(本書P97参照)​







 そして実際、2020年の世界株式市場も、全体として良好なパフォーマンスを出す結果となりました。「歴史は韻を踏んだ」んですね。






​ 市場の未来を前もって予見することは出来ません。それは誰にもできないことなのです。でも、 過去の名著に学び、投資家としての「引き出し」を増やすことが出来れば、どんな荒波も乗り越えて生き抜くことが出来ます。 私はそのために、これからも世界中の名著から多くの教えを得続けていきたいと考えています。​






 それでは私は次の投資本を読み始めることにします。いつかまた、続巻で皆様と再会できることを期待しながら。





 2020年12月   みきまる









 、、、このように、フレンドリー&ハイクオリティな仕上がりになったと自負している新著をぜひ多くの方にお買い求め頂けたらと思います。↓







 ​​アマゾンへのリンクページはこちら。








 宜しくお願い致します。




 みきまる拝。
 







Last updated  Jan 22, 2021 05:33:52 PM
コメント(2) | コメントを書く
[株式投資全般] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.